2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2017お勉強会
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. MFJトライアル
  18. リザルト東北
  19. リザルト関東
  20. リザルト関東
  21. リザルト中国
  22. イベント(大会)
  23. TRJ / MFJ
  24. TRJ / MFJ
  25. TRJ / MFJ
  26. MFJトライアル
  27. リザルト関東
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. トライアル・デ・ナシオン
  32. 2017TDN
  33. リザルト関東
  34. イベント(その他)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(その他)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト関東
  40. TRJ / MFJ
  41. TRJ / MFJ
  42. TRJ / MFJ
  43. リザルト中部
  44. リザルト中国
  45. イベント(スクール)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波、2日間パーフェクト勝利!

念願を果たした藤波貴久

ついに両日優勝を果たした藤波

「ウイダー日本グランプリ」藤波、両日優勝!
シリーズランキングトップへ!
世界選手権第3戦日本大会「ウイダー日本グランプリ」
5月23日(日)栃木県/ツインリンクもてぎ
藤波貴久が、悲願の2日間パーフェクト優勝を達成した。
わずか1点差ながら、3年連続で日本GPの土曜日を勝利した藤波。しかしそれは、2日間パーフェクト優勝の序章でしかない。事実土曜日に勝利した藤波は、周囲の祝福の声にも、いまひとつ喜びをあらわにしないでいた。
「喜びは日曜日にとっておいて、大喜びをしないようにしていた」という藤波だった。
そして日曜日、お天気は曇り。岩にこびりついた泥はいまだ湿り気を含んでいて、難易度には大きな変化はない。セクションコンディションだけでなく、試合展開も、土曜日と似た状態で始まった。藤波は1ラップ目に好調をアピールする走り。15セクションのうち、足をついたのはわずかに1セクション。つるつるの泥を駆け上がる第8セクションで3点をカウント。これがこのまま藤波の1ラップ目の減点となった。
対してランプキンは、4つの1点、そして3点と5点がひとつずつで1ラップ目は3位。8セクションまでオールクリーンを続けていたフレイシャが2位で試合を折り返した。
2ラップ目、藤波は第6セクションで1点、これはまだ余裕の範囲。10セクションでは入り口でミスをして、安全策から3点を献上した。しかしここでもまだ、藤波はリードを守って勝利を確信していた。ところが次の11セクション、段々岩の最後でまさかの5点。
「タイミングもあっていなかったしアクセルも開けきっていなかった。最悪だった」という痛恨のミスとなった。このミスで、なんと藤波のリードは帳消し。藤波を追っていたのは、1ラップ目から一転、次から次へとクリーンを叩き出してきたランプキンだった。
藤波、ランプキンがともに12点で最終セクションへ。ランプキンに先行すること約15分、藤波がまずここをクリーン。情報では、わずかなクリーン差で藤波の勝利と伝えられるが、前日同様、結果が出るまでは安心できない。そしてランプキンが最終セクションをクリーン。ランプキンのクリーンは24。藤波は26! ここで、藤波の日曜日の勝利が決定、これはそのまま、2日間のパーフェクト優勝実現、ということになった。

大活躍だった小川友幸

4ストロークNEWマシンを
2日間とも9位へ導いた小川友幸

3位は、2ラップ目をたった5点にまとめながら、ランプキンの2ラップ目オールクリーンの前に2位の座を明け渡したマルク・フレイシャ。
4位は今シーズンめきめきと頭角を現しているジェロニ・ファハルド。完全にトップグループの仲間入りをしての戦いぶりだった。
もてぎに入るまでランキングトップだったアダム・ラガは、後輩ファハルドに2点差で5位。ランキングも一気に3位に後退してしまった。
前日の2ラップ目にはラップ3位の驚異の成績を残した4ストロークのホンダRTL250Fと小川友幸は、この日も序盤はぎこちない走りを見せる。しかし2ラップ目には、3回の減点でわずか8点。前日と同じく、2ラップ目に点数をまとめ、これまた前日と同じく9位のリザルトを残した。
「マシンへの慣れが決定的に足りないので、試合の序盤は2ストロークの乗り方になってしまっている。2ラップ目に点数がまとまるのは、4ストロークの乗り方がからだになじんでくるからだと思う」
つまりマシンへの慣熟が進めば、さらに上位も可能ということだ。小川友幸の実力、そして4ストロークのニューマシンの可能性を、見事に証明した2日間となった。

