2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(その他)
  4. リザルト中国
  5. リザルト中国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. MFJトライアル
  12. リザルト近畿
  13. 2017お勉強会
  14. リザルト中国
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. 2019.10.13

    台風一過
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト関東
  22. イベント(大会)
  23. イベント(その他)
  24. MFJトライアル
  25. 2017TDN
  26. トライアル・デ・ナシオン
  27. リザルト関東
  28. リザルト東北
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. リザルト九州
  32. リザルト沖縄
  33. MFJトライアル
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. リザルト中国
  41. リザルト東北
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト中部
  45. リザルト四国
  46. 2019.08.02

    最近の星空
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. リザルト九州
  50. リザルト沖縄
  51. 140ccボアアップセット
  52. リザルト関東
  53. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  54. MFJトライアル
  55. リザルト中国
  56. リザルト関東
  57. リザルト九州
  58. リザルト沖縄

    2019.06.23

    2019沖縄第6戦
  59. リザルト中国
  60. リザルト関東
  61. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

モンテッサのワークスマシン

Cota4RT
クリックすると、大きな画像が出ます

1月21日、インドア世界選手権第2戦マルセイユで藤波とランプキンが走らせたのは、ワークスエンジンを積んだものだった。写真が届いたので、ご紹介します。


一見すると、エンジンの外観には大きな変化は見られず、材質の変更が目立ったところ。アルミ製だったサイレンサープロテクターはカーボンファイバーとなり、色が黒くなっているのが印象的。

しかしやっぱりワークスらしいのは、ほとんどすべてのパーツの材質が変更されていると思われるエンジン本体まわりだろう。写真を見ただけでは詳細はわからないが(本物を見てもわからないかもしれないが)、クランクケースにはマグネシウムを多用し、エキゾーストパイプなどにはチタンが使われているのではないかと思われる。

エンジン右側
エンジン左側

写真といっしょに送られてきたメモには、排気量は280ccとあったが、これは真偽のほどは不明。モンテッサ(HRC)はRTL250R時代も、ワークスマシンの排気量をきちんと公開したことはない。このワークス4RTも、おそらく280cc程度ではないかと推定されるものの、正しい数字は不明なままかもしれない。
材質の変更や排気量のアップは、250R時代にも行われていた手法であり、4ストロークになったからといって、特別なモディファイをしている形跡は感じられない。インドア第1戦イギリス大会ではスタンダードエンジンで戦ったのだから、それでも充分のポテンシャルを発揮しているのは実証済みだ。

マシン全景
Photo:Pep Segales(Solo Moto)

4RTならではのモディファイとしては、12000rpmのレブカット装置を殺しているらしい。通常は、ここまでエンジンを回せるチャンスはほとんどないし、レブカットがライディングに影響することは皆無なのだが、元祖フジガスが乗れば、これが影響を与えることもあるのかもしれない。
イギリス大会を走ったスタンダードエンジンは、このレブカットがない仕様らしい。この処置を施されたスタンダードエンジンのポテンシャルは、藤波やランプキンが驚くほどのものだったらしい。
今回のワークスエンジンは、ランプキンと藤波だけが走らせた。フレイシャがスタンダードに乗ったのは、フレイシャ自身のワークスエンジンとの慣熟が足りない問題が理由とのこと。スタンダードからすんなり乗り換えられるものではないというところに、ワークスエンジンのさらなるポテンシャルが感じられる。
このマシン、まだ車体関係がスタンダードだから、アウトドアの世界選手権に向けて、さらにポテンシャルのアップが期待される。

関連記事

2020年のXトライアル

今年も、アウトドアのシーズンが終わって、Xトライアル(インドア)のシーズンが始まる。いつもなら年が明けてからだけど、今年は11月に2戦が組ま…

自然山通信2019年11月号電子版出来

自然山通信11月号の電子版をご用意しました。オールカラー60ページを、お手持ちのパソコンやタブレット端末やスマートフォンなどの電子端末でお楽…

自然山通信11月号発売中!

世界選手権参戦24年目にして、昨年のランキング5位から3位へジャンプ!チャレンジャー藤波貴久が表紙の11月号発売中!オールカラー60ページ、…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2019最終ランキング(独自集計)

2019年全日本選手権ポイントランキングです。MFJからの発表前の、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位で…

小川友幸が有終の美でV9、7連覇を達成

2019年全日本選手権は、11月3日に宮城県スポーツランドSUGOで最終戦が開催された。 IASは小川友幸が優勝、IAは武田呼人。IB…

イベント(その他)

11/17第一回遠州虫ぼしミーティング

面白いイベントを企画してみました。第一回遠州虫ぼしミーティング、11月17日開催決定!! (さらに…)…

2019全日本選手権最終戦リザルト

2019年11月3日 宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ 観客数:1,200人 IAS:10セクションx2ラッ…

リザルト中国

第263回ケニーズ杯

第263回ケニーズ杯 2019年11月3日:曇り (さらに…)…

リザルト中国

201910/27

第24回水源の森

第24回水源の森ツーリング・トレッキング・トライアルin比和やまびこ祭りコラボ 2019年10月26日〜27日 広島県比和町 …

ページ上部へ戻る