2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. 2019.11.21

    地球温暖化?
  3. MFJトライアル
  4. イベント(その他)
  5. リザルト中国
  6. リザルト中国
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. MFJトライアル
  13. リザルト近畿
  14. リザルト中国
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. 2019.10.13

    台風一過
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト関東
  22. イベント(大会)
  23. イベント(その他)
  24. MFJトライアル
  25. 2017TDN
  26. トライアル・デ・ナシオン
  27. リザルト関東
  28. リザルト東北
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. リザルト九州
  32. リザルト沖縄
  33. MFJトライアル
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. リザルト中国
  41. リザルト東北
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト中部
  45. リザルト四国
  46. 2019.08.02

    最近の星空
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. リザルト九州
  50. リザルト沖縄
  51. 140ccボアアップセット
  52. リザルト関東
  53. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  54. MFJトライアル
  55. リザルト中国
  56. リザルト関東
  57. リザルト九州
  58. リザルト沖縄

    2019.06.23

    2019沖縄第6戦
  59. リザルト中国
  60. リザルト関東
  61. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウが表彰台逃したアンドラ

1206アンドラのカベスタニーさん

Photo:FIM/Good Shoot

 アルベルト・カベスタニーが優勝した。2012年6月24日、アンドラ大会の2日目のことだった。
 カベスタニーの勝利は2006年アンドラ大会以来のことで、実に6年ぶりの勝利となった。
 土曜日の勝利はトニー・ボウ。藤波がこのとき3位に入っている。日曜日のボウは4位。藤波は5位だった。

1206アンドラのカベスタニー

アンドラのカベスタニー。6年ぶりの勝利

 土曜日はくじ引きで一番スタートを引き、かなり簡単だとされていた第1セクションで5点となるなど、どうにもうまくない戦いっぷりとなってしまったカベスタニー。土曜日の結果は5位と低迷してしまった。この時点でカベスタニーはランキング4位。5位の藤波には6点差まで迫られることになったが、見事、日曜日に藤波を突き放し、ラガとの点差も逆転してランキング3位に浮上した。
 今シーズンのランキング2位争いはとっても熾烈。アンドラの2戦が終了した時点で、ファハルド150点。5点差の145点でカベスタニー。ラガが142点で続いている。藤波は日曜日に5位となったためポイントが130点。いまだ2位争いの輪の中に入るが、上位進出は、ちょっと厳しくなってきた。

1206アンドラの藤波

小指の負傷はそのまま、土曜日に表彰台に乗った藤波

 藤波は前回重傷を負った小指のケガをそのまま、手術しないでアンドラにやってきた。小指だから、重要な操作をする指ではなく、痛みそのものは前回のスペイン大会の時に比べるとずいぶんやわらいだということだが、それでも骨折しているのだから平気のはずがない。事実、前輪を上げたまま(トライアル畑では、つっていく、という)ポイントで充分にハンドルを引けず手が離れてしまって前転するというクラッシュもしてしまった。

1206アンドラの土曜日の表彰台

土曜日の表彰台。3位表彰台がにぎやかなり

 それでも土曜日に3位表彰台に入れたのは、勝負どころのひとつである第4セクションを2点と3点でまとめたことが大きかった。ここは大きくハンドルを引く必要があるとのことで、今の藤波にはこのアクションをするのは無理。トップライダーが正面からアプローチすればクリーンの可能性もあるが、もちろん失敗すれば5点となる。
 藤波は正面からのアプローチは最初からあきらめて、足をついて無理やり走破する手段に出た。3点覚悟だったのだがたまたまうまいこと2点で抜けられたこともあって、このセクションだけを見れば、5点とクリーンでここを抜けたファハルドと同点のトップということになる。
 指の負傷もあって苦戦が予想はされたが、その逆境を逆に自らのラッキーに導いた藤波の勝利の表彰台獲得だった。

1206アンドラのボウ

土曜日は勝利したものの、日曜日はなんと4位のトニー・ボウ

 今シーズン2度目の敗戦。しかも今回は表彰台も逃してしまったトニー・ボウ。実はボウも、前回のスペイン大会でクラッシュして、すねに傷を持つ身となってしまっている。腱が切れかかっているということで、こちらも手術の必要性が問われている。
 幸い、ボウはランキング2位のファハルドに今回で40点差をつけた。次戦のイタリア大会でファハルドに負けなければ(そしてカベスタニーに5点以上ポイント差を縮められなければ)タイトルを決めることができる。早くタイトルを決めて負傷療養に専念させたい周囲と、チャンピオンはもちろんだが1戦1戦の勝利への願望が激しいボウ。イタリア大会と、時間を置いた最終戦イギリス大会(こちらは2日間制)では、勝利の行方とともに、ボウのケガの状態も気になるところとなった。
 今回、ボウは日曜日に4位となったが、これは負傷とは直接関係がない。最後の勝負どころとなった14セクション。1ラップ目には1点で抜けていたが、2ラップ目に別のラインを模索した。ちょうど、すでに4位になれないことが決定的となっていた藤波がすぐ前を走っていたので、藤波がこの別のラインをトライしてみせた。ぎりぎりだったが失敗して5点。これを見てボウは1ラップ目と同じラインでトライしたのだが、しかし5点。
 この5点ひとつが決定的となって、ボウは表彰台から滑り落ちたばかりか、もしここをクリーンしていれば、カベスタニーとは同点ながら優勝していた計算になるのだった。

