2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 2016高田島ツートラ
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. 2020.04.05

    福島市へ行く
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト沖縄
  27. イベント告知
  28. 2020XTDN延期
  29. イベント(大会)
  30. SSDT中止
  31. イベント(大会)
  32. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  33. リザルト関東
  34. イベント(大会)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(スクール)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト近畿
  45. リザルト沖縄
  46. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

SSDT始まる

2012SSDT

 SSDTが始まった。5月7日が1日目。以後、12日まで過酷なトライアルが続く。
 近年、SSDTのニュースは公式サイトhttp://www.ssdt.org/に詳しい。サイトの主筆はFIMの世界選手権トライアルの報道官も務めているジェイク・ミラーだから情報はピカイチ。ちょっと文才がありすぎるので英語はむずかしいけど、適当に読み飛ばしながらスコットランドの雰囲気をつかんでみてください。
 今年は4人の日本人ライダーが挑戦している。


 エントリーリストはこちら
 日本の4人は、ひとりは和歌山県の辻正義さん。もう何回も出場しているSSDTフリークだけど、お年がお年なのでさぞたいへんかと思われる。辻さんのゼッケンは109番。
 あとの3人は愛知県のチーム・タンデムのみなさん。こちらはまったく素人さんたちで、さぞ壮絶な体験をされることと思う。SSDTは聞いてたいへん、見てみてたいへん、しかし走ってみるとその何百倍もたいへん、というところだから、ぜひ御3人にはがんばっていただきたいと思います。
 チーム・タンデムは、スポンサーシップという、これまでの日本人が経験したことがない枠を使ってのエントリー。いわばワークスチームが参加するように、よけいにお金を払って参加枠を確保するというもので、書類選考で落とされて涙をのむということがない(自然山通信の杉谷は、一度それを経験している)。そういった新しいシステムへの挑戦を含めて、この3人には注目だ。
 チームの大将の杉浦勝好さんが204番、井之前さんが107番、伊藤さんが205番となっている。日本人4人が100番ちがいでふたつに分かれているが、スタートした途端にひとりずつばらばらになるのがSSDTだから(誰かといっしょに走っていては、とても時間に間に合わない)、スタート順はあまり関係がない。
 日本人以外の有名どころとしては、世界選手権に出ているイギリス人ライダー、マイケル・ブラウン、ジャック・チャロナー、ジェイムス・ダビル(2007・2011年優勝)、アレックス・ウイグ(2010年優勝)、そして先般世界選手権からの引退を宣言したドギー・ランプキンもSSDTには名前を連ねている。ランプキンはSSDTでは5回の優勝経験の持ち主だ。
 ランプキン家からはジェイムスとハリーもエントリー。ジェイムスはドギーのいとこでハリーは弟になる。チーム・タンデムのマシンのお世話をしてくれているジョン・ランプキンもドギーのいとこで、ジョンのお父さんがアーサー、ジェイムスのお父さんがアラン、ドギーたちのお父さんがマーチン。3人ともイギリスオフロード界のビッグネームだけど、マーチンだけがSSDT勝利経験がない。しかしマーチンは初めてのトライアル世界選手権の覇者となっている。毎年この季節にはランプキン家の家系を説明していてしつこいですが、SSDTとイギリストライアル事情のいろはだから、今一度おさらいです。
 その他、1981年世界チャンピオン、ジル・ブルガ(フランス)などのビッグネームの参加もあるのですが、このへんは、おいおいご報告させていただきます。

関連記事

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(大会)

8/2ケニーズクラブ30周年記念大会

皆様のおかげで30年続けることが出来ました。感謝感謝。つきましては節目となるささやかな大会と記念品を用意し、お待ち申し上げます。 時節…

イベント(大会)

7/26 Gattiスクール杯

7年ぶりに開催決定!!からコロナの影響受けキャンセルに……。しかし再び開催決定です。 ゆるーいクラス~実戦クラスまで対応したセクション…

ページ上部へ戻る