2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 140ccボアアップセット
  2. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  3. 2017お勉強会
  4. MFJトライアル
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中国
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. MFJトライアル
  18. リザルト関東
  19. イベント(スクール)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中国
  24. リザルト中部
  25. リザルト関東
  26. 自然山通信2019年3月号

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

アンドラで藤波2位、しかし

2011アンドラの藤波

 トニー・ボウが、スペイン大会に続けてまた勝った。いったい、ボウの強さはどこまで突き抜けてしまうのだろう。
 そして今回、藤波貴久が久々に表彰台。今シーズン最上位の2位を獲得した。
 しかし藤波は、ゴール後に後味の悪い事件に巻き込まれていた。


 ボウとその他のトップライダー、あるいは世界選手権クラスを走る下位のライダーとの間の技術レベルの格差は、どこまで広がってしまうのだろう。それは、今回のようにセクションがむずかしくなればなるほど、明らかになっていく。
 結果表を見て、まちがった解釈をしてはいけない。ボウのトータルが15点? ふつうなら、15点で30セクションを走りきれるということは、それはトライアルが簡単だったということを意味する。
 そんなことは断じてない。これらのセクションは、FIMが全体会に派遣しているセクションコーディネーターであるデエゴ・ボシスが設定している。腕によりをかけられた難セクションなのだ。
 土曜日にヨーロッパ選手権がおこなわれ、その惨状を見た主催者は、日曜日の開催前に、若干のセクション設定の手直しを行った。ゲートマーカーの位置を動かしたりという、ごく簡単な手直しだったが、難易度は若干下がった。それでも下位のライダーにはおそろしくむずかしく、また危険度の高いセクションであることに変わりなかった。

2011アンドラのボウ

 今回アンドラ大会は、またも新しいコースが設定されていた。小さな国の大会だが、山の上までいってみたり沢筋を使ったみたり、さまざまな会場をよく開拓してセクションとして使っている。今回使われたコースは、エリア自体は過去にも使われたことはあるが、セクションそのものは新たに開拓されたものがほとんどで、主催者努力が感じられるものだった。
 土曜日の夜のボシスの努力で、やや走破が可能になった第1、第2セクションに続いて現れた第3セクションは、最初の難攻不落のセクションだった。長い岩盤の登りは、ボウのみが克服できた関門だった。ボウが1回の足つきで登りきったとき、お客さんは大喜びだった。他のすべてのライダーは、あえなく5点をちょうだいしてしまったのだった。
 同じようなことが、第9セクションでも起こった。
 ボウはまたしても難攻不落のセクションを足つき1回で通過した。他のすべてのライダーはみな5点だ。気持ちの上では、5点以上のダメージを受けたかもしれない。ボウとの差は、明らかだった。この時点で、競技の結果は明らかだった。次なる問題は、2位になるのは誰か、ということだ。
 ボウのチームメイト、藤波貴久は、ダンスを踊るようにセクションを走破した。その走りはとても素晴らしかった。岩々のグリップは、しかしとてもとても巨大だった。恐れを抱いたライダーに、勝ち目はない。
 1ラップ目、藤波が13点で2位、対してラガは19点で3位だった。残る15セクションで、何が起こるか。
 2位争いのターニングポイントとなったのは、第3セクションだった。1ラップ目、ボウを除くすべてのライダーが5点となっていたこのセクション、ボウが2ラップ目も同じように1点で通過すると、今度は藤波が同じように1点でここを走破していったのだ。
 結果、これが大きな意味を持った。藤波は2位をキープして、5時間の残り時間を3分ほど残してゴールした。
 しかし悪いドラマはここから始まった。ガスガスからクレームが出た。藤波が1ラップ目に不法にサイレンサーを交換したということだった。FIMは暫定結果として、藤波を失格とした。表彰台に呼ばれたのは、1位ボウ、2位ラガ、3位カベスタニーの3人だった。
 藤波は、サイレンサー交換などしていない。しかしFIMは、車検の時に施したサイレンサーへのペイントが確認できないという。表彰式が終わった後、モンテッサのパドックではサイレンサーのペイントを巡って重たい時間が流れた。それは15分ほどのことだったが、勝負はセクションでないところで決まろうとしていた。
 やがてFIMは、正しいペイントを発見し、藤波陣営がサイレンサーを交換したという冤罪は取り下げられた。正式リザルトは、藤波が2位、ラガが3位となっている。しかしこの日、ダイナミックなセクションを走破するシーンに感動して帰途についたお客さんは、藤波のいない表彰台を最後に目にしていたことになる。
 残ったのは、藤波とラガとの間に流れる不穏な空気だけだった。ふたりの関係は、お世辞にもよいといえる状況ではない。

