2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

バルセロナで藤波が3位



FIM-LIVEのダイジェスト動画。フルバージョンはお金を払って見てください。

 2月10日、Xトライアル第2戦は、スペインのバルセロナで開催された。インドアトライアルの中でも、規模といい、トライアルのメッカ、バルセロナでの開催といい、もっとも重要なインドアとされている大会だ。
 優勝はお定まりのトニー・ボウ。開幕戦はアルベルト・カベスタニーに詰め寄られたが、今回は圧勝といってよかった。2位は前回表彰台を逃したアダム・ラガ。そして3位表彰台に、やはり前回表彰台を逃していた藤波貴久が入った。

1302X2_藤波

セミファイナル以降、藤波らしい切れ味を発揮。見事表彰台を獲得した。

 バルセロナは、トライアルのメッカ。世界のトライアルメーカーは、ほとんどがバルセロナに拠点を持っている。しかも、ライダーの出身もバルセロナ近郊が多い。マンマシンともに地元での戦いは、いつにも増して気合いが入るところだ。

1302X2_会場

外周はエンデューロ。内側がトライアルの会場となっている

 会場は、ここ数年の恒例となった、インドアエンデューロとの併設。外周をエンデューロが走り、インフィールドにトライアルのセクションがある。
 スペイン製のインドアセクション(構造物はいつもだいたい同じもので、インドアスペイン選手権でも同じものを使うことが多い)は高さのあるトリッキーなものが多い。今年はだいぶ傾向が和らいだというが、それでもスペインのインドアの特徴は保っている。

1302X2_ボウ

トニー・ボウ。ウェアの色あいがちょっと変わった。

 クォリファイは8名が出走。ランキング順(イコール開幕戦の順位だが)の下位4名でくじ引き、上位4名でくじ引きをした結果、最初に走るのがチャロナー。以下、ラガ、グラタローラ、藤波となった。上位4名はボウ、ファハルド、カベスタニー、フェレル。ルーキーのフェレルは、前回5位となったおかげで、いきなりオオトリを務めることになった。

1302X2_グラタローラ
1302X2_フェレル

7位と8位に終わったマテオ・グラタローラ(左)とアレッシャンドレ・フェレル

 ここで好調だったのがラガ。ふたりめの出走順と、くじ運は悪かったが、第2セクションで1点をついただけのたった1点で5セクションを走り終えた。チャロナーは第1での1点以外は全部5点、グラタローラはすべて5点。そして藤波は、第1セクションで5点となって第3で1点。チャロナーと同点となって上位陣の結果を待つことになった。上位陣の4人が全員藤波とチャロナーの減点を上回れば、ラガと合わせて5人のセミファイナル進出が決まる。そうなれば、最後の1名は藤波とチャロナーのタイブレイクの結果次第ということになる。
 上位陣、最初に走ったボウはあっさりオールクリーン。続くファハルドは5点二つで10点。カベスタニーも5点となったセクションは異なるものの10点。ボウ、ラガ、ファハルドとカベスタニーのセミファイナル進出は決まった。
 最後に走ったフェレルは、前回の好調ぶりはどこへ。やはりルーキーらしい走りとなってしまってオール5点。これでセミファイナル進出は、21点で同点となっていた藤波とチャロナーの二人に決まった。ボウとは21点差、ファハルドらとも11点差だが、クォリファイの結果はこの先は同点とならない限りは参照されないから、セミファイナルについてはゼロスタートの気分で臨める。

1302X2_クォリファイ結果

■セミファイナル
 ボウ、ラガ、ファハルド、カベスタニー、藤波、チャロナーの6人によるセミファイナル。
 クォリファイはお客さんがいない非公開で、ひとりが5セクションを走る形式だったが、ここからはひとりが1セクションずつ走って勝負を決める。
 セミファイナルの最初のメニューであるダブルレーンは、藤波、ファハルド、ボウが勝利した。スペイン人4人と日本人とイギリス人による戦いの始まりだ。

