2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2013年のシェルコ

2012シェルコとブリスト

シェルコ・ファクトリーのボス、ビクトル・コロメ氏とブリスト。Photo:Sherco moto

 年末を迎えて、各チームのストーブリーグ情報が発表されるようになった。シェルコは、世界ランキング3位を獲得したアルベルト・カベスタニー(スペイン)、ジュニアチャンピオン獲得のアレッシャンドレ・フェレル(フランス)を来シーズンに向けて主力としてしているが、さらに二人のライダーを追加でチーム入りとした。
 女子世界選手権に参戦するエマ・ブリスト(イギリス)とポル・タレス(スペイン)だ。

2012シェルコとポル
2012シェルコとブリスト

ポル・タレス(左)とエマ・ブリストの、パチャウさんとのツーショット

 このふたりの獲得から、シェルコの2013年の戦略を考えてみたり、トライアル界の勢力分布を考えると興味深い。
 エマ・ブリストは女子世界選手権ランキング2位。それまでもイギリスの女子選手としてトップレベルにいたが、本格的に頭角を現したのは、ジェロニ・ファハルドとともにオッサのナンバーワンライダーとして選手権を戦うようになってからだ。
 ファハルドのほうは、残念ながらオッサで求められる結果が得られないまま、古巣のベータに戻ったが、ブリストは初めてランキング2位を獲得して、引き続きオッサとともに戦った。SSDTでの好活躍も含めて、オッサのブリストとして、成功をおさめている印象だった。
 一方、ポル・タレスは、JTGのデビューを飾ったスペインの若手ライダー。JTGの生みの親であるジョルディ・タレスの甥っ子でもある。ユースでデビューした時にはガスガス、そして伯父の開発したJTGでジュニアに参戦と、その戦いぶりは伯父ジョルディの筋書き通りに思えたものだ。
 しかし、結果は期待通りだったのか。ポルは日本GPでは勝利を果たすも、全体的には表彰台の常連というポジションで、それ以上の結果はなかなか得られなかった。若いポルがニューマシンの熟成を担いながら選手権を戦うのは荷が重かったのかもしれないし、自信作が思うように勝ち星を得られないメーカー側の焦燥もあったかもしれない。
 ポルはすでに10月末の時点で、2015年までの契約を交わしている。エマは2年契約だから、2013年と2014年をシェルコとともに過ごすことになる。
 シェルコにとっては、2013年シーズンにこの二人を迎えることで、まず世界選手権ジュニアクラスのタイトルを獲得が濃厚になる(もちろんとれない可能性だってあるけど)。そして女子部門では、おそらく世界チャンピオン獲得は無理にしても、シェルコ人気の高いイギリスのライダーによって、ランキング2位確保が濃厚になる(これもとれない可能性もある。エマと、この前までシェルコライダーだったレベッカ・クックは、まだ互角だから)。
 こういう場面に、社長たるマーク・テシエさんが登場しないのはちょっと不思議な気もするけど、ともあれトライアル部門でのシェルコの世界戦略は、着々と進んでいる。

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る