2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJ
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト中部
  20. 2017TDN
  21. トライアル・デ・ナシオン
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. 2017お勉強会
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. イベントリザルト
  28. リザルト中国
  29. リザルト中国
  30. TRJ / MFJ
  31. イベント(その他)
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. リザルト九州
  35. TRJ / MFJ
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(スクール)
  43. リザルト関東
  44. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波、2日間パーフェクト勝利!

念願を果たした藤波貴久

ついに両日優勝を果たした藤波

「ウイダー日本グランプリ」藤波、両日優勝!
シリーズランキングトップへ!
世界選手権第3戦日本大会「ウイダー日本グランプリ」
5月23日(日)栃木県/ツインリンクもてぎ
藤波貴久が、悲願の2日間パーフェクト優勝を達成した。
わずか1点差ながら、3年連続で日本GPの土曜日を勝利した藤波。しかしそれは、2日間パーフェクト優勝の序章でしかない。事実土曜日に勝利した藤波は、周囲の祝福の声にも、いまひとつ喜びをあらわにしないでいた。
「喜びは日曜日にとっておいて、大喜びをしないようにしていた」という藤波だった。
そして日曜日、お天気は曇り。岩にこびりついた泥はいまだ湿り気を含んでいて、難易度には大きな変化はない。セクションコンディションだけでなく、試合展開も、土曜日と似た状態で始まった。藤波は1ラップ目に好調をアピールする走り。15セクションのうち、足をついたのはわずかに1セクション。つるつるの泥を駆け上がる第8セクションで3点をカウント。これがこのまま藤波の1ラップ目の減点となった。
対してランプキンは、4つの1点、そして3点と5点がひとつずつで1ラップ目は3位。8セクションまでオールクリーンを続けていたフレイシャが2位で試合を折り返した。
2ラップ目、藤波は第6セクションで1点、これはまだ余裕の範囲。10セクションでは入り口でミスをして、安全策から3点を献上した。しかしここでもまだ、藤波はリードを守って勝利を確信していた。ところが次の11セクション、段々岩の最後でまさかの5点。
「タイミングもあっていなかったしアクセルも開けきっていなかった。最悪だった」という痛恨のミスとなった。このミスで、なんと藤波のリードは帳消し。藤波を追っていたのは、1ラップ目から一転、次から次へとクリーンを叩き出してきたランプキンだった。
藤波、ランプキンがともに12点で最終セクションへ。ランプキンに先行すること約15分、藤波がまずここをクリーン。情報では、わずかなクリーン差で藤波の勝利と伝えられるが、前日同様、結果が出るまでは安心できない。そしてランプキンが最終セクションをクリーン。ランプキンのクリーンは24。藤波は26! ここで、藤波の日曜日の勝利が決定、これはそのまま、2日間のパーフェクト優勝実現、ということになった。

大活躍だった小川友幸

4ストロークNEWマシンを
2日間とも9位へ導いた小川友幸

3位は、2ラップ目をたった5点にまとめながら、ランプキンの2ラップ目オールクリーンの前に2位の座を明け渡したマルク・フレイシャ。
4位は今シーズンめきめきと頭角を現しているジェロニ・ファハルド。完全にトップグループの仲間入りをしての戦いぶりだった。
もてぎに入るまでランキングトップだったアダム・ラガは、後輩ファハルドに2点差で5位。ランキングも一気に3位に後退してしまった。
前日の2ラップ目にはラップ3位の驚異の成績を残した4ストロークのホンダRTL250Fと小川友幸は、この日も序盤はぎこちない走りを見せる。しかし2ラップ目には、3回の減点でわずか8点。前日と同じく、2ラップ目に点数をまとめ、これまた前日と同じく9位のリザルトを残した。
「マシンへの慣れが決定的に足りないので、試合の序盤は2ストロークの乗り方になってしまっている。2ラップ目に点数がまとまるのは、4ストロークの乗り方がからだになじんでくるからだと思う」
つまりマシンへの慣熟が進めば、さらに上位も可能ということだ。小川友幸の実力、そして4ストロークのニューマシンの可能性を、見事に証明した2日間となった。

藤波貴久の走り

第8セクションを行く藤波
ランプキンの走り

2位のドギー・ランプキン

黒山健一は、この日は小川に1点差の10位。設定変更で難セクションとなった10セクションで胸を岩盤に強打し、痛みをこられながらのライディング。あとでろっ骨の骨折ということがわかったが、この負傷をおしてこの成績。さすが黒山といえる。
黒山に続いては野崎史高、田中太一。9位から12位までを日本の世界ランカーが独占することになった。ただし、この日は渋谷勲がポイントを逃してしまった。
日本のファンに華麗な走りを見せつけたライア・サンツは、この日は5人参加のジュニアカップで5位となった。しかしその走りが完全に女性ばなれしていることは、誰にも理解できたのではないだろうか。
この日の勝利で、藤波はランプキンと同点ながら、勝利数でランキングトップに躍り出た。このパーフェクト勝利で、今シーズンのチャンピオン争いに、一気にはずみをつけたいところだ。
世界選手権第3戦日本大会2日目結果
1 藤波貴久 12点(C/26)
2 ドギー・ランプキン 12点(C/24)
3 マーク・フレイシャ 13点
4 ジェロニ・ファハルド 18点
5 アダム・ラガ 20点
6 グラハム・ジャービス 22点
7 アルベルト・カベスタニー 28点
8 アントニオ・ボウ 29点
9 小川友幸 32点
10 黒山健一 33点
11 野崎史高 39点
12 田中太一 49点
13 ジョセップ・マンサノ 51点
14 サム・コナー 53点
15 タデウス・ブラズシアク 54点
○世界選手権シリーズポイント
1-藤波貴久 101/2 -ランプキン 101/3-ラガ 94/4-カベスタニー 76/5-フレイシャ 75/6-ファハルド 63/7-ジャービス 51/8-黒山健一 50

関連記事

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

202212/22

1/22新春糸島トライアル大会

2023年1月22日(日) 新春糸島トライアル大会 開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る