2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. イベント(スクール)
  2. イベント(大会)
  3. MFJトライアル
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. 2017お勉強会
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(その他)
  12. リザルト東北
  13. MFJトライアル
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. 2016高田島ツートラ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(その他)
  25. リザルト中国
  26. リザルト中国
  27. リザルト中部
  28. リザルト中国
  29. リザルト関東
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト沖縄
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

日本人二人が表彰台!

jtrR6shibuya.jpg

藤波優勝、黒山3位。
久々に、日本人がふたり表彰台に登った。
世界選手権第7戦イタリア大会
2日目は藤波優勝!黒山3位!

7月3-4日、世界選手権第7戦2日目は、1日目と一転、藤波の5点が目立つ1ラップめで試合が始まった。前日には2ラップを通じて5点が一つもなかった藤波だが、どうしたことか、たびたび岩場から落ちるシーンが見受けられる。見ていても勝利に不安を感じさせる走りっぷりだったが、本人も、これには「やばい」と感じていたらしい。しかしここからが、今までの藤波ではなかった。5点に動揺することなく、自分の走りを心がけるべく、試合を進めた。
序盤に好調だったのは黒山健一だ。黒山は、1ラップめの13セクションまでトップを維持していた。黒山のトップは、13セクションで喫した5点でストップしたが、しかし勝機はまだ逸した分けではない。ただし、こういった戦況を黒山陣営が知ったのは試合も後半のことだった。

jtrR6shibuya.jpg

1日目に2位だった藤波、
しかし2日目は見事優勝!
jtrR6shibuya.jpg

野崎史高は1日目15位
2日目は11位

藤波は19ポイントリード。
世界チャンピオン獲得は目前!
1ラップ目を終えると、3つの5点をとった藤波がトータルではトップに立っていた。黒山には5点が一つ、ランプキンもふたつの5点で1ラップめを終えていた。黒山にもまだチャンスはあるし、藤波も、2ラップめにいつもどおりの戦いをすれば勝てる。しかし2ラップ目、イージーセクションの第1セクションで藤波が5点。勝利が暗雲がたち込めた瞬間だった。
しかし、藤波の心の強さは、ここからさらに発揮された。1セクションの5点もなんのその、要所要所をぴたりと押さえ、着々と点を詰めてゆく。そして2ラップめの第8セクションでは、今度はランプキンが5点となった。イージーセクションだったから、この5点はランプキンに取って致命的な痛手となった。この後、ランプキンは減点を積み上げてしまい、藤波の独走を許すことになった。今シーズン7勝目は、終わってみれば7点差の大差となった。ランプキンが崩れるというより、ランプキンをそこまで追いつめる、藤波の勝利である。 ポイントランキングも、2位のランプキンに19点差。いよいよチャンピオンが目前に見えてきた。

jtrR6shibuya.jpg

2日目3位。黒山健一

今大会が始まるまで、藤波を追いかける直接のライバルに浮上していたラガは、この日は5位に転落。前日にコナーが脱臼をした第2セクションで水没したとかで、あっけらかんと敗因を語っていた。コナーは負傷したものの、トップライダーにとってはそんなに難セクションではなかった。このムラっ気がある限り、タイトル争いに加わるのはむずかしそうだ。
さて黒山は、最後までいい戦いを続けたが、1ラップめに5点となった13セクションで2点となるや、ランプキンと同点となってしまった。黒山はここで初めてランプキンとの戦況を知るのだが、ランプキンは死にものぐるいでクリーンをキープ。黒山との同点で試合を終えた。クリーン数では、ランプキンが勝っていたので、2位ランプキン、そして3位黒山。何とも悔しい結果だったが、しかし久々の表彰台だ。
野崎史高は、1ラップめはまずまずだったものの、2ラップめに減点を増やし、それ以上順位を上げることができずに11位。しかし、負傷などでまともに走れなかったシーズン序盤の2大会4戦をのぞくと、その後は確実にポイントを獲得して、まぁまぁの結果といえる。

