2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. KLX230skidplate
  4. 2019.11.21

    地球温暖化?
  5. MFJトライアル
  6. イベント(その他)
  7. リザルト中国
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. MFJトライアル
  15. リザルト近畿
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. 2019.10.13

    台風一過
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト関東
  24. イベント(大会)
  25. イベント(その他)
  26. MFJトライアル
  27. 2017TDN
  28. トライアル・デ・ナシオン
  29. リザルト関東
  30. リザルト東北
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. リザルト九州
  34. リザルト中国
  35. リザルト沖縄
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト中国
  44. リザルト東北
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中部
  48. リザルト四国
  49. 2019.08.02

    最近の星空
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. リザルト九州
  53. リザルト沖縄
  54. 140ccボアアップセット
  55. リザルト関東
  56. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  57. MFJトライアル
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東
  60. リザルト九州

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ラガ、そしてボウ。世界選手権開幕戦

12開幕戦記念写真

恒例の開幕前の記念写真。前列左から、オリベラス、カベスタニー、藤波、ボウ、ファハルド、ラガ、グビアン、ボレラス。後列左から、ブラウン、ダビル、ウイグ、チャロナー、グラタローラ、カールソン、トルノール。Photo:FIM/Good Shoot

 4月28、29日。2012年世界選手権が開幕した。ラ・ブレス(La Bresse)というフランスの町。ドイツとスイスの国境近くの山の中だ。
 昨シーズンまでは、原則としてヨーロッパ大陸のイベントについては日曜日のみの1日制で、土曜日はヨーロッパ選手権や女子世界選手権を開催するのが通例となっていたが、今年は土曜日、日曜日の2日制イベントが増えている。
 インドアでは全勝したトニー・ボウ(モンテッサ・スペイン)だが、アウトドアではいきなり土がついて2位。しかし日曜日にはしっかり優勝して、ランキングをトップで開幕戦を滑り出している。2位はアダム・ラガ(ガスガス・スペイン。2位と5位)、藤波貴久(モンテッサ)は5位と4位だった。
 ジュニアはアレッシャンドレ・フェラー(シェルコ・フランス)が2連勝。病み上がりのポル・タレス(JTG・スペイン)は3位と5位。ユースはスティーブ・コクエリオン(ガスガス・フランス)とスベレ・ルンドボル(ベータ・ノルウェー)が勝ちわけている。

12フランスの藤波

Photo:FIM/Good Shoot

 今回は、セクションが比較的やさしめだった。ボウあたりに言わせれば、セクションはむずかしければむずかしいほど好都合だ。せくしょんがどんなにやさしくても、ちょっとしたミスは起こり得る。そんなミスのひとつかふたつで、ボウが勝利を逃すという可能性もあって、無敵のはずのボウも、こういうセクション設定は歓迎しない。
 セクションが極端にむずかしくなると、まぐれがまず起こらない。走破力が高い順に成績が決まる。
 ファンとして見たいのは、どんな勝負だろうか。強い者が強い結果を残すのは安心して見ていられるし、正しい戦いを見た気がするが、いつでも同じ結果になるつまらなさもある。
 FIMはこのところ試行錯誤を続けていて、今回はジョルディ・パスケットのセクション査察により(去年はディエゴ・ボシスが務めていた)、容易されたセクションがよりやさしくなっていた。
 もうひとつ、今回FIMが導入したのは、スタート順をくじ引きで決めるというものだった。スタート順のくじ引きは、これまでもおこなわれていたが、その場合は、各カテゴリーをいくつかのグループにわけて、その中でくじを引くというシステムだった。つまりトップ6人、7番から12番、というグループを作るということだ。だからランキング6位だったら、一番くじを引く可能性も6番くじを引く可能性もあるが、15番のくじを引くことはなかった。
 ところが今回用意されたくじは、15人のワールド・プロクラス全員が同じくじを引いた。藤波が引いたのは一番。ボウが引いたのが15番だった。一番が、誰よりも先にスタートするくじだった。これまで、藤波も一番スタートで戦ったことがあるが、去年のランキングが3番の開幕戦で一番スタートというのはなんとも分が悪い。
 この方式には、特にライダーからは反対意見が続出だが、とりあえず土曜日はそのままスタートということになった。このスタート順だと、スタート順によるライダーの有利不利はともかく、観客からも歓迎ができないものになる。強い者が先に走るにしろあとに走るにしろ、下位ライダーから上位ライダーへ、あるいはその逆という流れはできている。しかしくじ引きだとその流れがまるでわからない。誰がやってくるのかさっぱりわからないまま、観戦を続けなければいけないわけだ。くじ引きはバクチみたいなもんだが、観戦する側も、次に誰を観戦するのかはバクチというわけだ。
 もっとも、1980年代初頭くらいまでは、全日本選手権でもこういうふうにスタート順を決めていた。200人からの参加者が、クラス入り乱れてスタートするから、誰がどのへんで回っているのかはさっぱりわからない。当時のお客さんはそれで納得して観戦していたのだから、なにがいいか悪いかは、よくわからない。

