2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. TRJ / MFJ
  5. TRJ / MFJ
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(スクール)
  12. リザルト関東
  13. イベント(大会)
  14. TRJ / MFJ
  15. TRJ / MFJ
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト中国
  23. MFJトライアル
  24. リザルト東北
  25. リザルト関東
  26. リザルト関東
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. TRJ / MFJ
  30. TRJ / MFJ
  31. TRJ / MFJ
  32. MFJトライアル
  33. リザルト関東
  34. TRJ / MFJ
  35. リザルト中国
  36. リザルト関東
  37. トライアル・デ・ナシオン
  38. 2017TDN
  39. リザルト関東
  40. イベント(その他)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(その他)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波、まず1日目を勝利

0405wct3fujif.jpg
「ウイダー日本グランプリ」1日目(土曜)
藤波貴久優勝!!
世界選手権第3戦日本大会「ウイダー日本グランプリ」
栃木県/ツインリンクもてぎ
5月22日、もてぎは、またも雨だった。台風2号は金曜日のうちに通過して、金曜午後には汗ばむほどの陽気になったのだが、明けて土曜日は、朝から霧に包まれ、そのうちしとしと雨も降ってきた。昨年のように本降りではないのがせめてもの救い。
ここまでランキング3位の藤波は、ここで一気にライバルに追いつき、追い越したい。その勢いが、そのまま結果に出た。1ラップ目、藤波の減点はたったの2点。クリーンにリスクのある第1セクションと難セクションの第8セクションの2ヶ所で1点ずつをとったのみ。圧倒的な強さを見せつけた。ランキング争いのライバル、ラガは1ラップ目6位と出遅れ、ランプキンは2位。ランプキンのしぶとさはあいからずだ。

0405wct3fujis.jpg

ところが2ラップ目、この調子のよさが、逆に2ラップ目の藤波の足を引っ張ることになった。1ラップ目にクリーンした6セクションで1点つくと、3点、そして5点と調子を崩していく。この5点は、カードへの接触をとられたものだった。さらに12セクションでも1点をついて、ここでついにランプキンに1点差に迫られた。もう1回も足をつけない緊迫の状況だ。
ここから藤波がふんばった。残る3セクションをすべてクリーンして、わずか1点差ながら、3年連続、ウイダー日本GPの1日目の勝利を飾った。
ラガは2ラップ目に3点で追い上げ3位。ランキングのトップ3が表彰台を占め、ランキングはランプキンが再びトップ。1点差でラガ、藤波がランプキンに3点差で3位となっている。
すべてのトライアル関係者の注目を集めたホンダRTL250Fは、小川友幸のライディングでデビュー。初めてのワークスチームでの大会、初めての4ストローク、しかもニューマシンのデビュー戦と、初めてづくしの小川は1ラップ目を11位、しかもタイムオーバー7点。しかし2ラップ目の小川は文句なしだった。1点以上の減点はなし。2ラップ目だけでいえば、なんと3位の好成績。この日の結果は9位だった。
小川自身のライダーとしての実力をいかんなく見せつけたのはもちろん、4ストロークの可能性を実証した貴重なリザルトとなった。
この小川に5点差で8位となったのは黒山健一。黒山はスタート直後に電気トラブルが発生し、長い修理を経て試合をはじめることになった。このタイムオーバーが6点。これがなければさらに上位に食い込めるところだったが、楽しく世界選手権を戦う姿が印象的だった。

0405wct3fujip.jpg

今シーズン、ここまで1ポイントも獲得していない野崎は、はじめてまともに世界選手権を戦い、10位。大きな満足を得ていた。
11位にトニー・ボウをはさんで12位に「あと20点は減点を減らせたはず」とくやしがる田中太一。背中にダメージを負っている渋谷が13位に入った。世界選手権第3戦日本大会1日目結果
1 藤波貴久 13点
2 ドギー・ランプキン 14点
3 アダム・ラガ 18点
4 グラハム・ジャービス 28点
5 マーク・フレイシャ 30点
6 ジェロニ・ファハルド 36点
7 アルベルト・カベスタニー 37点
8 黒山健一 42点
9 小川友幸 47点
10 野崎史高 48点
11 アントニオ・ボウ 57点
12 田中太一 60点
13 渋谷勲 67点
14 シャウン・モリス 68点
15 タデウス・ブラズシアク 75点
○世界選手権シリーズポイント
1 -ランプキン 84/2-ラガ 83/3-藤波貴久 81/4-カベスタニー 67/5-フレイシャ 60/6-ファハルド 50/7-黒山健一44/8-ジャービス 40

関連記事

7月17日は全日本北海道

全日本選手権は、第4戦が7月17日に開催される。第4戦は北海道大会だ。 (さらに…)…

イベント(大会)

8/21第80回里山トライアル

○第79回里山トライアル大会  開催日:2022年8月21日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

7/10里山初級者トライアル大会

○里山初級者トライアル大会  開催日:2022年7月10日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

7/3ファミリートライアルのお知らせ!

急ですが、中止となった「トムスカントリー」の代わりに「ファミリートライアル」を開催することになりました! (さらに…)…

自然山通信2022年6月号電子版お届けしますー

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、こちらはPDFで配信する電子版です。 お手元の電子機器、…

2022年版トライアルGPの楽しみ方

本日、いよいよ開幕する世界選手権「トライアルGP」。どうやって楽しんだらいいのかわからないからちゃんと紹介しろというお声をいただいたので、ち…

小川毅士、武田呼人、日本人のT2
世界選手権開幕直前情報

今週末、いよいよ世界選手権、トライアルGPが開幕する。6月の開幕は、記憶の限り、最も遅い開幕になる。土曜日、日曜日の2日間制、開幕戦はスペイ…

自然山通信6月号発売!

自然山通信6月号発売中!SSDT(スコットランドの6日間トライアル)でドギー・ランプキンが13回目の勝利。そしてSSDTに初めて電動バイクが…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第3戦関東大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年6月5日 ●栃木県茂木町モビリティリゾートもてぎ 天候:曇りのち晴れの…

ページ上部へ戻る