2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJ
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト中部
  20. 2017TDN
  21. トライアル・デ・ナシオン
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. 2017お勉強会
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. イベントリザルト
  28. リザルト中国
  29. リザルト中国
  30. TRJ / MFJ
  31. イベント(その他)
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. リザルト九州
  35. TRJ / MFJ
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(スクール)
  43. リザルト関東
  44. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

インドアシリーズ今週末開幕

プレスリリース

シーズン開幕を伝える
プレスリリース
トップの写真は藤波だ

 新しい年を迎えて、トライアルシーズンもいよいよ本格的にスタートする。
 今週末の土曜日、1月8日に開幕するのがインドア世界選手権。開幕戦はイギリスGP、シェフィールドだ。
 シェフィールドは、インドアトライアルとしては伝統のある大会で、ランプキンの生まれ故郷のごく近くでもある。ランプキンはこの3年インドアのタイトルは取れていないが、昨年のこの大会でも優勝している。イギリスのインドア大会で優勝したのは、唯一2003年のカベスタニーの例があるだけで、その他はランプキンが勝利をおさめている。
 この1戦は、1年のはじめの世界選手権という意味だけではなく、藤波、ランプキン、フレイシャにとっては、はじめて4ストロークマシンで公式戦を走る戦いともなる。藤波はすでにこのマシンにしっかり乗り込んでいる模様で、新しいマシンに対しての不安はまったく感じさせない。対してランプキンやフレイシャは、新しいものへの順応に、少し苦労しているようだ。
 レプソル・モンテッサチームでは、2ストローク時代と同様のワークスマシンを用意することになっているが、インドアの開幕戦にワークスマシンが間に合うかどうかは微妙。というのも、インドアはタイムスケジュールの都合から、スペアマシンを用意することが義務づけられている上、スケジュールがタイトで、場合によっては2台のマシンをローテーションして戦わなければいけないなどの都合がある。ワークスマシンの開発は間に合っても、それだけの台数をつくる時間の猶予がないというわけだ。逆に、より市販マシンに近いものでモンテッサチームの3人が試合を戦うのはめったにない機会なので、いつもとちがう視点で戦況を観察する興味もある。


 このインドアシリーズ、昨年まで、インドア世界選手権の開幕戦は年末のうちにおこなわれていた。2004年の例でいえば、開幕戦のイタリアGPと香港(中国)GPが2003年のうちに開催されていた。ライダーの契約はあくまで1月1日から12月31日までとなっているから、マシンを変更したライダーがいたりするとちょっとたいへんで、2003年からモンテッサ入りをしたフレイシャは、2002年の年末にシェルコで2戦だけインドアを走り、ほんの半月足らずのブランクをおいてモンテッサに乗って大会に参加した。
 2005年は、カベスタニーがシェルコ入りを発表したばかりだが、これまでのスケジュールだと、インドアシリーズ中にベータからシェルコへの乗り換えをしなければいけないところだったが、香港大会が中止となったりして、今年はスムーズに2005年になってからの開幕戦となっている。
 今回は、ラガ、藤波、ランプキン、カベスタニー、フレイシャ、ファハルドの6名のノミネートライダーに加えて、シャウン・モリスが加わっての7人。ファイナルラップに進出するのは3人のみという厳しい戦いとなる(ファハルドは今シーズン、インドア世界選手権初登場)。
 今シーズンのインドアはアルゼンチン大会なども含めて、全部で13戦が予定されている。
以下はシェフィールド大会を前に主催者であるオクタゴン・エセドスが発表したインドア世界選手権の日程。

1 8 イギリスGP Sheffield
1 21 フランスGP Marseille
1 28 フランスGP Toulouse
2 4 スペインGP Granada
2 6 スペインGP Barcelone
2 12 ロシアGP San・Petersburg
2 19 イタリアGP Milan
2 26 スペインGP(ポルトガル) Lisboa
3 5 イタリアGP Rome,Livorno
3 12 アルゼンチンGP Buenos・Aires
3 19 イギリスGP(北アイルランド) Belfast
3 26 ドイツGP Gelsenkirchen

関連記事

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

202212/22

1/22新春糸島トライアル大会

2023年1月22日(日) 新春糸島トライアル大会 開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る