2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  1. リザルト関東
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. リザルト中国
  7. TRJ / MFJ
  8. イベント(大会)
  9. MFJトライアル
  10. リザルト関東
  11. イベント(大会)
  12. MFJ
  13. リザルト中国
  14. リザルト関東
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト中部
  21. 2017TDN
  22. トライアル・デ・ナシオン
  23. リザルト関東
  24. リザルト中国
  25. 2017お勉強会
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. イベントリザルト
  29. リザルト中国
  30. リザルト中国
  31. TRJ / MFJ
  32. イベント(その他)
  33. リザルト中国
  34. イベント(大会)
  35. リザルト九州
  36. TRJ / MFJ
  37. リザルト中国
  38. イベント(大会)
  39. リザルト中国
  40. リザルト関東
  41. イベント(大会)
  42. イベント(スクール)
  43. イベント(スクール)
  44. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波のタイトル決定は明日

世界選手権第10戦スイス大会(最終戦)1日目
ランプキン優勝、藤波貴久3位。タイトル獲得は明日へ
9月4日/スイス・MOUTIER

jtrR6shibuya.jpg

セクションは難所続き、点在するセクション。なかなか観戦するのも容易ではないスイス大会最終戦だった。
藤波貴久が土曜日にチャンピオンを決定するには、2位以上を獲得すること。ライバルのランプキンの結果次第では、それ以下でもタイトルの可能性はある。
試合前の藤波は、いつものとおり、特に緊張したふうでもなく、決戦を迎えた。


いつになくいい調子だったという滑り出し、しかし藤波は、第3セクションで5点を取ってしまう。メカニックが時間のコールを藤波に届けなかったためのタイムオーバーだが、これでちょっぴりペースが崩れ、ペースを持ち直そうとした中盤、8、9と連続でまた5点を喫し、1ラップめはトップのランプキンに5点差の4位。途中経過ではボウにも先をいかれていたから、4位で1ラップめを折り返したのは、最善の結果だったともいえる。
2ラップめ、しかし藤波のペースは復活しきれない。第3、第5と連続5点を喫して、勝利が遠のいていった。
2ラップめ中盤、藤波の3位はほぼ決定的。こうなると、ランプキンが2位となってくれれば、藤波のタイトルも決まるのだが、ラガの追い上げの前に、ランプキンも好調を維持している。チャンピオンの最後の意地を見せつけているかのようだ。
結果、2点差でランプキンが優勝した。藤波はランプキンと11点差で3位。
シリーズポイントは藤波265点に対してランプキン246点。その差19点差。
藤波は、日曜日にあと1点だけ獲得すれば、ランプキンが優勝しようとチャンピオンを決定する。
つまり、日本人チャンピオン誕生は、日曜日までお預け、ということになった。
黒山健一は6位。ランキングポインイトでもジャービスに3点差をつけて7位。後半戦の黒山は、確実にこの位置をキープできている。
野崎史高は10位だが、9位のフレイシャには24点の大差で、順位はともかく、内容的には課題が多いようだ。しかしそれだけ、セクションが長くて苦しい大会だったということでもある。
●自然山速報は携帯電話(i-mode等)でもご覧いただけます。
 https://shizenyama.com/i
世界選手権第10戦スイス大会(最終戦)1日目結果
1 ドギー・ランプキン 48点
2 アダム・ラガ 50点
3 藤波 貴久 59点
4 アントニオ・ボウ 70点
5 アルベルト・カベスタニー 71点
6 黒山 健一 74点
7 グラハム・ジャービス 81点
8 ジェロニ・ファハルド 82点
9 マーク・フレイシャ 89点
10 野崎 史高 113点(クリーン2)
11 サム・コナー 113点(クリーン1)
12 ミケーレ・オリジオ 116点
13 タデウス・ブラズシアク 118点
14 ジョルディ・パスケット 120点
15 クりストフ・カモッジ 129 点
○世界選手権シリーズポイント
1-藤波貴久 265/2-ランプキン 246/3-ラガ 239/4-カベスタニー 184/5-フレイシャ 166 /6-ファハルド 145/7-黒山健一 130/8-ジャービス 127/9-ボウ 123/10-パスケット 67/11-ブラズシアク 56/12-マンサノ 48/13-野崎史高 48

関連記事

リザルト関東

2023関東選手権茨城大会

2023関東選手権茨城大会 2023年2月5日 オフロードパークSHIRAI (さらに…)…

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る