2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. MINI VANDAL
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト中国
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017お勉強会
  17. リザルト四国
  18. リザルト中国
  19. リザルト中部
  20. 2019モンテッサ
  21. TLR200用キックアーム
  22. Vertigo 2019モデル
  23. 生駒テックオープン
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト四国
  27. リザルト関東
  28. 2017TDN
  29. リザルト東北
  30. MFJトライアル
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト北海道
  38. 1日目優勝のファハルド
  39. イベント(大会)
  40. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  41. リザルト東北
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト四国
  45. リザルト中国
  46. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  47. 全日本R3九州までのランキング
  48. 全日本R3九州リザルト
  49. 2018EMと成田匠.fr
  50. MFJトライアル

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

X-TR、開幕戦はボウ辛勝


FIM-LIVEのダイジェスト動画。有料フルバージョンもあります。

 1月5日、FIM Xトライアル第1戦は、イギリスのシェフィールドで開催された。イングランド島のほぼ真ん中、ビートルズの出身町であるリバプールに近い。
 勝利したのはやっぱりトニー・ボウ(モンテッサ)。その強さは今年も揺るぎない。しかしその実、ボウの勝利は最後の最後までわからなかった。アルベルト・カベスタニー(シェルコ)がファイナルではボウを猛追。その差、わずか1点での、ボウの勝利となった。去年のシーズンはほぼ全戦を圧勝したボウだったが、今シーズンはどうなるのか。まずは、開幕戦でボウにあと一歩まで詰め寄ったカベスタニーに殊勲賞だ。

1301Xボウ
1301Xフェレル

優勝のボウと5位を獲得したフェレル

Photo : Good-shoot.com/FIM

 3位表彰台に上がったのはジェロニ・ファハルド(ベータ)。ファハルドは昨シーズンにベータに再移籍。その最初のシーズンとなったXトライアルシリーズはさんざんな成績だったが、今シーズンはほぼ実力通りの結果を残せたといえるだろう。
 結果、表彰台はスペイン勢の独占となった。当然といえば当然。イギリス勢や日本勢(といってもたったひとりだけど)が表彰台を獲得することは不可能ではないが、インドア慣れや選手層の厚さから、スペインの牙城を崩すのはなかなかに困難と思われる。
 と、今回の表彰台を逃したアダム・ラガの動向はといえば、なんとクォリファイ敗退、7位に沈んでいる。藤波貴久(モンテッサ)はセミファイナルに進出して6位だった。
 2013年Xトライアルには、7名のライダーがノミネートされている。チャンピオンのボウをはじめ、カベスタニー、ラガ(ガスガス)、ファハルドの4名のスペイン勢、藤波、チャロナー、そして昨年のジュニアチャンピオン、アレッシャンドレ・フェレル(シェルコ)。
 さらに今回は、地元イギリスからジェイムス・ダビル(ベータ)とマイケル・ブラウン(ガスガス)の2名と、イタリアのマテオ・グラタローラ(ガスガス)を加えて総勢10名で開催された。スペイン4名、イギリス3名、日本、フランス、イタリアが1名ずつ、ベータとガスガスが3台ずつ、モンテッサとシェルコが2台ずつという概要だ。

1301Xファハルド?

たぶんファハルドだと思う。ベータであることはまちがいない

Photo : Good-shoot.com/FIM

 クォリファイを楽勝で通過したのはボウ。5セクションを2点で走り抜けた。続くはファハルドで9点だったが、カベスタニーが10点、ダビルが11点、藤波とフェレルが12点と続く。ここまでの6名かセミファイナル進出。13点のラガは、14点のブラウンや18点のグラタローラ、チャロナーとともにここで試合を終えることになった。
 同点のグラタローラとチャロナー、藤波とフェレルは同点決戦のセクションを走る。グラタローラとチャロナーはこれが最終順位となるし、藤波とフェレルはファイナルで同点だった場合に、クォリファイの結果が最終結果に反映されるからだ。グラタローラとチャロナーはタイム差でチャロナーの勝ち、フェレルは藤波に勝利するため急いだか、1点をついてしまって藤波の勝ちとなった。

1301XTRクォリファイ結果

画像を別に開いていただくと、もう少し大きくなって、文字が読み取れると思います

 セミファイナルでは、6名から4名に絞られる。最初のダブルレーンは6位と5位、4位と3位、2位と1位が決戦する。勝ったのは藤波、カベスタニー、ボウだった。フェレル、ダビル、ファハルドが1点減点として、残る4セクションで勝敗を決する。
 ここでは、ボウがオールクリーン。減点ゼロでファイナルに進出した。続くはカベスタニー。最終セクションのタイムオーバー(持ち時間を30秒すぎるごとに1点減点)の1点減点のみ。ファハルドは第2セクションで1点減点、最終セクションで2点減点のタイムオーバー減点が2点、さらにダブルレーンでの1点を加えて、全部で5点でファイナル進出となった。
 残るは藤波とフェレルとダビル。去年のノミネートライダーの意地をかけて藤波がファイナルに進出したいところだったが、藤波は第1セクションで2点減点。ここはフェレルは5点だったがダビルはクリーン。これで戦況はダビルに傾いた。残る3セクションはダビル、藤波とも5点だった。ところが第2セクションをフェレルがクリーン。フェレルは昨シーズンからXトライアルで活躍を見せ始めていたが、その走りが本物なのを再確認させられた。

1301X会場

会場。ダブルレーンは、クルマを踏み越えていく設定だ!

