2012マルセイユ結果" />
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 2016高田島ツートラ
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. 2020.04.05

    福島市へ行く
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト沖縄
  27. イベント告知
  28. 2020XTDN延期
  29. イベント(大会)
  30. SSDT中止
  31. イベント(大会)
  32. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  33. リザルト関東
  34. イベント(大会)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(スクール)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト近畿
  45. リザルト沖縄
  46. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

マドリッドもボウ、藤波また4位

 トニー・ボウは連勝記録をまた伸ばした。ただし今回はセミファイナルまでラガと2点差で、ボウにしては接戦。このところ、少しずつ勝ち方が地味になってきているから、全戦優勝の野望はけっして楽ではないのかもしれない。
 藤波は4位。ボウが連戦連勝なら、藤波が毎回ファイナルに進出しているのは快挙といっていい。ベータに移籍したばかりのジェロニ・ファハルドがどうも不調の谷に落ち込んでいるという背景もあるが、それを差し引いても、インドアでのファイナル進出は、藤波にとって楽ではないはず。去年までの苦戦を考えると、今年は驚異的なリザルトを残しているといっていい。

1203マドリッド結果

リザルト。クリックすると、PDFファイルが開きます

 今回は、いつもの8名に加えてJTGのポル・タレスが2度目の参加となり、全部で9名によって争われた。9名が、まず6名に絞られるのがクォリファイだ。
 クォリファイのトップはトニー・ボウ(モンテッサ)。減点1点だった。続くはアルベルト・カベスタニー(シェルコ)で減点9。カベスタニーに2点差でアダム・ラガ(ガスガス)。ラガに6点差の17点で藤波貴久、藤波に3点差の20点でジェロニ・ファハルド(ベータ)とマイケル・ブラウン(ガスガス)が並んだ。ここまでがセミファイナルに進出する権利を持つ。
 セミファイナルでは、クォリファイでの1位と2位、3位と4位、5位と6位がダブルレーンを戦う。藤波はラガに負け、1点減点から追い上げることになった。同じように、カベスタニーとファハルドがダブルレーンの敗者となっている。
 セミファイナルはダブルレーンの他、4セクションで競われる。逆に言えば、4セクションで決着をつけなければいけないから、ひとつのポカミスは致命的だ。今回、マドリッドのセクションは、スペインのインドア選手権で使われている部材を使っている。どちらかというと、行けるか落ちるかの白黒つけやすいセクションで、むずかしいところはむずかしく、しかしどかんとあがってしまえばクリーンも近いという設定が多い。ダブルレーンで1点のビハインドは、これがなかなか苦しいらしい。
 第1セクション、ボウだけがクリーン。ラガはクリーンしながら1点のタイムオーバー(30秒までは1点のタイムオーバーとなる)。藤波が1点+タイムオーバー2点。ほかの3人はみな5点だった。これでボウ0点、ラガ1点、藤波4点、ブラウン5点、カベスタニーとファハルドが6点。藤波以下は、たいへんな接戦だ。
 ボウをのぞくと、その後の3つのセクションでは、第4セクションをラガがクリーン、カベスタニーが1点で抜けた他は、全員が5点だった。ボウはその第4セクションで失敗したが、第2をタイムオーバー1点のみでクリーン、第3を2点+タイムオーバー1点と確実にこなして、セミファイナルトータルは9点。ラガは11点。カベスタニーが17点。その次に、第1セクションを走破できた藤波が19点で4位。5位にはダブルレーンでファハルドに勝利したブラウン、オール5点の上にダブルレーンで敗退したファハルドは6位と、セミファイナル最下位になってしまった。ファハルドの不運は一向に復調しない。
 さてファイナルを迎えて、ボウとラガのトップ争いは2点しかない。ボウは必死だ。総当たり戦のダブルレーンで全勝し、藤波が1敗(ボウに負けた)、ラガが2敗(カベスタニーにだけ勝った)、カベスタニーが全敗で、それぞれ減点0、1、2、3ときれいに並んだ。ファイナルの結果はセミファイナルとファイナルの減点を足して決まるので、ここまででボウ9点、ラガ12点、カベスタニーと藤波が20点。藤波には、表彰台の目も出てきた。
 その後のおブザーブドセクションは3セクション。第5セクション(セミファイナルからの通算番号)でボウとラガがクリーン、カベスタニーが1点、藤波は1点+1点。これで藤波が同点3位から単独4位に後退。
 6セクションではボウが1点+1点、ラガが0点+2点、カベスタニーが3点+1点、藤波が5点で、数字を並べるとややこしいが、ボウとラガの点差は変わらず、藤波はカベスタニーに、ここでさらに1点離された。
 最後の7セクション。ここは、ボウだけが1点+1点でクリア。他の3人は全員5点だった。ボウはセミファイナルの9点に4点を加えて13点でゴール。ラガはセミファイナルの11点にファイナルで9点を加えて20点。やはりボウの優位は揺るぎなかった。
 3位争いは、ダブルレーンで追いついた藤波だったが、結局はほんのちょっとずつ離されて、わずか2点差ながらカベスタニーに表彰台を譲ることになった。しかしこれで、藤波のランキングポイントは39点となり、5位のファハルドに17点差。ランキング4位は、ほぼ安泰の雰囲気となってきた。それだけに、ランキングを気にしない暴れん坊の活躍も期待される日本の藤波貴久だった。

関連記事

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(大会)

8/2ケニーズクラブ30周年記念大会

皆様のおかげで30年続けることが出来ました。感謝感謝。つきましては節目となるささやかな大会と記念品を用意し、お待ち申し上げます。 時節…

イベント(大会)

7/26 Gattiスクール杯

7年ぶりに開催決定!!からコロナの影響受けキャンセルに……。しかし再び開催決定です。 ゆるーいクラス~実戦クラスまで対応したセクション…

ページ上部へ戻る