2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. 2020.04.05

    福島市へ行く
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト四国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト沖縄
  22. イベント告知
  23. 2020XTDN延期
  24. イベント(大会)
  25. SSDT中止
  26. イベント(大会)
  27. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  28. リザルト関東
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト近畿
  40. リザルト沖縄
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. イベント(その他)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト沖縄
  48. イベント(大会)
  49. イベント(その他)
  50. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

モンテッサのワークスマシン

Cota4RT
クリックすると、大きな画像が出ます

1月21日、インドア世界選手権第2戦マルセイユで藤波とランプキンが走らせたのは、ワークスエンジンを積んだものだった。写真が届いたので、ご紹介します。


一見すると、エンジンの外観には大きな変化は見られず、材質の変更が目立ったところ。アルミ製だったサイレンサープロテクターはカーボンファイバーとなり、色が黒くなっているのが印象的。

しかしやっぱりワークスらしいのは、ほとんどすべてのパーツの材質が変更されていると思われるエンジン本体まわりだろう。写真を見ただけでは詳細はわからないが(本物を見てもわからないかもしれないが)、クランクケースにはマグネシウムを多用し、エキゾーストパイプなどにはチタンが使われているのではないかと思われる。

エンジン右側
エンジン左側

写真といっしょに送られてきたメモには、排気量は280ccとあったが、これは真偽のほどは不明。モンテッサ(HRC)はRTL250R時代も、ワークスマシンの排気量をきちんと公開したことはない。このワークス4RTも、おそらく280cc程度ではないかと推定されるものの、正しい数字は不明なままかもしれない。
材質の変更や排気量のアップは、250R時代にも行われていた手法であり、4ストロークになったからといって、特別なモディファイをしている形跡は感じられない。インドア第1戦イギリス大会ではスタンダードエンジンで戦ったのだから、それでも充分のポテンシャルを発揮しているのは実証済みだ。

マシン全景
Photo:Pep Segales(Solo Moto)

4RTならではのモディファイとしては、12000rpmのレブカット装置を殺しているらしい。通常は、ここまでエンジンを回せるチャンスはほとんどないし、レブカットがライディングに影響することは皆無なのだが、元祖フジガスが乗れば、これが影響を与えることもあるのかもしれない。
イギリス大会を走ったスタンダードエンジンは、このレブカットがない仕様らしい。この処置を施されたスタンダードエンジンのポテンシャルは、藤波やランプキンが驚くほどのものだったらしい。
今回のワークスエンジンは、ランプキンと藤波だけが走らせた。フレイシャがスタンダードに乗ったのは、フレイシャ自身のワークスエンジンとの慣熟が足りない問題が理由とのこと。スタンダードからすんなり乗り換えられるものではないというところに、ワークスエンジンのさらなるポテンシャルが感じられる。
このマシン、まだ車体関係がスタンダードだから、アウトドアの世界選手権に向けて、さらにポテンシャルのアップが期待される。

関連記事

自然山通信6月号発売!

自然山通信6月号発売のお知らせです。今月の特集は「今どきのテレワーク・トライアル」と世界選手権参戦25年を迎えたフジガスこと藤波貴久選手のの…

プロターとの思い出、プロヴィーニさんとの思い出

ちょっと探し物をしていた時に(なぜか娘の家で)発掘されたなにやらの賞状らしきもの。なんだろうね、これ?? とすっかり記憶が失せていたのだけど…

MFJトライアル

全日本関東大会の日程変更とGC大会の中止他

COVID-19による全面自粛騒動から一歩進んで、これから、ちょっとずつ日常に戻ってくる。それに合わせて、イベントスケジュール情報もいろいろ…

ガエルネ・バランスクラシック新色発売!

マシンとの一体感を極限まで高めた、究極のマン=マシンバランスを実現。進化を遂げたガエルネ最高峰トライアルブーツ「BALANCE CLAS…

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売開始!世界中のトライアルイベント延期・中止が続いてます。自然山通信5月号ではIASライダー全員に出場していただき「202…

ページ上部へ戻る