2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. 2017お勉強会
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(大会)
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. 2020.04.05

    福島市へ行く
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト四国
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト沖縄
  29. イベント告知
  30. 2020XTDN延期
  31. イベント(大会)
  32. SSDT中止
  33. イベント(大会)
  34. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  35. リザルト関東
  36. イベント(大会)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト沖縄

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

第1戦2日目、藤波は4位……

4位となった日曜日の藤波

2日目の藤波は4位へ
ランプキン

2日目、圧勝したランプキン

2日目ランプキン優勝。藤波貴久4位へ。
世界選手権第1戦アイルランド大会・2日目
北アイルランド・Bangor
世界選手権第1戦アイルランド大会の2日目。朝10時より第1ライダーがスタート。昨日より天候は良好だ。
本大会の勝負所である第2セクションの大ステアケース前ではライバルの走りを観察しようと、選手達はなかなかセクションインしない。優勝争いをする藤波とランプキンらは20〜30分程は下見をしている程だ。
スタート順の早い野崎が先にトライ。ステアの頂点まで届かず失敗。このステアケースを得意とする黒山も失敗してしまった。
昨日2ラップ共に登れなかったランプキンは、失敗することなくきれいに登り切りクリーン。それを見た藤波はわずかに足りずに1点の失点である。ランプキンはこのクリーンをきっかけに安定した走りを持続していった。
以降ランプキンと藤波は接戦を続けたが、12セクションで藤波が後輪振りの最中のエンストによる5点。以降藤波は自分のペースを乱す結果となる。


1ラップ目トップは計11点のランプキン、2番手に16点の藤波、3番手に18点のフレイシャ、4番手は20点のカベスタニーと続く。
2ラップ目の第2セクションはランプキンの1点に対し藤波は2点。マディーの急斜面の第7セクション。ほとんどのライダーがベタ足の3点で抜けてゆく中を、ランプキンは見事なグリップ力でクリーン。藤波もここは3点だった。
藤波はさらに第12、13セクションを続けて5点。対するランプキンは共にクリーンしてゴール目指してゆく。
ランプキンは総合計22点で圧勝。2位は35点のカベスタニー、3位は39点のラガ、そして藤波は40点で4位に転落してしまう。昨年の同会場における開幕戦と同じく藤波は1日目優勝2日目4位という結果となる。
◎藤波貴久「振り返れば、今日は自分の本来の走りをしてませんでした。逆に今日のランプキンは昨日と違って自分の走りを取り戻していたと思います。2日間とも勝てないという理由はメンタルなところにあると思います。今日の反省点を元にメンタルな面を克服して行こうと思います。」
◎ランプキン「1日目は自分自身がとてもナーバスになっていたと思います。しかし今日は自分本来の走りを持続することができました。シーズン通して今日のペースを維持していきたいと思います。」
◎黒山健一「特に問題もなかったですし、いつものペースで走れました。2ラップ目はけっこういい点で回れましたが(18点)、やはり前半が悪かったので取り返せませんでした。」
◎野崎史高「ケガの治療の練習不足でした。でも、それを言い訳にはしたくないです。日本大会までには体調を調整したいと思います。」

黒山の走り

黒山は2日共に7位
野崎史高

2日目17位、野崎史高

世界選手権第1戦アイルランド大会結果(4月4日(日)/2日目)
1位 ドギー・ランプキン 22
2位 アルベルト・カベスタニー 35
3位 アダム・ラガ 39
4位 藤波貴久 40
5位 ジェロニ・ファハルド 45
6位 マルク・フレイシャ 45
7位 黒山健一 52
8位 グラハム・ジャービス 54
17位 野崎史高 104
○世界選手権シリーズポイント
1 -ランプキン 37/1-藤波貴久 33/3-カベスタニー 32/4-ラガ 28/5-ファハルド 21/6-フレイシャ 21/7-黒山健一18/8-ジャービス 15

関連記事

イベント(大会)

9/22第35回まどろみトライアル

第35回まどろみトライアルの開催について (さらに…)…

イベント(大会)

8/23里山トライアル

第57回里山トライアル大会 (さらに…)…

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

ページ上部へ戻る