2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

女子はスペインとライア

1109wtdn

 トライアル・デ・ナシオン(TDN)は、日曜日に男子の部が開催されるが、それに先立って土曜日に女子の部が開催されるのが通例。今年も9月17日土曜日に女子TDNが開催された。参加したのはフィンランド、スウェーデン、オーストラリア、アメリカ、ノルウェー、イタリア、フランス、ドイツ、イギリス、スペインの10カ国だった。
 優勝はスペインだったが、2位のイギリスとは5点差。14セクション2ラップ3人の戦いは、スペインが僅差で2連勝をあげた。


 なお、女子TDNに先駆けて、金曜日には女子世界選手権最終戦も開催された。世界選手権は全3戦。うち2戦の有効得点で勝敗が決せられる。ライア・サンツは2勝をあげていてすでにチャンピオンは決定。しかし2位以下は接戦でこの最終戦を迎えていた。

1109wtdnライア

 ライアの強さは、もうどうしようもない。ヨーロッパでは女子世界チャンピオンの地位は男子世界チャンピオンと同じくらい高いので、いまのところモンテッサチームの中ではもっとも地位の高いライダーということになる。

1109wtdnゴメス

 スペインのナンバー2は、サンドラ・ゴメス。今年のジュニアチャンピオンであるフレッド・ゴメスの妹で、去年あたりから代表選手として実力がきっちり固まってきた。世界ランキングは5位を得た。

1109wtdnコンデ

 スペインの3人目はミレイア・コンデ。この数年のスペインチームは、この3人でメンバーが固まっている。コンデの世界選手権ランキングは9位。世界選手権のランキングを見れば、スペインはまだまだイギリスやドイツに劣っているも、そこはやはりライアの存在が大きい。
 ランキングを見ると、コンデのうしろにはもうひとりスペイン人ライダーが控えている。優秀なライダーがいるだけでなく、こうやって次を狙うライダーがいるのは、お互いに励みになって技量向上につながるはずだ。

1109wtdn

 今回、TDNで2位となったのはイギリスだったが、世界選手権ランキングでも2位となったのがイギリスのエマ・ブリストだった。彼女は新生チームのオッサと契約し、オッサで2011年の世界選手権を走った。
 開幕戦、第2戦と2位に入る大金星。それまでブリストは同じイギリスのクック・レベッカの上をいったことはなかったが、オッサの登場とともに、ライアに次ぐ2位の座を手に入れた。同時に、オッサというチームが、女子世界選手権でも成績を求めて積極的な活動をしてきたという意気込みも感じられる。

1109wtdn

 最終戦で2位に入って勢いを盛り返したクックだったが、2位2回のブリストからランキング2位の座を奪うには最終戦で優勝するしかなかった。善戦むなしくランキング3位が確定している。
 最終戦で3位に入ってランキングでも4位に浮上したのがフランス人のサンドリーン・ジュフェ。上位10名の中で、スペイン、イギリス、ドイツ以外の唯一の選手となった。

1109wtdn

 イギリス人3人目はハンナ・スタイル。最終戦は得点圏外でランキング12位。同じイギリス人では最終戦を欠場したドンナ・フォックス(ランキング7位)にまだ勝てないでいるが、イギリスもこういうふうに層が厚いのはうらやましい限り。

1109wtdn

 TDNで3位に入ったドイツチームは、粒ぞろいのライダーがそろっている。写真は左からロシータ・レオッタ、イナ・ワイルド、そして3人目がジェシカ・ウルフ。それぞれランキング6位、8位、13位となっている。
 今年の世界選手権に参戦したのは41名。参加者のべ95名となった。各大会30名以上の参加があった計算。女子世界選手権も、立派にカテゴライズされてきている。こちらでも、日本からの参加が望まれるところ。

Pos. Rider No. Nation Machine Round1 Round2 Round3 Sub
Total
Total
Points
Times Average
position

Pos. P Pos. P Pos. P
1 Laia Sanz 1 スペイン Montesa 1 20 1 20 1 20 40 60 3 1
2 Emma Bristow 3 イギリス Ossa 2 17 2 17 4 13 34 47 3 2.67
3 Rebekah Cook 2 イギリス Sherco 3 15 3 15 2 17 32 47 3 2.67
4 Sandrine Juffet 8 フランス GasGas 7 9 6 10 3 15 25 34 3 5.33
5 Sandra Gomez 5 スペイン GasGas 4 13 5 11 5 11 24 35 3 4.67
6 Rosita Leotta 6 ドイツ GasGas 6 10 4 13 8 8 23 31 3 6
7 Donna Fox 31 イギリス Beta 5 11 7 9 20 20 2 6
8 Ina Wilde 7 ドイツ Sherco 8 8 8 8 6 10 18 26 3 7.33
9 Mireia Conde 9 スペイン Beta 10 6 9 7 7 9 16 22 3 8.67
10 Alba Villegas 21 スペイン Sherco 9 7 12 4 10 6 13 17 3 10.33
11 Martina Balducchi 32 イタリア Beta 19 13 3 11 5 8 3 14.33
12 Hannah Style 23 イギリス GasGas 16 9 7 7 2 12.5
13 Maryline Journet 10 フランス Beta 11 5 14 2 18 7 3 14.33
14 Jessica Wulf 27 ドイツ Beta 12 4 16 13 3 7 3 13.67
15 Katy Sunter 16 イギリス GasGas 20 10 6 6 2 15
16 Nikita Smith 17 イギリス GasGas 25 11 5 5 2 18
17 Pauline Masanes 13 フランス GasGas 23 20 12 4 4 3 18.33
18 Kathrin Dohla 14 ドイツ GasGas 13 3 22 19 3 3 18
19 Louise Forsley 35 アメリカ Sherco 14 2 2 1 14
20 Pauline Schmitt 25 ドイツ Beta 14 2 19 20 2 3 17.67
21 Sara Trentini 37 イタリア Beta 17 15 1 1 2 16
22 Theresa Bauml 19 ドイツ GasGas 17 15 1 1 2 16
23 Kristie Mckinnon 20 オーストラリア GasGas 15 1 18 17 1 3 16.67
24 Lene Dyrkorn 40 ノルウェー GasGas 21 16 2 18.5
25 Blandine-Fuggi Guillaud 11 フランス GasGas 21 21 2 21
26 Sarah Duke 33 アメリカ Beta 18 26 2 22
27 Sarah Bauer 30 ドイツ Sherco 22 1 22
28 Mona Pekarek 15 ドイツ Sherco 24 24 2 24
29 Michelle Neukirchen 38 ドイツ GasGas 26 23 2 24.5
30 Sara Rivera 36 イタリア Beta 25 1 25
31 Daniela Bauml 12 ドイツ Beta 28 26 24 3 26
32 Capucine Bouniol 29 フランス GasGas 27 25 2 26
33 Caroline Allen 33 アメリカ GasGas 27 1 27
34 Camilla Helen Dybedahl 26 ノルウェー GasGas 34 28 22 3 28
35 Sofia Henriksson 31 スウェーデン Beta 32 31 23 3 28.67
36 Elisa Peretti 18 イタリア GasGas 30 29 28 3 29
37 Kira Laffin 28 ドイツ GasGas 29 1 29
38 Helene Sorlie 24 ノルウェー GasGas 33 27 29 3 29.67
39 Melina Larsson 39 スウェーデン GasGas 30 1 30
40 Satu Saavalainen 41 フィンランド Sherco 31 1 31
41 Brooke Lonie 39 オーストラリア GasGas 31 1 31
95

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る