2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. KLX230skidplate
  4. 2019.11.21

    地球温暖化?
  5. MFJトライアル
  6. イベント(その他)
  7. リザルト中国
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. MFJトライアル
  15. リザルト近畿
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. 2019.10.13

    台風一過
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト関東
  24. イベント(大会)
  25. イベント(その他)
  26. MFJトライアル
  27. 2017TDN
  28. トライアル・デ・ナシオン
  29. リザルト関東
  30. リザルト東北
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. リザルト九州
  34. リザルト中国
  35. リザルト沖縄
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト中国
  44. リザルト東北
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中部
  48. リザルト四国
  49. 2019.08.02

    最近の星空
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. リザルト九州
  53. リザルト沖縄
  54. 140ccボアアップセット
  55. リザルト関東
  56. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  57. MFJトライアル
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東
  60. リザルト九州

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

電気時代到来!?

EM5.7

Photo:FIM/GoodShoot

 世界的に、エレクトリックの時代が押し寄せている。
 フランスから届いたのは、エレクトリック・モーション製のトライアルマシン。この写真は、Xトライアル最終戦パリ大会での一コマ。トライアルマシンでのバックフリップといえば、ジュリアン・ディポンか野本佳章か、ということになっているが、EMで華麗にバックフリップを決めたのはクリストフ・ブルオン。野崎史高とともにスコルパで世界選手権を戦っていたフランス人ライダーだ。

EM5.7

 このマシン、スコルパの前社長のフィリップ・アレステンが開発したもので、ブルオンが乗っているのも、スコルパ時代にできたリレーションシップだ。
 エンジン音もない、排気煙をあげることもないEM5.7が、ブルオンのライディングでくるりと宙を舞った時の、それを見守る世界に冠たるXトライアルのトップライダーの表情は、なかなか見物であったという。
 いまのところ、2時間弱の充電で、最低40分、最大180分走行が可能というEM5.7だが、同じくクリストフ・ブルオンのライディングで、フランス選手権にもゲスト参加を始めている。フランスでは、電動トライアルマシンが急速にコンペティションの現場に進出しつつあるようだ。

EM5.7

 電動トライアルバイクというと、小さな子ども用という印象だったが、これは21インチ/18インチのフルサイズ。通常のマシンのタンクの下の部分、シリンダーヘッドが位置するあたりは、びっしりとバッテリーが積まれている。大きなバッテリーを積んでの車重は72kg。最軽量の2ストロークモデルと比べると少し重いが、開発が始まったばかりであることを考えれば、将来には大きな期待が持てる仕様でもある。
 日本でも、電動トライアルバイクの参加は打診を受けている。現状では、マシンの仕様の問題やエンスト停止足つきでの5点をどう解釈するかなど、電動トライアルマシンが実戦に参加するのは課題もあるとのことで、まずは賞典外での実験的参加が望まれている段階だ。
 エレクトリック・モーションでは、市販はそう遠くないと展望している。

EM5.7諸元表
モーター 直流ブラシレス
電源 14ch
トルク 22Nm
ドライブ チェーン
冷却 空冷
最高速度 55km/h
航続時間 40分から180分
電池 48V25Ahリチウムポリマー
充電時間 最大110分
ライフサイクル 1000回
フレーム 鋼管25CD4S
フロントフォーク 油圧式
リヤサスペンション リンク式
フロントブレーキ 油圧式182ミリ
リヤブレーキ 油圧式150ミリ
ホイール・タイヤ 1.5 “×21″/2.15 “×18”
ホイールベース 1340ミリ
地上高 320ミリ
車重 72キロ

関連記事

2019年12月号電子版できましたー

Honda Thanks Day、全日本最終戦、グラチャンにX-TRIALといえばシーズンの終わりと新しいスタートの季節です。今回は2019…

自然山通信12月号発売中!

Honda Thanks Day、全日本最終戦、グラチャンにX-TRIALといえばシーズンの終わりと新しいスタートの季節です。今回は2019…

MFJトライアル

2020MFJスケジュール

2020年全日本カレンダーが決定した。2019年同様、全日本選手権は7戦が組まれていて、世界選手権はツインリンクもてぎで第2戦として日本GP…

自然山通信オリジナル「壁掛け・2020トライアルカレンダー」プレゼント中!

2020年自然山通信謹製壁掛けオリジナルトライアルカレンダー完成しました。恒例のプレゼント開始しました! (さらに…)…

KLX230skidplate

KLX230用スキッドプレートとトレッキングシートで「トレッキング戦闘力」アップ!

ぱわあくらふとより、KAWASAKI KLX230の戦闘力を上げる「Rikizoh スキッドプレート」と、足つき性を良くする「Rikizoh…

宇宙船の落ちた町

先日、福島第一と福島第二原発の視察というか見学にでかけた。そのとき、いっしょに原発に入った仲間に、根本聡一郎さんがいた。この本の著者だ。 …

Xトライアル2020開幕!

2019年11月にして、早くも2020年のX-TRIALシーズンが始まった。11月16日、インド洋のレユニオン(フランス)での開幕戦は、やっ…

201911/21

地球温暖化?

やっぱり地球は温暖化しているのか、それともただおかしくなっているのか、ここ最近、うちの近所で見られた自然現象はこんなでした。 (さら…

2020年のXトライアル

今年も、アウトドアのシーズンが終わって、Xトライアル(インドア)のシーズンが始まる。いつもなら年が明けてからだけど、今年は11月に2戦が組ま…

自然山通信2019年11月号電子版出来

自然山通信11月号の電子版をご用意しました。オールカラー60ページを、お手持ちのパソコンやタブレット端末やスマートフォンなどの電子端末でお楽…

ページ上部へ戻る