2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

血と汗の勝利、ボウ2勝目

08グラナダ流血のボウ

 インドア世界選手権第3戦グラナダ大会(スペイン)。
 勝利は、開幕戦に続いて再びトニー・ボウのものとなった。2位はアルベルト・カベスタニー。藤波貴久が、今年初めてファイナルに進出して3位で表彰台に登っている。
 ボウは、クォリファイで眉間を割るアクシデントに遭遇したが、応急手当てをして試合を走りきっての勝利だった。

08グラナダ表彰台

左から、カベスタニー、ボウ、藤波

 クォリファイラップ(7セクション)を、ジェロニ・ファハルドとジェイムス・ダビルに次いで走ったのは、前回優勝のアダム・ラガだった。有力選手に先駆けて自分が試走者となってしまうのは大いに不利だが、前回のボウも同じ条件だったから、文句をいってもいられない。
 ダビルはほとんどのセクションで5点を喫したが、さすがにトップライダーは手堅くまとめる。ラガは第5セクションで5点となったほかは、第4で1点をとったのみ。続いて走ったボウは、第5の5点のみ。ドギー・ランプキンは22点と大量減点でまたしてもワイルドカードのファハルドに5位の座を奪われることになった。ランプキンに続いたのが藤波で、藤波は第5の5点(ここは全員5点のセクションだった)のほか、第1と第6で1点をついて7点。最後に走ったカベスタニーはボウ同様5点で、ファイナルへのトップ争いはボウとカベスタニーで、ファイナル進出の最後の一席の争いは、ラガと藤波の間で争われることになった。トップ二人が5点、ラガが6点、藤波が7点と、今回はトップ4人がほかの3人を大きく引き離してのリザルトとなった。藤波が、スペイン人トリオに切り込んできた。
 ラガとカベスタニーのダブルレーンの戦いはボウが勝利。そしてラガと藤波の勝負は藤波が勝利した。開幕戦ではボウとのダブルレーンの勝負に敗退して、藤波はファイナルへの進出を阻まれていたから、今回は雪辱戦だった。藤波が勝って、ラガとは同点の7点。7セクションの走行タイムは46秒差で藤波の勝ち(藤波のほうが7セクションを短い時間で走破していた)。ラガが第3戦目にして、はじめてファイナル敗退を喫した。

08グラナダ・カベスタニー
08グラナダの藤波

カベスタニー(左)と今季初表彰台の藤波

 そしてファイナル。第1セクションはカベスタニーと藤波が5点となる中、ボウはタイムペナルティの1点のみでクリーンして幸先のいい幕開け。しかし次の第2セクションでクラッシュ。眉間を切る負傷を負ってしまった。
 第2セクションは二人のライバルもすべて5点だったからここでの痛手は大きくなかったが、応急手当てのために第3セクションを走れなかったのは痛かった。第3セクションはカベスタニー、藤波ともクリーン。第1セクションでのアドバンテージを使い果たして、ボウはケガともに点数のハンディを負ってライバルを追撃することになった。
 しかしここからはさすがにボウ。眉間から流血しながら、第4セクションをクリーン、ダブルレーンでも藤波とカベスタニーに勝利して、最後はカベスタニーに7点差をつけてシーズン2勝目をあげた。藤波はカベスタニーに2点差で3位。第7セクションで5点となっただけ、カベスタニーより減点を多く献上してしまって2位を逃すことになった。
 しかし藤波は、シーズン初めての表彰台。ランキングでは、ボウがカベスタニーを6点引き離し、さらに1点差でラガ、藤波はラガに5点差でランキング4位となっている。
クォリファイ
1 トニー・ボウ       5
2 アルベルト・カベスタニー 6
3 藤波貴久1        7
4 アダム・ラガ       7
5 ジェロニ・ファハルド   17
6 ドギー・ランプキン    22
7 ジェイムス・ダビル    33
ファイナル
1 トニー・ボウ       17
2 アルベルト・カベスタニー 24
3 藤波貴久         26
ランキング
1 トニー・ボウ       28
2 アルベルト・カベスタニー 22
3 アダム・ラガ       21
4 藤波貴久         16
5 ジェロニ・ファハルド   12
6 ドギー・ランプキン    8
7 ジェイムス・ダビル    7
8 ジェローム・ベシュン   1

関連記事

日本全国全額チャンス!ペイペイジャンボ開催中

自然山通信webshopはPayPay決済ができます。現在「日本全国全額チャンス!ペイペイジャンボ」開催中。キャンペーン期間は2022年12…

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

ページ上部へ戻る