2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. 2020.04.05

    福島市へ行く
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト四国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト沖縄
  22. イベント告知
  23. 2020XTDN延期
  24. イベント(大会)
  25. SSDT中止
  26. イベント(大会)
  27. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  28. リザルト関東
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト近畿
  40. リザルト沖縄
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. イベント(その他)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト沖縄
  48. イベント(大会)
  49. イベント(その他)
  50. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波1勝を追加

藤波貴久の笑顔

今年6勝目を決めた直後の藤波

Photo / Mario Candellone

世界選手権第5戦フランス大会
藤波貴久、2日目優勝! シーズン6勝目
世界選手権第5戦フランス大会 2日目
6月19〜20日/Valdeblore
 ヨーロッパに帰った世界選手権。第5戦フランス大会は、ニースの北バルデブローレで開催された。藤波貴久は、土曜日に3位となり、ランプキンにポイントで2点その差をつめられるものの、日曜日は再び勝利し、この週末をトータルすると、ランプキンとの点差を1点開いた結果となった。

黒山健一

肋骨の故障をかかえつつ、

健闘する黒山健一
野崎史高の走り

ランキング12位へ上がった野崎史高

 ろっ骨骨折がまだ完治していない黒山健一は、しかし大健闘。6位と7位で、アメリカ大会を欠場した穴を埋めるべく苦しい戦いを続ける。
 野崎史高は10位と11位。日曜日に無得点だったマンサノをポイントで逆転し、さらにコナーとは同点ながら上位入賞回数に勝るため、ランキングを12位まであげている。

アダム・ラガ

1日目の優勝はアダム・ラガ

 土曜日に絶好調だったのはラガだった。調子に乗ったラガは、他を寄せつけない走りを見せつける。ラガに押さえられながら、ランプキンと藤波が2位争い。この争いは、同時にチャンピオン争いでもある。
 この勝負は、藤波が4点差でランプキンにやぶれてしまった。4点の中には、タイムオーバーの3点も含まれている。今回、ユース125に多くのライダーが参加した。FIM的には、5戦目にして、はじめてまともな試合が成立して一安心というところだが、しかしトップライダーにとっては、試合の流れに割って入る、いささかじゃまな存在となってしまった。とはいえ、藤波の減点の裏には、フロントタイヤのパンクというトラブルもあったようだ。
 黒山はこの試合で藤波にわずか6点差の6位。4位5位とは、わずか1点差だった。結果だけを見ると、とても大けがが癒えていないとは思えない。「痛みに強い」と本人は言うが、その精神力には脱帽だ。

藤波の走り

藤波の1日目は3位
ランプキン

2日間共に2位。ランプキン

 日曜日、ラガが失敗を重ねてトップ2からはやや脱落。勝負はランプキンと藤波の一騎討ちとなった。ランプキンと藤波、両者お互いに一歩も引かぬ展開で、勝負がついたのはゴール間近い14セクション。ここでランプキンがわずかにミスをして1点減点を喫し、これでふたりは同点。クリーン数ふたつの差で、藤波の今シーズン6勝目が決まった。勝率6割。藤波の強さは、いよいよ本物になってきた。
 黒山は、この日は順位をひとつ落としたが、それでも7位。ランキングではアメリカを欠席した影響で9位となっているが、8位のボウまでは10点差。逆転のチャンスもある。
 一方、野崎もがんばった。序盤4戦が無得点で最悪の序盤戦を送ってしまった野崎だが、当面のライバルのコナーやマンサノを一気に逆転し、自身最高位のランキング12位につけた。
●自然山速報は携帯電話(i-mode等)でもご覧いただけます。
 https://shizenyama.com/i
■藤波貴久オフィシャルページ Fujigas.net
 http://www.fujigas.net/
世界選手権第5戦フランス大会1日目結果
1 アダム・ラガ 36点
2 ドギー・ランプキン 44点
3 藤波 貴久 48点
4 アルベルト・カベスタニー 54点
5 ジェロニ・ファハルド 54点
6 黒山 健一 55点
7 アントニオ・ボウ 57点
8 マーク・フレイシャ 72点
9 グラハム・ジャービス 78点
10 ジョルディ・パスケット 78点
11 野崎 史高 90点
12 タデウス・ブラズシアク 94
13 サム・コナー 97
14 シャウン・モリス 98
15 ジョセップ・マンサノ 104
世界選手権第5戦フランス大会2日目結果
1 藤波 貴久 13点
2 ドギー・ランプキン 13点
3 アダム・ラガ 26点
4 アルベルト・カベスタニー 26点
5 ジェロニ・ファハルド 29点
6 マーク・フレイシャ 32点
7 黒山 健一 37点
8 アントニオ・ボウ 39点
9 グラハム・ジャービス 42点
10 野崎 史高 67点
11 サム・コナー 68
12 ジョルディ・パスケット 68点
13 ミケーレ・オリジオ 70点
14 タデウス・ブラズシアク 70点
15 ジェローム・ベシュン 71点
○世界選手権シリーズポイント
1-藤波貴久 176/2 -ランプキン 165/3-ラガ 159/4-カベスタニー 126/5-フレイシャ 112/6-ファハルド 101/7-ジャービス 92/8-ボウ 79/9-黒山健一69/10-ブラズシアク 41

関連記事

自然山通信6月号発売!

自然山通信6月号発売のお知らせです。今月の特集は「今どきのテレワーク・トライアル」と世界選手権参戦25年を迎えたフジガスこと藤波貴久選手のの…

プロターとの思い出、プロヴィーニさんとの思い出

ちょっと探し物をしていた時に(なぜか娘の家で)発掘されたなにやらの賞状らしきもの。なんだろうね、これ?? とすっかり記憶が失せていたのだけど…

MFJトライアル

全日本関東大会の日程変更とGC大会の中止他

COVID-19による全面自粛騒動から一歩進んで、これから、ちょっとずつ日常に戻ってくる。それに合わせて、イベントスケジュール情報もいろいろ…

ガエルネ・バランスクラシック新色発売!

マシンとの一体感を極限まで高めた、究極のマン=マシンバランスを実現。進化を遂げたガエルネ最高峰トライアルブーツ「BALANCE CLAS…

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売開始!世界中のトライアルイベント延期・中止が続いてます。自然山通信5月号ではIASライダー全員に出場していただき「202…

ページ上部へ戻る