2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. リザルト関東
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. リザルト中部
  18. リザルト関東
  19. 自然山通信2019年3月号
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(その他)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トニー・ボウ大金星

ボウの走り
ワイルドカードで4位は驚異。トニー・ボウ

 1月28日、フランスのトゥールーズで開催されたインドア世界選手権第3戦。結果はアダム・ラガが絶好調で3連勝。しかし今回の話題をさらったのは、初登場のボウだった。


 ディフェンディングチャンピオン、アダム・ラガは、前回マルセイユでは、やや不安げな勝利ともいえたが、今回は文句なしのぶっちぎりの勝利だった。熾烈にファイナル進出を争う2いいかを尻目に、まったく器がちがう減点数でファイナルに進出、そしてファイナルでも圧勝した。
 しかしこの大会、ラガの超人的走りの影をも薄くするほどの活躍を見せたのがトニー・ボウ。もちろんワイルドカードとしての出場で、世界選手権は初出場。

ラガの走り
3連勝、インドアでは圧倒的なラガ

 世界選手権では、最大二人をめどに、ワイルドカードライダーが出場できるきまりになっている。レギュラーメンバーは6名。ワイルドカードライダーは、たいてい、レギュラーメンバーからは少し離れて、7位争いをするのがいつものことになっている。練習のチャンスも、まして試合のチャンスなどほとんどないワイルドカードライダーは、7位争いでも立派に健闘といえる。ところがボウはちがった。
 ボウのライバルとなってしまったのは、だれあろう藤波だった。藤波は、今今年がタワークスマシンの開発作業の真っ最中だ。前回の大会から1週間、ライディングポジションに変更を加えたフレームに、試合前日にできあがったニュースペックのワークスエンジンを積んで出場した。その仕様は、藤波の大いに気に入るところだったようだが、しかしマシンとのマッチングを計る時間が、いかにも足りなかった。
 7つのオブザベーションセクションを終えた時点で、ダブルレーンはボウとの対決。ラガとランプキン、カベスタニーとフレイシャが対決する組み合わせで、つまり藤波vsボウは5位争いということだ(もちろん、ダブルレーンの結果によっては、全体の順位にも変動があるが)。ふつうに考えると、この時点で藤波のファイナル進出はなくなっていて、事実、その読み通り、藤波はボウにダブルレーンで敗退して、2戦続けてのクォリファイ敗退ということになった。

表彰台の3人
藤波のいない2回目の表彰台

 藤波がダブルレーンで負けるのは珍しい。しかし今回は、ダブルレーンセクションがややリスクの高いものであり、スピードを出すことで飛びすぎて破綻をきたす恐れがあるのを、藤波は充分承知していた。ボウとのダブルレーンでは、そのリスクの高いセクションまでは競り合いを続けたが、その先でボウの先行を許した。その同じ場所で、その後にカベスタニーとの一騎打ちをしたフレイシャは、大転倒してしまった。今回のフレイシャは、調子がよかったのだが、これで成績もパー。おまけに指の骨折まで心配される状態だ。
 ファイナルは、これもラガがぶっちぎり。2位争いは、カベスタニーがランプキンを振り切って勝利したが、ラガとはかなりの差をつけられた印象。さて、第4戦は、すぐ翌日のグラナダ大会。今度は藤波のマシンとのコンビネーションはどうなのか、フレイシャの指の負傷はどうなのか、息つくまもない、インドアトライアルである。

ファイナル
1 アダム・ラガ 6
2 アルベルト・カベスタニー 15
3 ドギー・ランプキン 17
クォリファイ
1 アダム・ラガ 2
2 ドギー・ランプキン 9
3 アルベルト・カベスタニー 10
4 トニー・ボウ 11
5 藤波貴久 13
6 マルク・フレイシャ 16
7 ジェロニ・ファファルド 17
8 ジェローム・ベシュン 35
ランキング
1 アダム・ラガ 30
2 アルベルト・カベスタニー 22
3 ドギー・ランプキン 19
4 藤波貴久 15
6 マルク・フレイシャ 10
5 ジェロニ・ファハルド 9
7 トニー・ボウ 5
8 ジェローム・ベシュン 3
9 タデウス・ブラズシアク 2
10 野崎史高 1

関連記事

黒山健一、再び世界チャンピオンに向けて

黒山健一が、昨2018年に続き、世界選手権電動クラスに参戦する。黒山健一は昨年のフランスGPとベルギーGPに組まれた電動クラスに参戦、ランキ…

熾烈なトップ争いが期待される電動トライアル

ヤマハと黒山健一の参戦で盛り上がっているトライアルE(電動)世界選手権。今年は6月23日オランダGPと30日ベルギーGPの2戦にわたって開催…

ストライダー日本グランプリDay2も藤波3位表彰台!

6月9日、ツインリンクもてぎでの世界選手権、その2日目。トニー・ボウが見事な勝利を飾り、藤波貴久は再び表彰台に上った。2位はアダム・ラガ、黒…

ストライダー日本グランプリDAY1の結果

6月8日土曜日、ツインリンクもてぎで世界選手権第2戦、その1日目が開催された。 (さらに…)…

ストライダー日本グランプリ予選結果

世界選手権日本大会(正しくは「2019 FIMトライアル世界選手権第2戦ストライダー日本グランプリ」という)が始まった。 木曜日に受付・車検…

イベント(大会)

10/27第24回水源の森

第24回 水源の森ツーリング・トレッキング・トライアル&やまびこ祭り (さらに…)…

イベント(大会)

8/24第7回OASIS CUP

第7回 OASIS CUP トレッキング・トライアルIN比和 (さらに…)…

自然山通信2019年6月号電子版

自然山通信電子版をご用意しました。印刷した紙版と同じ消費税込み308円でのご提供です。 PDFでお届けしますので、お手もとのスマートフ…

自然山通信6月号発売!

「自然山通信6月号」発売のお知らせです。全日本選手権R2九州10ページ、CityTrial in OSAKA 6ページ、鷲ヶ岳のクラシックミ…

2019トライアル・デ・ナシオン(TDN)日本代表選手決定

2019年トライアル・デ・ナシオン(TDN)に参加する日本代表選手が決定して、発表された。代表選手は藤波貴久、黒山健一、小川友幸の3名だ。 …

ページ上部へ戻る