2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. 2017TDN
  9. トライアル・デ・ナシオン
  10. TRJ / MFJ
  11. 2017お勉強会
  12. イベント(大会)
  13. TRJ / MFJ
  14. イベント(その他)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. TRJ / MFJ
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. イベント(大会)
  21. イベント(スクール)
  22. イベント(スクール)
  23. リザルト関東
  24. イベント(大会)
  25. TRJ / MFJ
  26. TRJ / MFJ
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. リザルト関東
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト中国
  34. MFJトライアル
  35. リザルト東北
  36. リザルト関東
  37. リザルト関東
  38. リザルト中国
  39. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ガブリエル・マルセリと藤波貴久の初仕事

2022年Xトライアルは、4月初旬現在で、すでに3戦が終了している。第2戦はフランスのシャロン・シュル・ソーヌ、第3戦がスペインのマドリッドだった。

2022年Xトライアル第3戦のボウ

シャロン・シュル・ソーヌでは、レプソルHondaチーム入りをしたガブリエル・マルセリの公式戦デビューとなった。ほんとなら開幕戦ニースでデビューしたかったところだが、Xトライアルの多国籍の選手を招聘したい意向が強くて、2021年ランキング4位なのにマルセリは開幕戦の選にもれてしまった。世界選手権なのに主催者が誰を呼ぶかで参戦権利を失ってしまうのはどうかと思うけど、スタジアムに20人もの選手を呼ぶのも現実的でないので、いたしかたなし、というところか。

Xトライアルとは関係ないけど、シティトライアルジャパンが全日本選手権に組み込まれるにあたっては、日本の人はまじめだから、いたしかたなしでは済まなかった。IAS全員を走らせるために、スケジュールが2日間となったのだという。ヨーロッパは臨機応変なぁなぁのところも多いけど、いざとなると強権的にどんとやるところもある。日本人には完全には理解しにくいから、こんなものだと割り切るしかない。

ということで、マルセリは第2戦から参戦することになった。1戦出ていないのだから、選手権でランキングを残すには当然圧倒的不利になる。しかも第1戦で、イタリアのマテオ・グラタローラが3位に入っていたから、マルセリとすれば自分自身のランキング的にも、ビッグチームでのデビュー戦を飾るという意味でも、なんとしても表彰台を狙うという意気込みがあった。

2022年Xトライアル第3戦のチーム一同

しかしこれが完全な空回りになってしまった。デビュー戦の第1セクション、参加8人中唯一の5点をとってしまった。5人がクリーン、1点が二人のセクションだ。これは致命的だった。8人中、二人がラウンド2進出の権利を失うラウンド1で、マルセリの総減点は19点、ラウンド2進出まで、2点差だった。第1セクションをクリーンとは言わず、2点で抜けていれば結果は大きくちがっていたはずだった。

これがデビュー戦の緊張の結果だった。この第2戦には、2021年トライアル2チャンピオンのトビー・マーチン(イギリス・TRRS)が参戦していたが、なんとこのラウンド1でトップスコアをマークした。トニー・ボウを含む7人が5点となった第2セクションを1点で抜けたのが功を奏した。今年のXトライアルでは、ラウンド1、ラウンド2のそれぞれでトップスコアをマークすると、ランキングに1点のボーナスポイントが与えられる。マーチンは貴重な1点を獲得、ボウの完全無欠の勝利は、第2戦にして阻まれたことになる。

この第2戦は、監督の藤波貴久にとっても、二人のライダーを率いる初めての大会となった。ボウの勝利についても、世間的には勝って当然と思われるだろうが、今回は特にラウンド1でトップスコアをマーチンに奪われているし、監督としてケアすべき面は少なからずあった。しかしそれ以上に、初めてチームに参加し、初めての公式戦に出場して、いきなり5点になって最下位に沈んだ若いライダーのケアは、監督として最初の大仕事であり、最初の試練になった。

4月3日、第3戦はスペインの首都、マドリードでの開催だった。ボウはここではラウンド1、ラウンド2、ファイナルと完勝して勝利。勝利ポイントとボーナスポイントを2点獲得した。

一方、デビュー2戦目のマルセリはといえば、第1、第2と1点ずつを失ったが、第1では3人、第2ではハイメ・ブストが5点になる難セクションだったから、これはグッドジョブだった。6セクションを走り終えて、マルセリのラウンド1の総減点は13点、トップはボウとアダム・ラガの11点、4位はマテオ・グラタローラの17点だったから、第1戦とは別人のマルセリが登場。これがほんとのマルセリのデビュー戦になった。

ラウンド2でのマルセリは総減点14点と、ボウ、ラガ、ブストに次ぐ4番手だったが、今年のルールでは、ファイナルへの進出権はラウンド1とラウンド2の減点のトータルで決まる。そしてマルセリはこの結果、ブストに3点差でファイナルへの進出権を得たのだった。最下位からファイナル進出。これだけでも、開幕戦とは雲泥の差だ。

2022年Xトライアル第3戦のマルセリ

そしてファイナル。ボウは第2と第3で1点ずつの2点で6セクションを走りきって勝利したが、今日のハイライトは2位争いだ。マルセリとラガは共に第2で5点、ボウが1点ついた第3ではラガも1点だったが、マルセリはクリーン! そして第4でマルセリが2点になると、ラガが5点となって、結果的にはこれで勝負がついた。マルセリ7点、ラガ11点、マルセリの、堂々たるファイナルでの戦いだった。

開幕戦の最下位は衝撃的なデビューだったが、2戦目にしてワンツーフィニッシュもなかなかセンセーショナル。マルセリはレプソルHondaチームにふさわしいライダーだという確証にもなったし、監督藤波貴久の面目躍如の結果にもなった。

2022年Xトライアル第3戦の表彰台

藤波は、ワンツーフィニッシュはチームとして、チーム監督としての大きな目標だったが、こんなに早くそこにたどり着けるとは思っていなかった、というコメントをしている。

03_X-TRIAL_Madrid_2022_Results

関連記事

イベント(大会)

1/29第44回「わっしょい杯」

以前からごく近い仲間で開催されていた「わっしょい杯」を、もう少し多くの人に参加してもらいたいということで、ぜひみなさんのお越しをお待ちしてい…

イベント(大会)

第81回里山トライアル

○第81回里山トライアル大会  開催日:2022年10月23日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

12/4爆笑ツインショック大会

第28回爆笑大会の開催が以下の通り決まりました。 爆笑大会実行委員会よりのお知らせです。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/16第27回水源の森ツーリングトライアル

第27回水源の森ツーリング・トライアル大会のご案内です。 (さらに…)…

イベント(大会)

11/13南牧20km耐久トライアル

2022 南牧20km耐久トライアル大会開催、3年ぶりの開催です。 (さらに…)…

イベント(大会)

12/5トムスカントリートライアル

トムスカントリートライアルの開催案内です。 (さらに…)…

イベント(大会)

11/13里山初級者トライアル大会

○里山初級者トライアル大会  開催日:2022年11月13日(日) (さらに…)…

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

ページ上部へ戻る