■世界選手権

2011WCT4ワールド結果

クリックするとPDFのセクションごとの結果が開きます

■ジュニアクラス

2011WCT4ジュニア結果

 ジュニアクラスは、アルフレッド・ゴメスに初めて土がついた。勝ったのはアレクサンドル・フェラー。この日のフェラーは、非常によいライディングを見せた。打倒ゴメス達成で、喜びもひとしおだ。ゴメスは2位。3位の表彰台には、ポル・タレスが入った。

■ユースクラス

2011WCT4ユース結果

 ユースクラスは、ジャック・シェパードが勝利の座に返り咲いた。前回優勝のスウェーデンのセドリック・タンピエが2位。3位はエディ・カールソン。カールソンという名にぴんときたオールドファンもいるかもしれない。しかしこの若きエディは、往年のチャンピオン、ウルフ・カールソンとは関係がない。
 さて、次の戦いは2週間後、イタリアだ。


Photo & Report : Mario Candellone / Agnese Andrione

関連記事

140ccボアアップセット

TYS/TY-125F・GASGASランドネ用140ccボアアップSET

黒山レーシングより、TYS/TY-125F、GASGASランドネ等用140ccボアアップセットが発売されました。今回は限定3セットのみです。…

アベ精工のBETA EVOトップブリッジ

アベ精工よりBETA EVO(2014〜スレッドナット無しタイプ用)新発売。ファットバーハンドルが手首に優しく日本人に合うハンドルポジション…

トニー・ボウ、2019世界タイトル獲得のフランスGP

7月21日、フランスはオーロンで開催されたトライアルGP第6戦、トニー・ボウが今シーズン無敵の7勝目をあげ、最終戦を待たずして2019年の世…

HEBO ZONE4 ボウ・ダイナマイト新登場

トニー・ボウ、アダム・ラガを始め、多くのトップライダーが愛用するZONE4に、ワールドチャンピオン、トニ・ボウ選手のニューグラフィック「HE…

ワンタッチゼッケンプレートブラック

Newカラー!TOM’Sワンタッチゼッケンプレート・ブラック

トムスのロングセラー商品「ワンタッチゼッケンプレート」に新色ブラック登場。 (さらに…)…

2017お勉強会

7/20川内村お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

2019北海道、小川友幸が大逆転勝利

2019年7月14日、毎年恒例の日程で、北海道大会が開催された。北海道大会の日程は毎年ほぼ同じだけど、去年も今年も電動バイク、トライアルEの…

2019全日本ランキング(〜第4戦北海道)

2019年全日本選手権第4戦終了時点のポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJが発表するランキ…

2019全日本選手権R4北海道大会リザルト

2019年7月14日 北海道上川郡わっさむサーキット 天候:曇りときどき晴れ一時小雨 観客数:700人 IAS:10セクションx…

MFJトライアル

7月14日は全日本北海道大会

2019年全日本選手権も4戦目を迎える。 昨年の北海道大会は世界選手権に参戦した黒山健一が欠場だったが、今年は参戦し、小川友幸と野崎史高の…

ページ上部へ戻る