2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. 2017お勉強会
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(大会)
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. 2020.04.05

    福島市へ行く
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト四国
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト沖縄
  29. イベント告知
  30. 2020XTDN延期
  31. イベント(大会)
  32. SSDT中止
  33. イベント(大会)
  34. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  35. リザルト関東
  36. イベント(大会)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト沖縄

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波、世界チャンピオン!

藤波貴久2004年トライアル世界チャンピオン獲得!
日本人初の快挙!
9月5日/スイス・MOUTIER

試合が終わり、タイトルを決めた瞬間の藤波

夢の実現。日本人初の
トライアル世界チャンピオン誕生


ついにやった。
土曜日の時点であと1点。
事実上、この時点で藤波のタイトルはほぼ100%決まっていたが、やはりそのときが近づくと、最終セクションは静かな緊張感が漂った。
この日の藤波は、ややはや回り。黒山健一のあとを追うように最終セクションに到着した藤波は、きれいにここをクリーン。今シーズンすべてのセクションを走り終わって、まず大きく息をついた。5年間におよぶ長かったランキング2位の日々を、すべて吐き出すような瞬間だった。
調子は、決して悪くはなかった。しかし、勝利を得るには、どこかもうひとつ、歯車が噛み合わないままの2日間だった。それが、タイトルを獲得するにあたっての重圧というものだったのかもしれない。ラガには1点差で勝ったが、2ラップめをあわやオールクリーンする勢いのランプキンには、この日の藤波は歯が立たなかった。

最終戦を戦う藤波

その戦いぶりを振り返って「まだまだ青い。ドギーのストロングな精神力は、見習うべきところは多い」と藤波は語った。
藤波は、その偉大なチャンピオン、ドギー・ランプキンを破って、2004年、世界選手権の頂点に立った。
ゴールから表彰式、そしてシリーズランキング表彰式と、藤波の喜びは、そこにいわあせた日本人みんなの喜びでもあった。
おめでとう、藤波貴久。
おめでとう、日本のトライアル。
○フジガスネット
 http://www.fujigas.net/
世界選手権第10戦スイス大会(最終戦)2日目結果
1 ドギー・ランプキン 9点
2 藤波 貴久 19点
3 アダム・ラガ 20点
4 ジェロニ・ファハルド 22点
5 アルベルト・カベスタニー 30点
6 黒山 健一 33点
7 アントニオ・ボウ 35点
8 マーク・フレイシャ 40点
9 タデウス・ブラズシアク 57点
10 グラハム・ジャービス 63点
11 野崎 史高 69点
12 クリストフ・カモッジ 80 点
13 ミケーレ・オリジオ 85点
14 サム・コナー 89点
15 ジェローム・ベチュン 99点
○世界選手権シリーズポイント(最終ランキング)
1-藤波貴久 282/2-ランプキン 266/3-ラガ 254/4-カベスタニー 195/5-フレイシャ 174 /6-ファハルド 158/7-黒山健一 140/8-ジャービス 133/9-ボウ 132/10-パスケット 67/11-ブラズシアク 63/12-野崎史高 58/13-マンサノ 48

関連記事

イベント(大会)

9/22第35回まどろみトライアル

第35回まどろみトライアルの開催について (さらに…)…

イベント(大会)

8/23里山トライアル

第57回里山トライアル大会 (さらに…)…

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

ページ上部へ戻る