2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. 2017TDN
  9. トライアル・デ・ナシオン
  10. TRJ / MFJ
  11. 2017お勉強会
  12. イベント(大会)
  13. TRJ / MFJ
  14. イベント(その他)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. TRJ / MFJ
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. イベント(大会)
  21. イベント(スクール)
  22. イベント(スクール)
  23. リザルト関東
  24. イベント(大会)
  25. TRJ / MFJ
  26. TRJ / MFJ
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. リザルト関東
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト中国
  34. MFJトライアル
  35. リザルト東北
  36. リザルト関東
  37. リザルト関東
  38. リザルト中国
  39. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

TRRS、二人が表彰台に乗る

3月24日、Xトライアル第2戦フランスのシャロン・シュル・ソーヌで、TRRSライダー二人が表彰台に乗った。

2022年Xトライアル第2戦の表彰台

今回の参加は、Xトライアルランキングのトップ3、トニー・ボウ(モンテッサ)、アダム・ラガ(TRRS)、ハイメ・ブスト(ヴェルティゴ)の3人に加えて、イギリス代表のトビー・マーチン(TRRS)、ノルウェー代表ソンドレ・ハガ(ベータ)、イタリア代表マテオ・グラタローラ(ベータ)、フランス代表ブノア・ビンカス(ガスガス)、そして昨年ランキング4位のガブリエル・マルセリ(スペイン・モンテッサ)の8人。

Xトライアルでは、8人がセクションを一気に走って減点を出し、その結果でその後のラウンド2以降への進出を決めるのだが、このラウンド1が、今回のハイライトだった。

前年のトライアル2チャンピオンは、例年Xトライアルへの招待状が渡されるが、たいていの場合、チャンピオンのごほうびにXトライアルの舞台を経験させてあげるね、という体のもので、ここで好成績をあげるなんて、ほとんど誰も期待していない、と思われる。そういう思いに反してXトライアルに出場して最初から成績を上げられるのは、せいぜいスペイン勢で、スタジアムセクションの経験があんまりない国々の選手は、なかなか食い込んでいけないのがふつうだ。

2022年Xトライアル第2戦のマーチン

ところがどっこいトビー・マーチン。第1セクションをクリーン、第2、第3を1点、第4を2点、最終で5点。トップバッターのガブリエル・マルセリの19点に対し、マーチンは9点。なかなかの好スコアだが、この後トップライダーが登場して、そのスコアは打ち破られると思われていたはずだ。

ビンカス、グラタローラは5点3つ、ブスト、ハガ、そしてラガまでも5点がふたつ。5点がふたつという時点で、すでにマーチンにスコア負けだ。最後に登場した真打ちのボウは、しかし第2セクションで5点。ラガが1点で抜けた最終セクション次第ではボウがトップスコアを奪う目もあったのだが、ここも5点で、ボウとラガは総減点11点。なんとマーチンが堂々たるラウンド1のトップスコアをマークした。

ラウンド1はXトライアルではいわば予選で、これが勝負の結果に直結するわけではない。しかしそれでも、トライアル2からステップアップしたばかりのルーキーが、ボウやラガの大御所を破ってトップに立つなど、やっぱりふつうではない。トビー・マーチン、ふつうでないイギリス人の華々しいデビューとなった。

2022年Xトライアル第2戦表彰台のマーチン

マーチンはその後、ラウンド2でも4番手のスコアをマーク、ラウンド1との合計でグラタローラに3点勝って、ファイナル進出の権利を得た。ファイナル進出ということは、表彰台は確定ということだ。

ファイナルではさすがに、ボウ7点、ラガ8点に対して、マーチンは27点と、ちょっぴり器のちがいを見せつけられてしまったが、しかしふつうはこれがラウンド1で見せつけられるものなのだ。ファイナルの舞台でこの活躍は、やっぱり称賛に値する。

2022年Xトライアル第2戦のラガ

TRRSが、ボウをはさんで2位と3位。表彰台にTRRSライダーが二人乗る快挙を達成するとともに、マーチンは3位で獲得するランキングポイント12点に加えて、ラウンド1でのトップスコアボーナス1点を加えて、今回の戦いで13点のポイントを獲得した。一躍ランキング4位に進出だ。

02_X-TRIAL_Chalon-sur-saone_2022_Results

関連記事

イベント(大会)

1/29第44回「わっしょい杯」

以前からごく近い仲間で開催されていた「わっしょい杯」を、もう少し多くの人に参加してもらいたいということで、ぜひみなさんのお越しをお待ちしてい…

イベント(大会)

第81回里山トライアル

○第81回里山トライアル大会  開催日:2022年10月23日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

12/4爆笑ツインショック大会

第28回爆笑大会の開催が以下の通り決まりました。 爆笑大会実行委員会よりのお知らせです。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/16第27回水源の森ツーリングトライアル

第27回水源の森ツーリング・トライアル大会のご案内です。 (さらに…)…

イベント(大会)

11/13南牧20km耐久トライアル

2022 南牧20km耐久トライアル大会開催、3年ぶりの開催です。 (さらに…)…

イベント(大会)

12/5トムスカントリートライアル

トムスカントリートライアルの開催案内です。 (さらに…)…

イベント(大会)

11/13里山初級者トライアル大会

○里山初級者トライアル大会  開催日:2022年11月13日(日) (さらに…)…

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

ページ上部へ戻る