2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波、まず1日目を勝利

0405wct3fujif.jpg
「ウイダー日本グランプリ」1日目(土曜)
藤波貴久優勝!!
世界選手権第3戦日本大会「ウイダー日本グランプリ」
栃木県/ツインリンクもてぎ
5月22日、もてぎは、またも雨だった。台風2号は金曜日のうちに通過して、金曜午後には汗ばむほどの陽気になったのだが、明けて土曜日は、朝から霧に包まれ、そのうちしとしと雨も降ってきた。昨年のように本降りではないのがせめてもの救い。
ここまでランキング3位の藤波は、ここで一気にライバルに追いつき、追い越したい。その勢いが、そのまま結果に出た。1ラップ目、藤波の減点はたったの2点。クリーンにリスクのある第1セクションと難セクションの第8セクションの2ヶ所で1点ずつをとったのみ。圧倒的な強さを見せつけた。ランキング争いのライバル、ラガは1ラップ目6位と出遅れ、ランプキンは2位。ランプキンのしぶとさはあいからずだ。

0405wct3fujis.jpg

ところが2ラップ目、この調子のよさが、逆に2ラップ目の藤波の足を引っ張ることになった。1ラップ目にクリーンした6セクションで1点つくと、3点、そして5点と調子を崩していく。この5点は、カードへの接触をとられたものだった。さらに12セクションでも1点をついて、ここでついにランプキンに1点差に迫られた。もう1回も足をつけない緊迫の状況だ。
ここから藤波がふんばった。残る3セクションをすべてクリーンして、わずか1点差ながら、3年連続、ウイダー日本GPの1日目の勝利を飾った。
ラガは2ラップ目に3点で追い上げ3位。ランキングのトップ3が表彰台を占め、ランキングはランプキンが再びトップ。1点差でラガ、藤波がランプキンに3点差で3位となっている。
すべてのトライアル関係者の注目を集めたホンダRTL250Fは、小川友幸のライディングでデビュー。初めてのワークスチームでの大会、初めての4ストローク、しかもニューマシンのデビュー戦と、初めてづくしの小川は1ラップ目を11位、しかもタイムオーバー7点。しかし2ラップ目の小川は文句なしだった。1点以上の減点はなし。2ラップ目だけでいえば、なんと3位の好成績。この日の結果は9位だった。
小川自身のライダーとしての実力をいかんなく見せつけたのはもちろん、4ストロークの可能性を実証した貴重なリザルトとなった。
この小川に5点差で8位となったのは黒山健一。黒山はスタート直後に電気トラブルが発生し、長い修理を経て試合をはじめることになった。このタイムオーバーが6点。これがなければさらに上位に食い込めるところだったが、楽しく世界選手権を戦う姿が印象的だった。

0405wct3fujip.jpg

今シーズン、ここまで1ポイントも獲得していない野崎は、はじめてまともに世界選手権を戦い、10位。大きな満足を得ていた。
11位にトニー・ボウをはさんで12位に「あと20点は減点を減らせたはず」とくやしがる田中太一。背中にダメージを負っている渋谷が13位に入った。世界選手権第3戦日本大会1日目結果
1 藤波貴久 13点
2 ドギー・ランプキン 14点
3 アダム・ラガ 18点
4 グラハム・ジャービス 28点
5 マーク・フレイシャ 30点
6 ジェロニ・ファハルド 36点
7 アルベルト・カベスタニー 37点
8 黒山健一 42点
9 小川友幸 47点
10 野崎史高 48点
11 アントニオ・ボウ 57点
12 田中太一 60点
13 渋谷勲 67点
14 シャウン・モリス 68点
15 タデウス・ブラズシアク 75点
○世界選手権シリーズポイント
1 -ランプキン 84/2-ラガ 83/3-藤波貴久 81/4-カベスタニー 67/5-フレイシャ 60/6-ファハルド 50/7-黒山健一44/8-ジャービス 40

関連記事

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

イベント(大会)

202210/18

12/25里山忘年トライアル大会

○里山忘年トライアル大会  開催日:2022年12月25日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る