1302X2_チャロナー

イギリス代表チャロナーは第1セクションはクリーンするも……

 最初にトライするのはチャロナー(クォリファイで藤波とタイブレイクをおこない、藤波が勝利したから)。第1のチャロナーはタイムオーバーの1点(クリーンしても、制限時間をすぎると30秒ごとに1点の減点となる)、藤波も同じようにタイムオーバーの1点だった。他の4人はクリーンだった。
 第2セクションではチャロナーだけが5点。藤波がタイムオーバーの1点で、他の4人はクリーン。セミファイナルは4セクションのみの短期決戦だ。第2セクションを終えたところでチャロナー7点、藤波2点、カベスタニーとラガが1点、ファハルドとボウは0点。チャロナーと藤波はセミファイナル敗退の恐れが出てきた。

1302X2_カベスタニー

前回2位から、今回は……。アルベルト・カベスタニー

 第3セクション。チャロナー5点の後、藤波がここをクリーン。その後にトライしたカベスタニーとファハルドが5点となった。ラガとボウはクリーン。これでチャロナー11点でセミファイナル敗退が決定、カベスタニー6点、ファハルド5点、藤波2点、ラガとボウが0点となって、最後のセクションとなった。
 最後のセクションは、結果ボウを含む全員が5点。ファイナル進出は、ボウ(5点)、ラガ(6点)、藤波(7点)、ファハルド(11点)。カベスタニー(12点)とチャロナー(17点)がセミファイナル敗退となった。

1302X2_セミファイナル結果

■ファイナル
 今年2回目のXトライアル、ファイナル。最初のダブルレーンでは、ボウとファハルドが勝利者となった。藤波とラガは負けて1点減点。
 ちょっと前は、ダブルレーンは藤波が強かったのだが、最近のXトライアルではダブルレーンが勝負に影響するウエイトが大きくなり、参加ライダーみんながダブルレーンに強くなっている。中でも抜きんでているのはボウだが、それ以外のスペイン勢と藤波は、ダブルレーンについてはほぼ同レベルとなっている印象だ。

1302X2_ファハルド

今回は4位。ジェロニ・ファハルド

 第1セクションは、ボウとラガがクリーン。ラガはタイムオーバー1点があり、藤波は1点にタイムオーバー1点。さらにファハルドは1点とタイムオーバー2点。
 第2セクションはファハルドと藤波が5点、ボウは減点2にタイムオーバー1点。ボウはクリーンするもタイムオーバー1点。しかしここまで、セミファイナルの順位の逆順に減点を重ねていくから、順位の変動は起こりにくそうだ。
 第3セクションは、ボウ以外の3人が全員5点。わかりやすいが、勝負の流れは単純になってしまった。

1302X2_ラガ

最後は離されてしまったが、今回ボウに肉薄したのは、アダム・ラガだった。

 そして最後の第4セクション。ここで藤波が踏ん張った。5点となったのはファハルドとラガ。藤波は減点1にタイムオーバー2点の3点。ボウはクリーンでタイムオーバー1点(それにしても、Xトライアルのルールは文字にすると分かりにくい)。
 ファイナルの4セクションとダブルレーン、それにセミファイナルの減点を全部加えると、優勝のボウは7点。2位はラガで21点、藤波が3位で23点だった。ファハルドはちょっと離れて28点。
 終わってみれば、藤波は2位も狙えた結果だった。前回7位のラガが躍進で2位、前回2位のカベスタニーが5位と、今年は順位の変動が大きいのはおもしろい。ただし1位はどうやら安泰のようだ。

1302X2_ファイナル結果

 ランキングはボウが40点でダントツ。カベスタニーとファハルドが21点で同列ランキング2位。ラガが19点、藤波が17点で続いている。
 次回第3戦はスペインのマラガ。全日本開幕戦が開催されるはずだった3月2週目の土曜日となる。

2013バルセロナの藤波

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る