2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. MINI VANDAL
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト中国
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017お勉強会
  17. リザルト四国
  18. リザルト中国
  19. リザルト中部
  20. 2019モンテッサ
  21. TLR200用キックアーム
  22. Vertigo 2019モデル
  23. 生駒テックオープン
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト四国
  27. リザルト関東
  28. 2017TDN
  29. リザルト東北
  30. MFJトライアル
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト北海道
  38. 1日目優勝のファハルド
  39. イベント(大会)
  40. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  41. リザルト東北
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト四国
  45. リザルト中国
  46. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  47. 全日本R3九州までのランキング
  48. 全日本R3九州リザルト
  49. 2018EMと成田匠.fr
  50. MFJトライアル

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

電気時代到来!?

EM5.7

Photo:FIM/GoodShoot

 世界的に、エレクトリックの時代が押し寄せている。
 フランスから届いたのは、エレクトリック・モーション製のトライアルマシン。この写真は、Xトライアル最終戦パリ大会での一コマ。トライアルマシンでのバックフリップといえば、ジュリアン・ディポンか野本佳章か、ということになっているが、EMで華麗にバックフリップを決めたのはクリストフ・ブルオン。野崎史高とともにスコルパで世界選手権を戦っていたフランス人ライダーだ。

EM5.7

 このマシン、スコルパの前社長のフィリップ・アレステンが開発したもので、ブルオンが乗っているのも、スコルパ時代にできたリレーションシップだ。
 エンジン音もない、排気煙をあげることもないEM5.7が、ブルオンのライディングでくるりと宙を舞った時の、それを見守る世界に冠たるXトライアルのトップライダーの表情は、なかなか見物であったという。
 いまのところ、2時間弱の充電で、最低40分、最大180分走行が可能というEM5.7だが、同じくクリストフ・ブルオンのライディングで、フランス選手権にもゲスト参加を始めている。フランスでは、電動トライアルマシンが急速にコンペティションの現場に進出しつつあるようだ。

EM5.7

 電動トライアルバイクというと、小さな子ども用という印象だったが、これは21インチ/18インチのフルサイズ。通常のマシンのタンクの下の部分、シリンダーヘッドが位置するあたりは、びっしりとバッテリーが積まれている。大きなバッテリーを積んでの車重は72kg。最軽量の2ストロークモデルと比べると少し重いが、開発が始まったばかりであることを考えれば、将来には大きな期待が持てる仕様でもある。
 日本でも、電動トライアルバイクの参加は打診を受けている。現状では、マシンの仕様の問題やエンスト停止足つきでの5点をどう解釈するかなど、電動トライアルマシンが実戦に参加するのは課題もあるとのことで、まずは賞典外での実験的参加が望まれている段階だ。
 エレクトリック・モーションでは、市販はそう遠くないと展望している。

EM5.7諸元表
モーター 直流ブラシレス
電源 14ch
トルク 22Nm
ドライブ チェーン
冷却 空冷
最高速度 55km/h
航続時間 40分から180分
電池 48V25Ahリチウムポリマー
充電時間 最大110分
ライフサイクル 1000回
フレーム 鋼管25CD4S
フロントフォーク 油圧式
リヤサスペンション リンク式
フロントブレーキ 油圧式182ミリ
リヤブレーキ 油圧式150ミリ
ホイール・タイヤ 1.5 “×21″/2.15 “×18”
ホイールベース 1340ミリ
地上高 320ミリ
車重 72キロ

関連記事

HONDA TLM50最強アンダーガード登場

三谷モータスポーツより、TLM50用・最強アンダーガードが発売されました。17Sジュラルミン製です。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/14・11/18わびさびトライアル大会

「嵐山不老天狗わびさびトライアル大会」 山梨県のトライアルチーム嵐山不老天狗より、10月、11月開催の大会のお知らせです。 (…

2016高田島ツートラ

11/4高田島「廃道」ツーリングTR

11月4日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

『力造』HONDA TLM50用スキッドプレート発売!

「ぱわあくらふと」の力造ブランドから、HONDA TLM50 用スキッドプレートが発売されました。ステアケース、ガレ場など今以上に戦闘力アッ…

MINI VANDAL

MINI VANDALが加わる2019 Vertigo

Vertigoシリーズに子供用トライアルマシン、MINI VANDALが登場することになった。50ccと60ccがあってタイヤサイズが違うた…

HEBOの新型トライアルブーツ登場

スペインのHEBOより新型トライアルブーツが登場しました。さらに使いやすく軽量に。トライアルを熟知したメーカーが、理想的なブーツを完成させま…

アベ精工のTRRS用アルミサイドスタンド

アベ精工よりストロングタイプの「TRRS用アルミサイドスタンド」が発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2018年9月号電子版

自然山通信電子版のご用意ができました。 紙に印刷した自然山通信と同じものを、PDFとして作成してあります。 ご購入、ダウンロードの上、お…

20189/5

自然山通信9月号発売中!

自然山通信9月号発売中です。お知らせが遅くなってしまいましたが、9月2日に開催された全日本選手権R5中国大会の公式プログラム掲載号となります…

2018全日本ランキング(〜第5戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

ページ上部へ戻る