12フランスのラガ

Photo:FIM/Good Shoot

 土曜日は、アダム・ラガが抜群だった。ラガは一番スタートの藤波に遅れること数名のスタート順だったのだが、猛然と追い上げて藤波にぴったりつき、おそらく藤波の走りをばっちり参考にしてセクションを消化していった。ボウは最終スタートだから、藤波やラガがどんな走りをしたのかは見られずにいた。今までの、お互いの顔を見ながら駆け引きをしたりするのとはまったく異なる世界選手権で、こういう試合スタイルを好む人も、中に入るのかもしれない。
 今年から、ゲートマーカーにさわったら即5点という申し合わせも徹底された。これまでは倒れなければいいとか、運用がいろいろだったのだ。
 しかしその犠牲になったのが藤波だった。誰でも同じ条件なのだが、ゲートにほんの少しさわって5点というパターンが、今回の藤波は多かった。その結果が、5位という不本意なものとなった。
 土曜日の試合が終わって、ライダーと主催者が集まってスタート順のルールについて競技をした。その結果、とりあえず日曜日は、土曜日の順位の逆順でスタートするということになった。つまりラガが最終スタート、藤波はトップ5の最初に走る。これはつまり、2010年以来のスタート順ルールが元に戻ったということだ。

12フランス土曜日の結果

土曜日のワールド・プロの結果。クリックするとPDFが開きます

 今後については未知数だ。ライダーは前回優勝したライダーが最終スタートとなる方式を望んでいる。観客にとってもおそらくそうではないだろうか。取材する側も同感だ。FIMだけが、なにか別のことをたくらんでいる。そして一方、第2戦からルールを変更すると、開幕戦で不利なくじを引いて下位に低迷した藤波をどう救済するかという問題も出てくる。藤波自身はその成績を救済してもらうよりも(救済なんかされないに決まっているけど)スタート順が是正されるのを希望しているが、どうなるだろう。

12フランスのボウ
Photo:FIM/Good Shoot

 日曜日は、最後から二番目のスタートとなったボウが雪辱を果たした。1ラップ目はファハルドが好調だった。インドアのXトライアルではいいところがなかったファハルドだが、実力のある選手だから、風向きが変わればやはりいいところに出てくるものだ。ただし優勝までには至らず。ボウがきっちり試合をまとめて勝利した。
 一方、初日に勝利したラガは、日曜日はいくつかのミスが出て勝利を逃したばかりか、5位まで沈んでしまった。かろうじてランキングは2位だが、セクションがやさしい傾向だと、こういう大きな順位変動が現れるということだ。

12フランスの藤波
Photo:FIM/Good Shoot

 藤波は、日曜日は4位。1ラップ目にふたつの5点が上位進出を阻んだ。しかし2ラップ目には、5点ひとつ、1点ひとつの6点でまとめてまずまず(それでもベストとはいえない)。もし1ラップ目の5点がひとつ少なければ2位だったわけで、藤波もまた、やさし目のセクションの罠にはまったということになる。

12フランス日曜日結果

土曜日のワールド・プロの結果。クリックするとPDFが開きます

 第2戦はオーストラリア。その1週間後が日本大会だから、選手はみなヨーロッパを出てオーストラリア経由で日本にやって来る。今年の日本GPは、時差ボケの影響がないヨーロッパライダーの走りが見られそうだ。

関連記事

2019年12月号電子版できましたー

Honda Thanks Day、全日本最終戦、グラチャンにX-TRIALといえばシーズンの終わりと新しいスタートの季節です。今回は2019…

自然山通信12月号発売中!

Honda Thanks Day、全日本最終戦、グラチャンにX-TRIALといえばシーズンの終わりと新しいスタートの季節です。今回は2019…

MFJトライアル

2020MFJスケジュール

2020年全日本カレンダーが決定した。2019年同様、全日本選手権は7戦が組まれていて、世界選手権はツインリンクもてぎで第2戦として日本GP…

自然山通信オリジナル「壁掛け・2020トライアルカレンダー」プレゼント中!

2020年自然山通信謹製壁掛けオリジナルトライアルカレンダー完成しました。恒例のプレゼント開始しました! (さらに…)…

KLX230skidplate

KLX230用スキッドプレートとトレッキングシートで「トレッキング戦闘力」アップ!

ぱわあくらふとより、KAWASAKI KLX230の戦闘力を上げる「Rikizoh スキッドプレート」と、足つき性を良くする「Rikizoh…

宇宙船の落ちた町

先日、福島第一と福島第二原発の視察というか見学にでかけた。そのとき、いっしょに原発に入った仲間に、根本聡一郎さんがいた。この本の著者だ。 …

Xトライアル2020開幕!

2019年11月にして、早くも2020年のX-TRIALシーズンが始まった。11月16日、インド洋のレユニオン(フランス)での開幕戦は、やっ…

201911/21

地球温暖化?

やっぱり地球は温暖化しているのか、それともただおかしくなっているのか、ここ最近、うちの近所で見られた自然現象はこんなでした。 (さら…

2020年のXトライアル

今年も、アウトドアのシーズンが終わって、Xトライアル(インドア)のシーズンが始まる。いつもなら年が明けてからだけど、今年は11月に2戦が組ま…

自然山通信2019年11月号電子版出来

自然山通信11月号の電子版をご用意しました。オールカラー60ページを、お手持ちのパソコンやタブレット端末やスマートフォンなどの電子端末でお楽…

ページ上部へ戻る