2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. リザルト中国
  4. MFJトライアル
  5. リザルト東北
  6. リザルト関東
  7. リザルト関東
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. TRJ / MFJ
  11. TRJ / MFJ
  12. TRJ / MFJ
  13. MFJトライアル
  14. リザルト関東
  15. TRJ / MFJ
  16. リザルト中国
  17. リザルト関東
  18. トライアル・デ・ナシオン
  19. リザルト関東
  20. イベント(その他)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(その他)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト関東
  26. TRJ / MFJ
  27. TRJ / MFJ
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中部
  30. リザルト中国
  31. イベント(スクール)
  32. リザルト中国
  33. リザルト中部
  34. リザルト関東
  35. リザルト関東
  36. リザルト中国
  37. MFJトライアル
  38. MFJ
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. リザルト中国
  42. リザルト関東
  43. イベント告知
  44. 2017お勉強会
  45. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

急逝デエゴ・ボシス

在りし日のデエゴ・ボシス

photo:Solo Moto

 2月12日朝、デエゴ・ボシスが亡くなった。職場へ向かう通勤電車の中での心臓発作だったということだ。
 ボシスは1980年代から90年代にかけてのトップライダー。ジョルディ・タレスをライバルとし、ついにタイトル獲得はならなかったが、長きにわたって世界選手権の頂点ライダーとして君臨した。
 1967年10月19日イタリア・ベルガモ生まれ。44歳だった。

在りし日のデエゴ・ボシス

2006年TDNにて。右がボシス。左へ、ファビオ・レンツィ、ダニエレ・マウリノ、ミケーレ・オリツィオと

 ボシスの世界選手権デビュー戦は1984年のスペイン大会。16歳でのデビューで、このときは18位。生涯で200世界選手権に参戦していた。
 最初にポイントを獲得したのは同じ84年フランス大会で9位に入賞。初めて表彰台に上ったのはそれから2年後、1986年イギリス大会でのことだった。
 初優勝はさらに1年後の1987年、アメリカ大会。以来、全9勝をあげている。アプリリアで3勝、ファンティックで5勝、ベータで1勝。ほかに世界選手権では、ガスガス、モンテッサでポイントを獲得している。

年号 世界ランキング マシン 最高位 世界チャンピオン
1984 14 ファンティック 最高位5位 エディ・ルジャーン
1985 5 モンテッサ 最高位5位 ティエリー・ミショー
1986 6 モンテッサ 最高位3位 ティエリー・ミショー
1987 2 アプリリア 優勝1回 ジョルディ・タレス
1988 5 アプリリア 最高位3位 ティエリー・ミショー
1989 3 アプリリア 最高位2位 ジョルディ・タレス
1990 2 アプリリア 優勝2回 ジョルディ・タレス
1991 3 ファンティック 優勝2回 ジョルディ・タレス
1992 3 ファンティック 優勝3回 トンミ・アーバラ
1993 10 ファンティック 最高位2位 ジョルディ・タレス
1994 7 ベータ 優勝1回 ジョルディ・タレス
1995 13 ベータ 最高位5位 ジョルディ・タレス
1996 18 ガスガス 最高位10位 マルク・コロメ
1997 18 モンテッサ 最高位6位 ドギー・ランプキン
1998 11 モンテッサ 最高位8位 ドギー・ランプキン
1999 14 モンテッサ 最高位4位 ドギー・ランプキン
2000 21 モンテッサ 最高位12位 ドギー・ランプキン

 最後の世界選手権ポイント獲得は、2006年のイタリア大会、13位だった。

在りし日のデエゴ・ボシス

2010年TDNポーランド大会で、その会場にいて第1回TDNに参加した(左から)フランスのティエリー・ミショー、えらいおじさんをはさみ、スペインのルイス・ガリャック、そしてイタリアのデエゴ・ボシス

 トライアル・デ・ナシオンのイタリア代表としても活躍。1984年から2006年まで(途中、1996年と2001年は欠場)イタリアチームのメンバーとして走り、1987年にはチームを優勝に導いている。21回のTDN出場は、もちろんダントツ。
 2010年からはFIMのセクション・コーディネーターとして再びトライアル世界選手権の現場で活躍を始めた。2010年には来日はしなかったが、2011年の日本グランプリにはFIMのスタッフとしてツインリンクもてぎを訪れ、セクションの最終仕上げをおこなっていた。
 ルジャーンの時代からランプキンの時代までを走り続けたシニョーレ・トリアル。早すぎる逝去にイタリアのトライアル界、いや世界中のトライアル仲間が悲しみに包まれている。

在りし日のデエゴ・ボシス

2011年日本グランプリにて。FIMトライアル委員長デビッド・ウイロビー、ドギー・ランプキンと、デエゴ・ボシス

関連記事

イベント(大会)

2022年わびさび大会開催

2022年のわびさび大会の日程が決定しました。 トライアルチーム嵐山不老天狗よりのお知らせです。 (さらに…)…

自然山通信2022年1月号電子版

2022年になりました。今年もよろしくお願いします。ということで、2022年1月号電子版をご用意いたしましたので、ご購入、ダウンロードしてお…

自然山通信2022年1月号発売中!

新年1月号発売中!Repsol Honda Team監督に就任した藤波貴久のロングインタビュー、第三回目。そして、ポルトガル GPの会場で藤…

2022トライアルマシン合同試乗会のご案内(三重県)

2022トライアルマシン合同試乗会開催のお知らせ 2月11日、三重県四日市市グリーンパーク岡山トライアル場で、トライアルマシン試乗会を…

年始の放射能冷却

あいからわず、当地は寒いです。世間は雪が降ってたいへん、ということなのだけど、こちら、ほとんど雪は降ってません。一応白いんだけど、積雪量1c…

イベント(大会)

202112/22

2022年新春植木トライアル大会

初転び今年もやります草大会 日時:2022年1月16日(日)  受付:8時30分〜  スタート:9時30分〜  ゴール:13時3…

リザルト中国

中国選手権第2戦山口大会

2021年中国選手権 第2戦山口大会 ●2021年12月19日 ●広島県グリーンピア瀬戸内 ●天候:晴れ   (さらに&he…

MFJトライアル

2021MFJグランドチャンピオン大会

第34回MFJグランドチャンピオン大会 ●2021年12月12日 ●愛知県キョウセイドライバーランド (さらに…)…

トライアルGC大会/GCクラストップ10の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスの上位10名の結果一覧です。 GC大会10位までに入ると、国際B級へ昇格することができます。…

2021年12月号電子版

引退表明した藤波貴久選手のロングインタビューVol.2掲載。オールカラー78ページ。PDFでのご提供なので、ご購入のうえ、ダウンロードしてパ…

ページ上部へ戻る