2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

急逝デエゴ・ボシス

在りし日のデエゴ・ボシス

photo:Solo Moto

 2月12日朝、デエゴ・ボシスが亡くなった。職場へ向かう通勤電車の中での心臓発作だったということだ。
 ボシスは1980年代から90年代にかけてのトップライダー。ジョルディ・タレスをライバルとし、ついにタイトル獲得はならなかったが、長きにわたって世界選手権の頂点ライダーとして君臨した。
 1967年10月19日イタリア・ベルガモ生まれ。44歳だった。

在りし日のデエゴ・ボシス

2006年TDNにて。右がボシス。左へ、ファビオ・レンツィ、ダニエレ・マウリノ、ミケーレ・オリツィオと

 ボシスの世界選手権デビュー戦は1984年のスペイン大会。16歳でのデビューで、このときは18位。生涯で200世界選手権に参戦していた。
 最初にポイントを獲得したのは同じ84年フランス大会で9位に入賞。初めて表彰台に上ったのはそれから2年後、1986年イギリス大会でのことだった。
 初優勝はさらに1年後の1987年、アメリカ大会。以来、全9勝をあげている。アプリリアで3勝、ファンティックで5勝、ベータで1勝。ほかに世界選手権では、ガスガス、モンテッサでポイントを獲得している。

年号 世界ランキング マシン 最高位 世界チャンピオン
1984 14 ファンティック 最高位5位 エディ・ルジャーン
1985 5 モンテッサ 最高位5位 ティエリー・ミショー
1986 6 モンテッサ 最高位3位 ティエリー・ミショー
1987 2 アプリリア 優勝1回 ジョルディ・タレス
1988 5 アプリリア 最高位3位 ティエリー・ミショー
1989 3 アプリリア 最高位2位 ジョルディ・タレス
1990 2 アプリリア 優勝2回 ジョルディ・タレス
1991 3 ファンティック 優勝2回 ジョルディ・タレス
1992 3 ファンティック 優勝3回 トンミ・アーバラ
1993 10 ファンティック 最高位2位 ジョルディ・タレス
1994 7 ベータ 優勝1回 ジョルディ・タレス
1995 13 ベータ 最高位5位 ジョルディ・タレス
1996 18 ガスガス 最高位10位 マルク・コロメ
1997 18 モンテッサ 最高位6位 ドギー・ランプキン
1998 11 モンテッサ 最高位8位 ドギー・ランプキン
1999 14 モンテッサ 最高位4位 ドギー・ランプキン
2000 21 モンテッサ 最高位12位 ドギー・ランプキン

 最後の世界選手権ポイント獲得は、2006年のイタリア大会、13位だった。

在りし日のデエゴ・ボシス

2010年TDNポーランド大会で、その会場にいて第1回TDNに参加した(左から)フランスのティエリー・ミショー、えらいおじさんをはさみ、スペインのルイス・ガリャック、そしてイタリアのデエゴ・ボシス

 トライアル・デ・ナシオンのイタリア代表としても活躍。1984年から2006年まで(途中、1996年と2001年は欠場)イタリアチームのメンバーとして走り、1987年にはチームを優勝に導いている。21回のTDN出場は、もちろんダントツ。
 2010年からはFIMのセクション・コーディネーターとして再びトライアル世界選手権の現場で活躍を始めた。2010年には来日はしなかったが、2011年の日本グランプリにはFIMのスタッフとしてツインリンクもてぎを訪れ、セクションの最終仕上げをおこなっていた。
 ルジャーンの時代からランプキンの時代までを走り続けたシニョーレ・トリアル。早すぎる逝去にイタリアのトライアル界、いや世界中のトライアル仲間が悲しみに包まれている。

在りし日のデエゴ・ボシス

2011年日本グランプリにて。FIMトライアル委員長デビッド・ウイロビー、ドギー・ランプキンと、デエゴ・ボシス

関連記事

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

イベント(大会)

202210/18

12/25里山忘年トライアル大会

○里山忘年トライアル大会  開催日:2022年12月25日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る