2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJ
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト中部
  20. 2017TDN
  21. トライアル・デ・ナシオン
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. 2017お勉強会
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. イベントリザルト
  28. リザルト中国
  29. リザルト中国
  30. TRJ / MFJ
  31. イベント(その他)
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. リザルト九州
  35. TRJ / MFJ
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(スクール)
  43. リザルト関東
  44. イベント(大会)

トライアル・デ・ナシオン

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

SSDTその3日目

13SSDTのゴメス

SSDT 3日目のサンドラ・ゴメス。Photo:Jake Miller

 水曜日のSSDTが終わっています。なかなかの大接戦、トップの4人が、3日間を終えて10点以内のスコアで帰ってきています。
 京藤一栄さんは、がんばっています。しかもだんだんタイムオーバーが少なくなってくる。この学習能力はすごいんじゃないでしょうか。どんながんばりかたをしているのかなぁ。


  トップはアレックス・ウイグ。2010年に優勝経験を持つウイグは、この日を3点でまとめ、トータル5点でトップに出ました。前の日にトップだった選手は、次の日に黄色いゼッケンをつけることになっているのですが、この日はサム・コナーとともに黄色いゼッケンをつけたウイグ。見事に黄色いゼッケンを守りきりました。
 2位はやはりこの日3点のドギー・ランプキン。ドギーは初日に3点を取ってしまってその分トップに出られずにいますが、30セクション走って3点だとトップに出られないというのは、SSDTを走ったことがある人ならびっくり仰天だと思います。
 3位は、黄色いゼッケンをつけてスタートしたサム・コナー。この日5点取ったので3位に後退です。この日トップだったのは、2世代に渡るSSDTのベテラン、ダン・ソープ。30セクションを1点でまとめてきました。この結果で、ソープは4位まで浮上してきたのです。
 でも勝負はまだまだ。5位は11点で、しかも3人もいる。12点は4人。このあたりまでなら、トップ選手の足のつきかた次第では、充分勝利のチャンスがあります。前日まで3点だったマイケル・ブラウンは、この日は10点でトータル13点、11位に後退しました。こういうことがあるということは、ライバルにもこういうことが起こり得るということです。
 ひとつ訂正。グラハム・ジャービスが、なんて書いちゃったけど、まちがい。ジャービスは参加していない模様です。グラハム・ジェイムスを読みまちがえました。参加選手280人もいて、有名選手も並の選手もいっしょに並んでいるから、まちがえやすいです(いいわけ)。
 新人選手の順位を争うニューカマークラスでは、スペインのフランチェスク・モレットがトータル29点でトップ。この戦いの34位につけるのが、サンドラ・ゴメスです。今年はオッサの契約ライダーとなっていっそうの飛躍の年にしたいサンドラ。この日は20分のタイムオーバーがあってトータル減点は200点を超えて209点。
 ゴメスは女性部門では3位ということなりますが、トップはあいかわらずエマ・ブリスト。この日23点でトータル55点。総合でも51位というのだから、すごいです。ただし22点という数字は、きのうほど驚異的なものではない。2位ベッキー・クックのこの日の減点は29点だから、もう少しでその日の女性部門の1位でした。クックは今105位。そして女性部門3位がケティ・サンターで4位がゴメスです。
 世界選手権ではサンターとゴメスには大きな実力差がありますが、SSDTでは立場逆転。サンター143点に対してゴメス209点。ゴメスにはこの日20点のタイムオーバーがありますがそれでもサンターが勝っています。SSDTとは不思議なところ、いってみなければわかりません。もしかしたら、走ってみないとわからないのかもしれません。
 そして5位が京藤さんです。京藤さんは、さすがにこの4人からは離されますが、そしてリザルトの一番最後の方に並んではいますが、この日のタイムオーバーはたったの9分。そしてそして、クリーンが1個ありました。ゴメスが3点になったセクションで、クリーンです。すごいですねー。あと3日、どうかがんばってください。

関連記事

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

202212/22

1/22新春糸島トライアル大会

2023年1月22日(日) 新春糸島トライアル大会 開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る