2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント告知
  9. 2020XTDN延期
  10. イベント(大会)
  11. SSDT中止
  12. イベント(大会)
  13. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  14. リザルト関東
  15. イベント(大会)
  16. イベント(スクール)
  17. イベント(スクール)
  18. イベント(スクール)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト近畿
  26. リザルト沖縄
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト関東
  30. イベント(その他)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト沖縄
  34. 2017お勉強会
  35. イベント(大会)
  36. イベント(その他)
  37. リザルト関東
  38. イベント(大会)
  39. リザルト中部
  40. リザルト四国
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. リザルト関東
  45. リザルト九州
  46. リザルト近畿
  47. リザルト中部
  48. リザルト東北
  49. リザルト関東
  50. MFJトライアル
  51. KLX230skidplate
  52. リザルト関東
  53. リザルト沖縄
  54. リザルト関東
  55. リザルト九州
  56. リザルト中国
  57. 2019.11.21

    地球温暖化?
  58. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トニー・ボウ大金星

ボウの走り
ワイルドカードで4位は驚異。トニー・ボウ

 1月28日、フランスのトゥールーズで開催されたインドア世界選手権第3戦。結果はアダム・ラガが絶好調で3連勝。しかし今回の話題をさらったのは、初登場のボウだった。


 ディフェンディングチャンピオン、アダム・ラガは、前回マルセイユでは、やや不安げな勝利ともいえたが、今回は文句なしのぶっちぎりの勝利だった。熾烈にファイナル進出を争う2いいかを尻目に、まったく器がちがう減点数でファイナルに進出、そしてファイナルでも圧勝した。
 しかしこの大会、ラガの超人的走りの影をも薄くするほどの活躍を見せたのがトニー・ボウ。もちろんワイルドカードとしての出場で、世界選手権は初出場。

ラガの走り
3連勝、インドアでは圧倒的なラガ

 世界選手権では、最大二人をめどに、ワイルドカードライダーが出場できるきまりになっている。レギュラーメンバーは6名。ワイルドカードライダーは、たいてい、レギュラーメンバーからは少し離れて、7位争いをするのがいつものことになっている。練習のチャンスも、まして試合のチャンスなどほとんどないワイルドカードライダーは、7位争いでも立派に健闘といえる。ところがボウはちがった。
 ボウのライバルとなってしまったのは、だれあろう藤波だった。藤波は、今今年がタワークスマシンの開発作業の真っ最中だ。前回の大会から1週間、ライディングポジションに変更を加えたフレームに、試合前日にできあがったニュースペックのワークスエンジンを積んで出場した。その仕様は、藤波の大いに気に入るところだったようだが、しかしマシンとのマッチングを計る時間が、いかにも足りなかった。
 7つのオブザベーションセクションを終えた時点で、ダブルレーンはボウとの対決。ラガとランプキン、カベスタニーとフレイシャが対決する組み合わせで、つまり藤波vsボウは5位争いということだ(もちろん、ダブルレーンの結果によっては、全体の順位にも変動があるが)。ふつうに考えると、この時点で藤波のファイナル進出はなくなっていて、事実、その読み通り、藤波はボウにダブルレーンで敗退して、2戦続けてのクォリファイ敗退ということになった。

表彰台の3人
藤波のいない2回目の表彰台

 藤波がダブルレーンで負けるのは珍しい。しかし今回は、ダブルレーンセクションがややリスクの高いものであり、スピードを出すことで飛びすぎて破綻をきたす恐れがあるのを、藤波は充分承知していた。ボウとのダブルレーンでは、そのリスクの高いセクションまでは競り合いを続けたが、その先でボウの先行を許した。その同じ場所で、その後にカベスタニーとの一騎打ちをしたフレイシャは、大転倒してしまった。今回のフレイシャは、調子がよかったのだが、これで成績もパー。おまけに指の骨折まで心配される状態だ。
 ファイナルは、これもラガがぶっちぎり。2位争いは、カベスタニーがランプキンを振り切って勝利したが、ラガとはかなりの差をつけられた印象。さて、第4戦は、すぐ翌日のグラナダ大会。今度は藤波のマシンとのコンビネーションはどうなのか、フレイシャの指の負傷はどうなのか、息つくまもない、インドアトライアルである。

ファイナル
1 アダム・ラガ 6
2 アルベルト・カベスタニー 15
3 ドギー・ランプキン 17
クォリファイ
1 アダム・ラガ 2
2 ドギー・ランプキン 9
3 アルベルト・カベスタニー 10
4 トニー・ボウ 11
5 藤波貴久 13
6 マルク・フレイシャ 16
7 ジェロニ・ファファルド 17
8 ジェローム・ベシュン 35
ランキング
1 アダム・ラガ 30
2 アルベルト・カベスタニー 22
3 ドギー・ランプキン 19
4 藤波貴久 15
6 マルク・フレイシャ 10
5 ジェロニ・ファハルド 9
7 トニー・ボウ 5
8 ジェローム・ベシュン 3
9 タデウス・ブラズシアク 2
10 野崎史高 1

関連記事

イベント(大会)

2020東北選手権とエンジョイトライアルのおさらい

COVID-19感染症対策で、MFJ東北から東北選手権の日程変更とエンジョイトライアル大会の中止が発表された。 (さらに&helli…

トライアルGC大会/GCクラストップ10の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスの上位10名の結果一覧です。 GC大会10位までに入ると、国際B級へ昇格することができます。…

イベント(大会)

中部選手権第4戦第5戦は延期

MFJ中部TR部会からのお知らせ (さらに…)…

イベント(大会)

4/5関東選手権は延期に

COVID-19感染症対策で、大会の開催延期・中止のお知らせが続々。 直前情報だが、関東選手権第5戦東京大会(開催地:茨城県真壁)が延期と…

TL125(BIALS・イーハトーブ)ハンドルバー・温故知新・ぱわあくらふと

ホンダ・バイアルス、イーハトブ純正ハンドル(スチール製)の寸法、サイズを忠実にそのまま再現したアルミハンドルバー、登場です! (さらに&…

イベント(大会)

4/5の山屋チャレンジカップは中止に

山屋トライアルパークからのお知らせ!! (さらに…)…

イベント(大会)

ど・ビギナー第1戦SHIRAIは中止

今週末29日開催予定の「ど・ビギナートライアル第1戦SHIRAI大会」は中止となりました。 (さらに…)…

イベント(大会)

7/5はちトラミーティング

10年目を迎えた「はちトラミーティング」、2020年の日程が決まりましたので、お知らせいたします。 (さらに…)…

庭先コンペティション準備中

5月5日に庭先コンペティションを開催するんで、遅まきながら準備を始めました。 (さらに…)…

TRRS用TOM’Sストロングガード/リンクガード付

頑丈なアンダーガードとして定評ある「トムスストロングガード」TRRS用が発売されました。リンクガード付きです。 (さらに……

ページ上部へ戻る