2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. トライアル・デ・ナシオン
  4. 2017TDN
  5. イベント(その他)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント告知
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(その他)
  14. イベント(その他)
  15. リザルト中国
  16. リザルト近畿
  17. イベント(大会)
  18. 2016高田島ツートラ
  19. リザルト関東
  20. MINI VANDAL
  21. リザルト中国
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中部

    2018.08.26

    第17回梅ヶ島
  24. リザルト北海道

    2018.08.26

    2018遊ing第4戦
  25. リザルト東北
  26. MFJトライアル
  27. イベント(大会)
  28. MFJトライアル
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. 2017お勉強会
  38. リザルト四国
  39. リザルト中国
  40. リザルト中部
  41. 2019モンテッサ
  42. TLR200用キックアーム
  43. Vertigo 2019モデル
  44. 生駒テックオープン
  45. リザルト中国
  46. リザルト四国
  47. リザルト関東
  48. 2017TDN
  49. リザルト東北
  50. MFJトライアル
  51. リザルト中国
  52. リザルト関東
  53. イベント(大会)
  54. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トニー・ボウ大金星

ボウの走り
ワイルドカードで4位は驚異。トニー・ボウ

 1月28日、フランスのトゥールーズで開催されたインドア世界選手権第3戦。結果はアダム・ラガが絶好調で3連勝。しかし今回の話題をさらったのは、初登場のボウだった。


 ディフェンディングチャンピオン、アダム・ラガは、前回マルセイユでは、やや不安げな勝利ともいえたが、今回は文句なしのぶっちぎりの勝利だった。熾烈にファイナル進出を争う2いいかを尻目に、まったく器がちがう減点数でファイナルに進出、そしてファイナルでも圧勝した。
 しかしこの大会、ラガの超人的走りの影をも薄くするほどの活躍を見せたのがトニー・ボウ。もちろんワイルドカードとしての出場で、世界選手権は初出場。

ラガの走り
3連勝、インドアでは圧倒的なラガ

 世界選手権では、最大二人をめどに、ワイルドカードライダーが出場できるきまりになっている。レギュラーメンバーは6名。ワイルドカードライダーは、たいてい、レギュラーメンバーからは少し離れて、7位争いをするのがいつものことになっている。練習のチャンスも、まして試合のチャンスなどほとんどないワイルドカードライダーは、7位争いでも立派に健闘といえる。ところがボウはちがった。
 ボウのライバルとなってしまったのは、だれあろう藤波だった。藤波は、今今年がタワークスマシンの開発作業の真っ最中だ。前回の大会から1週間、ライディングポジションに変更を加えたフレームに、試合前日にできあがったニュースペックのワークスエンジンを積んで出場した。その仕様は、藤波の大いに気に入るところだったようだが、しかしマシンとのマッチングを計る時間が、いかにも足りなかった。
 7つのオブザベーションセクションを終えた時点で、ダブルレーンはボウとの対決。ラガとランプキン、カベスタニーとフレイシャが対決する組み合わせで、つまり藤波vsボウは5位争いということだ(もちろん、ダブルレーンの結果によっては、全体の順位にも変動があるが)。ふつうに考えると、この時点で藤波のファイナル進出はなくなっていて、事実、その読み通り、藤波はボウにダブルレーンで敗退して、2戦続けてのクォリファイ敗退ということになった。

表彰台の3人
藤波のいない2回目の表彰台

 藤波がダブルレーンで負けるのは珍しい。しかし今回は、ダブルレーンセクションがややリスクの高いものであり、スピードを出すことで飛びすぎて破綻をきたす恐れがあるのを、藤波は充分承知していた。ボウとのダブルレーンでは、そのリスクの高いセクションまでは競り合いを続けたが、その先でボウの先行を許した。その同じ場所で、その後にカベスタニーとの一騎打ちをしたフレイシャは、大転倒してしまった。今回のフレイシャは、調子がよかったのだが、これで成績もパー。おまけに指の骨折まで心配される状態だ。
 ファイナルは、これもラガがぶっちぎり。2位争いは、カベスタニーがランプキンを振り切って勝利したが、ラガとはかなりの差をつけられた印象。さて、第4戦は、すぐ翌日のグラナダ大会。今度は藤波のマシンとのコンビネーションはどうなのか、フレイシャの指の負傷はどうなのか、息つくまもない、インドアトライアルである。

ファイナル
1 アダム・ラガ 6
2 アルベルト・カベスタニー 15
3 ドギー・ランプキン 17
クォリファイ
1 アダム・ラガ 2
2 ドギー・ランプキン 9
3 アルベルト・カベスタニー 10
4 トニー・ボウ 11
5 藤波貴久 13
6 マルク・フレイシャ 16
7 ジェロニ・ファファルド 17
8 ジェローム・ベシュン 35
ランキング
1 アダム・ラガ 30
2 アルベルト・カベスタニー 22
3 ドギー・ランプキン 19
4 藤波貴久 15
6 マルク・フレイシャ 10
5 ジェロニ・ファハルド 9
7 トニー・ボウ 5
8 ジェローム・ベシュン 3
9 タデウス・ブラズシアク 2
10 野崎史高 1

関連記事

ソニーαはニコンZとキヤノンRを迎え撃てるのか

このところ、ニコンとキヤノンが相次いでミラーレスの本気カメラを発表して、ぼくのご愛用のソニーαもあやうしになってきた。10年後、カメラはどん…

MFJトライアル

全日本最終戦は10月21日、スポーツランドSUGOにて

2018全日本選手権第7戦東北大会は、10月21日、宮城県スポーツランドSUGOで開催される。 自然山通信謹製、ランキング順(スタート…

トムス新製品【限定発売】64チタンステップ

超軽量な WELD ONE・チタン製ステップが京都のトライアルショップ「トムス」より発売されます。5セットのみ限定製作です。 (さら…

小川と野崎、最終決戦はまず小川が勝利

最終戦を2週間後に控えて、全日本選手権中部大会は10月7日、いつものように愛知県岡崎市キョウセイドライバーランドで開催された。 IAS…

自然山通信2018年10月号電子版

自然山通信10月号電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末でお楽しみください。 今月はデ・ナシオン取材で10月号の…

三谷モータースポーツよりS3新製品

三谷モータースポーツより「S3」ブランドの新製品、アルミスネルカムアジャスターSET、EBSマテリアルグリップが発売されました。 (さら…

201810/9

自然山通信10月号発売中!

少々発行が遅れてしまいましたが【速報 トライアル・デ・ナシオン/日本チームからのメッセージ】掲載特集号・自然山通信10月号を発売しました!B…

2018全日本ランキング(〜第6戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

2018全日本中部大会全結果

全日本選手権第6戦中部大会 2018年9月6・7日 愛知県岡崎市キョウセイドライバーランド 観客数:2,600人 各クラス、トラ…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

ページ上部へ戻る