2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. MINI VANDAL
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト中国
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017お勉強会
  17. リザルト四国
  18. リザルト中国
  19. リザルト中部
  20. 2019モンテッサ
  21. TLR200用キックアーム
  22. Vertigo 2019モデル
  23. 生駒テックオープン
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト四国
  27. リザルト関東
  28. 2017TDN
  29. リザルト東北
  30. MFJトライアル
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト北海道
  38. 1日目優勝のファハルド
  39. イベント(大会)
  40. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  41. リザルト東北
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト四国
  45. リザルト中国
  46. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  47. 全日本R3九州までのランキング
  48. 全日本R3九州リザルト
  49. 2018EMと成田匠.fr
  50. MFJトライアル

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

最終戦はフランスに

FIMカレンダーPDF

クリックすると、FIM発行のPDF書類を参照できます

 日本の地震の影響などがあって、スケジュール変更が忙しい2011年のレースカレンダーだが、さらにここへきて予定変更。
 最終戦ポーランド大会が自然災害で中止となって、そのかわりにフランスでもう一度世界選手権が開催される。日本大会の翌々週という日程だ。


 ポーランド大会は、去年、トライアル・デ・ナシオン(TDN)が開催された会場。ところがポーランドは、今年5月に大雨に見舞われ、死者もでる被害が出た。TDNの開催された街には直接の被害はないようだが、全ポーランド的な災害発生で、大会開催は不可能となったというわけだ。
 ポーランド大会は、今年の最終戦だった。もともと最終戦として組まれていた。
 自然山通信のサイトには、去年の6月に発表された2011年のカレンダーが(まだ)残っているから、これを見ると感慨深い。そのページはこちら。
 日本大会はドイツ、フランスに次ぐ第3戦として組まれていて、いつキャンセルになったのかわからないブラジル大会なども組み込まれている。
 最終戦ポーランドが中止になると、地震の影響で8月にスケジュールが移動してきた日本大会が最終戦ということになる。日本大会の最終戦は2002年以来で、これはこれで楽しい大会が見られそうだったのだが、しかしそうなると、今年の世界選手権は全7戦9試合ということになる。ちょっと物足りない感じは否めない。
 それでFIMと関係者は急遽調整。フランスのIsala2000という会場で、2日間制の世界選手権が開催されることになった。これで2011年の世界選手権は、8戦11試合で争われることになった。
 ライダーは、日本での開催を楽しみにしている一方で、飛行機代をかけて(今年は8月の開催だから、例年よりチケットが高い)時差ボケと戦いながら、その結果、日本の強豪の前に無得点に終わるという徒労を恐れている。今年の世界選手権セニアクラスは、ポイントが与えられる15名以上の参加があることが珍しく、それに比べると日本大会はリスクが大きい。
 ヨーロッパでは参加者が多いジュニアクラスやユースクラスは、別の理由もある。この2クラスは有効得点といって、得点が少なかった2大会を成績から除いて集計するシステムとなっている。今年は最終的に11戦での戦いだから、カウントされるのは9戦。1戦でも落とせない、欠席できないというシステムではないわけだ。しかも最終戦となれば、タイトルを含め、ランキングの行方もあらかた決まってしまっている。日本大会をキャンセルしても、大勢に影響がないということになる。
 しかしこれでは、どうもおもしろくない。最終戦がフランス大会になって、日本大会の時にはまだ選手権の行方が混とんとしている状況になる可能性が大きくなった。日本大会は最終戦でなくなって、選手権らしい戦いとなるにちがいない。

関連記事

HONDA TLM50最強アンダーガード登場

三谷モータスポーツより、TLM50用・最強アンダーガードが発売されました。17Sジュラルミン製です。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/14・11/18わびさびトライアル大会

「嵐山不老天狗わびさびトライアル大会」 山梨県のトライアルチーム嵐山不老天狗より、10月、11月開催の大会のお知らせです。 (…

2016高田島ツートラ

11/4高田島「廃道」ツーリングTR

11月4日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

『力造』HONDA TLM50用スキッドプレート発売!

「ぱわあくらふと」の力造ブランドから、HONDA TLM50 用スキッドプレートが発売されました。ステアケース、ガレ場など今以上に戦闘力アッ…

MINI VANDAL

MINI VANDALが加わる2019 Vertigo

Vertigoシリーズに子供用トライアルマシン、MINI VANDALが登場することになった。50ccと60ccがあってタイヤサイズが違うた…

HEBOの新型トライアルブーツ登場

スペインのHEBOより新型トライアルブーツが登場しました。さらに使いやすく軽量に。トライアルを熟知したメーカーが、理想的なブーツを完成させま…

アベ精工のTRRS用アルミサイドスタンド

アベ精工よりストロングタイプの「TRRS用アルミサイドスタンド」が発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2018年9月号電子版

自然山通信電子版のご用意ができました。 紙に印刷した自然山通信と同じものを、PDFとして作成してあります。 ご購入、ダウンロードの上、お…

20189/5

自然山通信9月号発売中!

自然山通信9月号発売中です。お知らせが遅くなってしまいましたが、9月2日に開催された全日本選手権R5中国大会の公式プログラム掲載号となります…

2018全日本ランキング(〜第5戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

ページ上部へ戻る