2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

トライアル・デ・ナシオン

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

TDN。スペイン優勝、日本6位

11TDN日本チーム

プレゼンテーションでの日本チーム。左から、イタリアねーちゃんふたり、小川毅士、野本佳章、柴田暁、マネージャーの小谷徹、監督の西英樹と最後はやっぱりいたりあねーちゃん

 9月17日・18日、イタリアでトライアル・デ・ナシオンが開催された。今年は日本が出場する世界選手権クラスに6カ国が観戦。去年の5カ国(スペイン、イギリス、イタリア、フランス、日本)にノルウェーが加わっての戦いとなった。
 日本チームは藤波貴久、小川毅士、野本佳章の去年のメンバーに、新たに柴田暁を加えて構成された。ところが直前になって、藤波が感染症となって試合に参加ができず。3人での戦いとなってしまった。
 結果はノルウェーに敗れて6位。しかし3人という大きなハンディを背負いながらのこの結果、新生日本チームは確実に成長し続けている。
 勝ったのはもちろんスペイン。イギリスが2位、3位はイタリアだった。

11TDN日本チームライダー

プレゼンテーションでの日本チーム。左から野本、柴田、小川

 藤波の感染症は、家族みんなが感染してしまいたいへんなことになってしまったという。2010年のTDNは、去年のぶっちぎられの5位の惨敗から、参戦見送りの声も多かったのだが、藤波自身が「出よう」と声をかけて実現したもの。4人の選手は全国のトライアルファンからのいくばくかの資金援助を得て、自費を投じて渡欧している。けっして楽な戦いではないが、1年1年の結果が、実績と経験の積み重ねとなり、未来に向けて、大きな道標となるはずだ。

11TDN野本

No MOTOショー。撮影:小谷徹さん

 大会に向けた週末、強烈に脚光を浴びたのは野本佳章だった。日本には世界チャンピオン藤波貴久がいて、黒山健一や小川友幸、あるいはジュニアチャンピオンの野崎史高など、そうそうたるメンバーがいる。世界のトライアルファンにも、彼らの名前はすっかり浸透している。しかし一方、海外の世界選手権に出て行かない(成績が残らない)日本人選手のことは、なかなか覚えてもらえない。現状、次にヨーロッパの人に名前を覚えてもらえる日本人が登場するには、何年待たなければいけないか、ちょっと気が遠くなるところだ。
 ところが野本には「逆転の発想」があった。ここ数年、野本がこつこつとトレーニングを続けてきたバックフリップ技。お国柄、日本では披露されることはないと思われるも、ここはイタリア。ちゃんと予告をしてからやったから、大観衆が集まってたいへんな騒ぎとなった。
 ギャラリーの中には、世界のトライアル関係者もずらり。アダム・ラガもトニー・ボウも、ライア・サンツもみんな野本に注目した。そして大成功。これでみんな、日本の”No MOTO”の名前をすっかり覚えてしまった。

11TDN小川毅士の走り

小川毅士の走り

 今年は自分用のパーツを荷物をつめてもっていった各選手。あるいはイギリス大会に参戦したマシンをそのまま置いてあった柴田選手と、去年よりは参戦体制はよかったが、それでも苦戦は免れない。なんせ、主砲の藤波貴久が欠席である。成績スコアの面でも痛手だし、各セクションでのアドバイスが得られないのも痛かった。しかしそれでも、みんながんばる。

11TDN表彰式

左から2位のイギリスチーム、ドギー・ランプキン、ジャック・チャロナー、マイケル・ブラウン、ジェイムス・ダビル。優勝のスペイン、ジェロニ・ファハルド、アルベルト・カベスタニー、トニー・ボウ、アダム・ラガ。3位のイタリア、ファビオ・レンツィ、フランチェスコ・イオリタ、ダニエレ・マウリノ、マテオ・グラタローラ。

 勝利はスペイン。もうやる前から結果がわかっているようなリザルトだが、日本チームに関しては、1ラップ目はノルウェーに勝っていた日本チームだったから、惜しいといえば惜しい9点差の結果だった。

11TDN結果表

TDN世界選手権クラス結果表。クリックするとPDFを開きます。


全編を視聴したい方はFIM-Liveで視聴を申し込んでください。

関連記事

日本全国全額チャンス!ペイペイジャンボ開催中

自然山通信webshopはPayPay決済ができます。現在「日本全国全額チャンス!ペイペイジャンボ」開催中。キャンペーン期間は2022年12…

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

ページ上部へ戻る