2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJ
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト中部
  20. 2017TDN
  21. トライアル・デ・ナシオン
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. 2017お勉強会
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. イベントリザルト
  28. リザルト中国
  29. リザルト中国
  30. TRJ / MFJ
  31. イベント(その他)
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. リザルト九州
  35. TRJ / MFJ
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(スクール)
  43. リザルト関東
  44. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ランプキン引退

引退を報じるランプキンサイト

王者ドギー・ランプキンが引退の意向を固めた。

ランプキンは2011年にガスガスに移籍して世界選手権に参戦していたが、SSDT参戦中に足を痛め、シーズン後半は出たりでなかったり、アダム・ラガのサポートなどを務めていることも多かった。日本GPでも、ラガのサポートをするランプキンの姿をみた人は多かったと思う。

このほど、世界選手権参戦には区切りをつけると、自身のWEBサイトで発表した。ガスガスでの若手育成活動やSSDT参加は続けるという。

ランプキンが初めて世界タイトルを獲得したのは1997年。藤波貴久が世界挑戦を始めた、その翌年だった。当時ランプキンのゼッケンは2番。ライバルとなった現役チャンピオンはマルク・コロメ(モンテッサ)だった。

それから7年。ランプキンは連続してチャンピオンとなり続けた。途中、2000年にはベータからモンテッサにマシンをスイッチし、ライバルだったコロメ、そして最大のライバルとなる藤波とチームメイトとなるも、その強さに揺るぎはなかった。同時にランプキンは、インドア世界選手権でも数々のタイトルを獲得している。ランプキンの個人世界タイトルは、アウトドアが7つ、インドアが5つ、合わせて12の世界タイトル獲得、ということになる。

このほか、トライアル・デ・ナシオンで4回勝利を飾ってもいる。

ランプキンの成績については、FIMトライアル委員会のリザルト担当、チャーリー・デマシューによるライブラリーが詳しい。詳細はこちらを参照いただきたいが、ざっと紹介しておきます。

1976年3月23日イギリス・シルスデン生まれ。最初のトライアルは1993年ルクセクブルグ。その年のアンドラ大会で初めて15位に入賞してポイントを獲得する。初表彰台は94年イギリス大会。それが初優勝にもなった。

最後の勝利は2001年のフランス。これが実は99勝目でもあり、あとひとつ勝てば100勝というところでもあった。

100勝への未練について、以前にランプキンに聞いたところ「やるだけのことはやった。100勝すれば101勝したくなる。99勝でも充分だ」という答えがあった。

生涯に参戦した世界選手権(アウトドア)は259戦。そのうち250戦でトップ15に入り、170戦で表彰台にのっている。勝率は、なんと4割にも近い。

ドギー・ランプキンWEBサイトのプロフィールを見ると、尊敬するライダーは「以前はジョルディ・タレスだったが、最近は藤波貴久」と書いている。

ドギー・ランプキンWEBサイト<http://www.dougielampkin.co.uk/>
トライアルオンラインのランプキンのページ
トライアルオンライン<http://www.trialonline.org/>

関連記事

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

202212/22

1/22新春糸島トライアル大会

2023年1月22日(日) 新春糸島トライアル大会 開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る