1206アンドラのラガ

ランキング4位。なかなか本調子にならない戦いが続くアダム・ラガ

 今シーズン、藤波はもちろんだが、なかなか波に乗れないでいるのがアダム・ラガ。今回も日曜日には表彰台に上がったが、コンスタントではなくなってきている。世代交代なのか、しかしカベスタニーの復調などもあり、このトップ5のふんばりは、まだまだあなどれない。
 今回は、いつものアンドラ大会にすればセクションは簡単め。それがミスひとつで順位がひっくり返る要因となった。どうも今年は、これがFIMの方針として定着しつつあるようだ。

1206アンドラのジュニア表彰台

タイトルを決めたフェレルが勝利したジュニアクラス

 なお今回のアンドラで、ジュニアクラス(オープンクラスも)のアレッシャンドレ・フェレル(フェラーとかフェレールとかいろいろ表記しちゃってすいません。フランス人の名前をカタカナで表記するというのが、そもそも無理なのだと思うのです)が、早くもチャンピオンを決めた。ジュニアクラスとユースクラスは、全13戦のうち11戦の高順位を集計してランキングを争う有効得点制なので、連戦連勝のフェレルが早々とタイトル決定となったわけだ。

1206アンドラの野本

野本佳章。注目度満点。

 ヨーロッパでの参戦を続けている野本佳章は、今回はポイント獲得ならず(オープンクラスで)。お客さんの声援に応えて、十八番のバックフリップはちゃんと披露したとのこと。トライアルの成績はともかく、野本の名前は世界のトライアルフィールドで、確実に定着している。

1206アンドラの日曜日表彰台

日曜日の表彰台。珍しい顔ぶれとなった。

■土曜日結果

1206アンドラ結果1日目ワールド

ワールドプロクラス1日目。クリックするとPDFのセクションbyセクションリザルトが開きます
1206アンドラ結果1日目ジュニア
1206アンドラ結果1日目オープン
1206アンドラ結果1日目ユース

■日曜日結果

1206アンドラ結果1日目ワールド
1206アンドラ結果2日目ワールド

ワールドプロクラス1日目。クリックするとPDFのセクションbyセクションリザルトが開きます
1206アンドラ結果2日目ジュニア
1206アンドラ結果2日目オープン
1206アンドラ結果2日目ユース

関連記事

Xトライアル2020開幕!

2019年11月にして、早くも2020年のX-TRIALシーズンが始まった。1月16日、インド洋のレユニオン(フランス)での開幕戦は、やっぱ…

201911/21

地球温暖化?

やっぱり地球は温暖化しているのか、それともただおかしくなっているのか、ここ最近、うちの近所で見られた自然現象はこんなでした。 (さら…

2020年のXトライアル

今年も、アウトドアのシーズンが終わって、Xトライアル(インドア)のシーズンが始まる。いつもなら年が明けてからだけど、今年は11月に2戦が組ま…

自然山通信2019年11月号電子版出来

自然山通信11月号の電子版をご用意しました。オールカラー60ページを、お手持ちのパソコンやタブレット端末やスマートフォンなどの電子端末でお楽…

自然山通信11月号発売中!

世界選手権参戦24年目にして、昨年のランキング5位から3位へジャンプ!チャレンジャー藤波貴久が表紙の11月号発売中!オールカラー60ページ、…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2019最終ランキング(独自集計)

2019年全日本選手権ポイントランキングです。MFJからの発表前の、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位で…

小川友幸が有終の美でV9、7連覇を達成

2019年全日本選手権は、11月3日に宮城県スポーツランドSUGOで最終戦が開催された。 IASは小川友幸が優勝、IAは武田呼人。IB…

イベント(その他)

11/17第一回遠州虫ぼしミーティング

面白いイベントを企画してみました。第一回遠州虫ぼしミーティング、11月17日開催決定!! (さらに…)…

2019全日本選手権最終戦リザルト

2019年11月3日 宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ 観客数:1,200人 IAS:10セクションx2ラッ…

ページ上部へ戻る