2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

萩原真理子、世界2位

萩原真理子、レディース世界選手権初出場2位へ
レディース世界選手権第2戦
9月24日(金)/Cordoba(スペイン)

lwc_hagiwara.jpg

萩原真理子

04トライアル・デ・ナシオンは、9月25、26日の両日、スペインの南西部、コルドバにて開催されている。

デ・ナシオンに先がけ、24日(金)には同会場でレディース世界選手権第2戦が開催され、日本女性3人はデ・ナシオンのための練習も兼ね個人成績の残る世界選手権にも出場した。

女性最強ライダー、ライア・サンツ(スペイン)が1位確実なら、ここ数年、常に2位の座を守っていたのがドイツのイリス・クラマーだったが、なんと腕を骨折して欠場し、世界選手権第1戦で2位となっているフランスのクレイル・ベルトランが1ラップめ、2ラップめと、しっかり2位をキープしていた。

今回の世界選手権では、新しい試みが導入されていた。10セクション2ラップの後、上位10名がファイナルトライ、4セクション2ラップするというもの。10セクション2ラップのクォリファイでは、なんと初出場萩原真理子が3位で勝ち残っていた。しかも、デ・ナシオン出場のために久々にトライアル大会に復帰した真理子の姉、西村亜弥も、6位でファイナルに進出。

国内A級高橋摩耶は、彼女のレベルではほんの少し難所の多いセクション設定だったが、よくセクションをこなし、ライディングもすばらしかったのだが、惜しい失敗が多く成績につながらず、28位でクォリファイの2ラップを終了した。

3人とも、この日がはじめてのヨーロッパでのトライアル。ヨーロッパの世界選手権を戦うレディースたちにとって、突然やってきた日本女性たちは、大きな脅威になった。

もっともその影響が出たのが、ベルトランだった。クォリファイを終えた時点では2位だが、彼女にすれば見知らぬ日本人が1点差で自分に迫っている。その動揺が、ファイナルラップでもろに現れた。

4つのセクションを選んで2ラップするファイナルラップ。ベルトランは第1セクションでいきなり5点になった。

クォリファイラップでの1点差は、トータルでは10点差となり、萩原真理子はヨーロッパのトライアルのデビュー戦にして、2位獲得の金字塔を打ち立てた。全2戦のうち、1戦出場したのみで、ランキングも5位を獲得。スタート前には緊張で吐き気を感じたりしていたという真理子だったが、終わってみたら、実力をきっちり発揮して、とるべきポジションを手中にしていた。これは、ものすごい快挙である。

成績では真理子におよばずだが、ある意味、それ以上に快挙だったのが亜弥だった。彼女は長いトライアル大会のブランクから、今年になって復帰した。試合の勘なども、当然忘れているところが多い。しかしそれでも、ファイナルの2ラップめには真理子に遅れること1点、このラップは3位で終えるすばらしい走りを見せた。結果5位のリザルトもすごいが、ここに至るまでの彼女の背景を思うと、そのリザルト以上に評価は大きい。

レディース世界選手権第2戦

1 Laia Sanz 0
2 萩原 真理子 14
3 Claire Bertrand 24
4 Rosita Leotta 31
5 西村 亜弥 33
6 Carla Calderer 36
7 Kjesti Fla 43

関連記事

日本全国全額チャンス!ペイペイジャンボ開催中

自然山通信webshopはPayPay決済ができます。現在「日本全国全額チャンス!ペイペイジャンボ」開催中。キャンペーン期間は2022年12…

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

ページ上部へ戻る