2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウ、ようやくリーダー奪還のスペイン

1306スペインで優勝のボウ

 6月23日、スペインはマドリードの北西のボブラドーラで、スペインGP開催された。優勝はトニー・ボウ。これでようやく今シーズン初めての2連勝。アンドラで奪われていたランキングトップの座も、取り戻している。藤波は2位争いをしながらも4位。

130623spain.jpg

早くも頂上決戦。アダム・ラガ(左)と白いゼッケンをつけるトニー・ボウ

 今回の世界選手権は第4戦、そして7回目のトライアルとなる。第1戦は日本GPもてぎ、第2戦はアメリカ、第3戦はアンドラと数えるのが一般的だが、今回のスペインGPは日曜日1日しか試合がない。2日間のGPと1日だけのGPが、両方第何戦と勘定されるから、シーズンでいったい何戦があったのかがわかりにくい。こういうあいまいさを残したまま進んでいくのが、ある意味のヨーロッパでもある。
 さて、アンドラ大会の1日目でランキングが入れ替わって、アンドラの日曜日と今回と、2回連続で白いゼッケンをつけることになったトニー・ボウ。
 いま世界選手権では、ランキングトップの選手は黒いゼッケンを着用することになっている。これまで、黒いゼッケンといえばボウの専売特許だったが、ボウ以外の選手が着用することもあるんだなぁというのが、アンドラの結果で得た再確認事項だった。
 セクションは、2年前とほとんど同じだったというから、2年間のマシンやテクニックの向上っぷりを差し引いても、ノンストップルールにはむずかしいのではないかと思われたが、ボウとラガはもっとむずかしくしろと主催者に迫ったという。
 しかし開けてみたら今回のオブザーバーは、アンドラよりもさらに厳しかった。結局、日本、アメリカ、アンドラ、スペインと、採点の携行はいまだ統一されておらず、アメリカで甘めになったかと思えばアンドラで厳しくなりスペインでさらに厳しくなり、いっこうに統一見解が出てくる気配がない。
 ノンストップルールのおかげで、ボウの独走が阻止されているのはどうやら明らかだ。特に、ノンストップ向けの味つけをしてセクションが簡単になったらその携行は顕著で、今回のように5点の多い大会となると、それでも相変わらず、ボウは強い。
 12セクション3ラップの1ラップ目、ボウは早くも独走体制をつくりつつあった。2番手はアルベルト・カベスタニー、3番手が藤波貴久だった。ボウのチャンピオン争いのライバルのラガは、1ラップ目には8位とびっくりの低迷ぶり。ただし2位カベスタニーは25点、3位藤波は35点で、8位ラガが40点だから、接戦が繰り広げられていたわけだ。
 2ラップ目3ラップ目、ボウは1ラップ目のアドバンテージをしっかり守り、ラガの追撃を突き放して勝利した。1ラップ目のスコアを見れば、今日も安心してみていられる試合であることにはまちがいないのだが、今シーズンのボウはちょっとあやういところがあるから、1ラップ目のアドバンテージを守った今回のボウの勝利は、シーズンの行く末を占う意味でも、重要な結果となるにちがいない。
 それにしてもしぶといのはラガだ。1ラップ目の結果のまま、8位で試合を終えていたら、チャンピオン争いもいきなり厳しいものになる。しかしラガは2ラップ目3ラップ目とよくもりかえして、最後には2位カベスタニーと同点までたどりついた。そしてクリーン数はラガが3つ多く、これでラガの2位が決定だ。優勝はできなかったが、最後には2位のポジションまで復活してくる勝負強さ。ラガの強さも、あらためてこの大会で光っている。
 ラガが8位から2位に浮上してきたため、藤波は4位。カベスタニーがランキング争いでついに藤波と同点で並んだが、優勝経験のある藤波がランキング3位をキープしている。

1306スペインでは4位の藤波

スペインでは2位争いをしながら4位となった藤波貴久

■ワールドプロクラス結果

2013スペインワールドの結果

結果表をクリックすると大きくなります。セクションごとの結果はこちらをクリックください

■ジュニアクラス

2013スペインジュニアの結果

結果表をクリックすると大きくなります。

■125ccクラス

2013スペイン125ccの結果

結果表をクリックすると大きくなります。

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理された方は以下の通り…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る