Photo : Good-shoot.com/FIM

 藤波、フェレル、ダビルの3人は、4セクションのうち3セクションで5点。これに藤波は第1での2点、フェレルとダビルはダブルレーンでの1点減点が加わり、藤波は17点、フェレルとダビルは16点。まず、藤波のセミファイナル敗退が決まった。同点のフェレルとダビルについては、クォリファイの成績によって順位が決まるので、ダビルのセミファイナル4位が決定。フェレルは藤波同様セミファイナル敗退が決まったが、成績は藤波の上を行く5位となった。

1301XTRセミファイナル結果

画像を別に開いていただくと、もう少し大きくなって、文字が読み取れると思います

 そしてファイナル。ここまでくると、残念ながらダビルに活躍の目はほとんどない。最初のダブルレーンでは、ボウとファハルドが勝利し、カベスタニーとダビルは1点減点からファイナルをスタートすることになった。
 第1セクションは3名のスペイン勢がクリーンして、ダビルが5点。第2は全員が5点となったが、第3はダビルとファハルドが1点+タイムオーバーの1点。最終セクションはファハルドが5点となるも、ダビルも2点+タイムオーバー1点で3点。ファイナルのトータルは、ダビルが16点、ファハルドが12点。これにセミファイナルの減点を足して、ダビルが32点で4位決定。ファハルドが18点で3位となった。
 問題は優勝争いだ。ここまで、セミファイナルでは1点、ダブルレーンで1点、ボウはカベスタニーにアドバンテージをとっている。残る4セクションで、ボウはカベスタニーに2点以上差をつけられなければ優勝が決まる。というか、いつものボウなら、そんな計算をしなくたって勝利するはずだった。しかし2013年の開幕戦は、様子がちがった。

1301Xカベスタニー

あと1点差で勝利だったカベスタニー

Photo : Good-shoot.com/FIM

 第3セクションまでまったく互角で来たボウとカベスタニーだったか、最終セクションでボウが戸惑った。足をついて時間内にセクションアウトするか、時間をかけてクリーンを守るかむずかしい判断となったが、ボウはクリーンを選んだ。結果、タイムオーバー1点でここを抜け、その差わずか1点でボウが開幕戦の勝利者となった。
 Xトライアル、次戦は2月10日バルセロナで開催される。

1301XTRファイナル結果

画像を別に開いていただくと、もう少し大きくなって、文字が読み取れると思います
1301X藤波

残念、開幕戦は6位の藤波

Photo : Good-shoot.com/FIM

関連記事

HONDA TLM50最強アンダーガード登場

三谷モータスポーツより、TLM50用・最強アンダーガードが発売されました。17Sジュラルミン製です。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/14・11/18わびさびトライアル大会

「嵐山不老天狗わびさびトライアル大会」 山梨県のトライアルチーム嵐山不老天狗より、10月、11月開催の大会のお知らせです。 (…

2016高田島ツートラ

11/4高田島「廃道」ツーリングTR

11月4日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

『力造』HONDA TLM50用スキッドプレート発売!

「ぱわあくらふと」の力造ブランドから、HONDA TLM50 用スキッドプレートが発売されました。ステアケース、ガレ場など今以上に戦闘力アッ…

MINI VANDAL

MINI VANDALが加わる2019 Vertigo

Vertigoシリーズに子供用トライアルマシン、MINI VANDALが登場することになった。50ccと60ccがあってタイヤサイズが違うた…

HEBOの新型トライアルブーツ登場

スペインのHEBOより新型トライアルブーツが登場しました。さらに使いやすく軽量に。トライアルを熟知したメーカーが、理想的なブーツを完成させま…

アベ精工のTRRS用アルミサイドスタンド

アベ精工よりストロングタイプの「TRRS用アルミサイドスタンド」が発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2018年9月号電子版

自然山通信電子版のご用意ができました。 紙に印刷した自然山通信と同じものを、PDFとして作成してあります。 ご購入、ダウンロードの上、お…

20189/5

自然山通信9月号発売中!

自然山通信9月号発売中です。お知らせが遅くなってしまいましたが、9月2日に開催された全日本選手権R5中国大会の公式プログラム掲載号となります…

2018全日本ランキング(〜第5戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

ページ上部へ戻る