jtrR6shibuya.jpg

渋谷勲が参戦。
2日間とも14位になった

去年に引き続いてヨーロッパにやってきた渋谷勲は、前日に続き、ヨーロッパの走り方がわからないままに試合を終えてしまい、ひどくくやしい様子。渋谷のヨーロッパは、この後イタリアで修行をした後、世界選手権スペイン大会まで続く。スペイン大会に向けて、このままでは終われないと雪辱を誓っていた。
世界選手権第7戦イタリア大会/1日目結果
1 ドギー・ランプキン 11点
2 藤波 貴久 12点
3 アダム・ラガ 25点(クリーン21)
4 マーク・フレイシャ 25点(クリーン20)
5 アルベルト・カベスタニー 36点
6 黒山 健一 37点
7 ジェロニ・ファハルド 46点
8 アントニオ・ボウ 49点
9 グラハム・ジャービス 65点
10 ジョルディ・パスケット 74点
11 ジョセップ・マンサノ 77点
12 タデウス・ブラズシアク  80点
13 ミケーレ・オリツィオ 82点
14 渋谷勲 90点
15 野崎 史高 94 点
世界選手権第7戦イタリア大会/2日目結果
1 藤波 貴久 28点
2 ドギー・ランプキン 35点
3 黒山 健一 35点
4 マーク・フレイシャ 38点
5 アダム・ラガ 48点
6 アルベルト・カベスタニー 51点
7 アントニオ・ボウ 54点
8 ジェロニ・ファハルド 57点
9 グラハム・ジャービス 62点
10 ジョセップ・マンサノ 66点
11 野崎 史高 85点
12 ジョルディ・パスケット 93点
13 ミケーレ・オリツィオ 100点
14 渋谷勲 103点(クリーン6)
15 タデウス・ブラズシアク 103点(クリーン4)
○世界選手権シリーズポイント
1-藤波貴久 230/3-ランプキン 211/3-ラガ 205/4-カベスタニー 162/5-フレイシャ 149/6-ファハルド 128/7-ジャービス 112/8-黒山健一107/9-ボウ 103/10-パスケット 57/11-ブラズシアク 48/12-マンサノ 44/13-野崎史高39

関連記事

イベント(スクール)

202011/23

12/12-13 Gatti School Special 真壁

緊急開催決定 Gatti School Special 真壁トライアルランドで開催。 12月12日土曜日・12月13日日曜日、2日間に…

2021年世界選手権カレンダーは?

2021年FIM世界選手権(暫定)スケジュールが発表になった。日本GP(ツインリンクもてぎ)は5月15〜16日に設定されている。 (…

イベント(大会)

202011/19

12/27 GATTIスクール杯【会場変更】

今年7月に、7年ぶり開催となったガッチスクール杯!! 好評につき第2回開催決定!! 皆様と楽しみたいと思いますので参加宜しくおねがいしま…

2021年、ガスガスがロードレースに進出

ガスガスがKTM傘下となって1年になろうとしているが、KTMのガスガス・ブランド戦略が本気だ。 (さらに…)…

2021年のXトライアルはこうなる?

Xトライアルの2021年暫定カレンダーが発表された。このまま大会が開催される確証はないし、今後の感染症蔓延の状況を見ながらカレンダーの変更は…

2020年11月号電子版もありますよー

老眼でお悩みの方にお勧めの、お手持ちの電子端末でお好きな大きさに拡大して読める、自然山通信電子版。遅くなりましたが、11月号をお届けします。…

自然山通信11月号発売中!

自然山通信11月号発売中! ちょっと遅くなてしまいましたが、今月も元気にちょっと増ページ。ずっしり重くなってオールカラー70ページ・314円…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2020全日本選手権最終ランキング(独自集計)

2020年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位です。出場し…

全日本トライアル最終戦結果

2020年11月8日 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:晴れときどき曇り 観客数:0人(無観客試合) IAS:10…

ページ上部へ戻る