藤波貴久の走り

第8セクションを行く藤波
ランプキンの走り

2位のドギー・ランプキン

黒山健一は、この日は小川に1点差の10位。設定変更で難セクションとなった10セクションで胸を岩盤に強打し、痛みをこられながらのライディング。あとでろっ骨の骨折ということがわかったが、この負傷をおしてこの成績。さすが黒山といえる。
黒山に続いては野崎史高、田中太一。9位から12位までを日本の世界ランカーが独占することになった。ただし、この日は渋谷勲がポイントを逃してしまった。
日本のファンに華麗な走りを見せつけたライア・サンツは、この日は5人参加のジュニアカップで5位となった。しかしその走りが完全に女性ばなれしていることは、誰にも理解できたのではないだろうか。
この日の勝利で、藤波はランプキンと同点ながら、勝利数でランキングトップに躍り出た。このパーフェクト勝利で、今シーズンのチャンピオン争いに、一気にはずみをつけたいところだ。
世界選手権第3戦日本大会2日目結果
1 藤波貴久 12点(C/26)
2 ドギー・ランプキン 12点(C/24)
3 マーク・フレイシャ 13点
4 ジェロニ・ファハルド 18点
5 アダム・ラガ 20点
6 グラハム・ジャービス 22点
7 アルベルト・カベスタニー 28点
8 アントニオ・ボウ 29点
9 小川友幸 32点
10 黒山健一 33点
11 野崎史高 39点
12 田中太一 49点
13 ジョセップ・マンサノ 51点
14 サム・コナー 53点
15 タデウス・ブラズシアク 54点
○世界選手権シリーズポイント
1-藤波貴久 101/2 -ランプキン 101/3-ラガ 94/4-カベスタニー 76/5-フレイシャ 75/6-ファハルド 63/7-ジャービス 51/8-黒山健一 50

関連記事

2017お勉強会

5/28高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

セロー・トリッカー用7075マウントボルトフルセット

アベ精工より、セロー250・トリッカー用の高強度7075アルミ材のマウントボルトフルセットが発売されました。 (さらに…)…

MOTSニューモデル「STEP 6」発売

スペイン製トライアルウエアメーカー「MOTS」から、NEW MODEL 『STEP 6』の国内販売が始まりました。 (さらに&helli…

イベント(大会)

8/7奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2022年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 恒例の真夏のトライアル祭典『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 (…

初夏の風とともに自然山通信2022年5月号電子版をどうぞ

自然山通信5月号PDF版をお届けします。ご購入、ダウンロードして、お手元の電子機器(パソコン、タブレット、スマホ、あるいはテレビなど)でお楽…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売中!全日本トライアル第2戦九州大会レポートを掲載。東京モーターサイクルショーのトライアル体験ブースをお手伝いした自然山通…

イベント(大会)

9/25 2022年メイクカップ

2022年のメイクカップ日程が決まりましたので宜しくお願い致します。 2022メイクカップ 9月25日(日)立石トライアルパーク …

イベント(スクール)

7/18ガッチスクールin北海道(と前夜祭)

2022 GATTI SCHOOL IN 北海道 毎年、全日本トライアル北海道大会翌日の恒例行事。 今回のGATTI SCHOOL …

イベント(スクール)

6/11-12ガッチスクールin松山

2022ガッチスクールIN松山トライアルファーム 日時:6月11日(土)・12日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

2022遊ingトライアル

2022遊ingトライアル&スクールの日程が決まりましたのでお知らせします。 コロナ禍による2年続けての全戦中止でした。 今年は開催した…

ページ上部へ戻る