2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. リザルト中国
  2. イベント(大会)
  3. リザルト中国
  4. リザルト中部
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. 2016高田島ツートラ
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト沖縄
  11. イベント(大会)
  12. 2017お勉強会
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. MFJトライアル
  16. イベント(大会)
  17. リザルト関東
  18. リザルト関東
  19. イベント(スクール)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト中国
  25. 2020.04.05

    福島市へ行く
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. リザルト四国
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト沖縄
  36. イベント告知
  37. 2020XTDN延期
  38. イベント(大会)
  39. SSDT中止
  40. イベント(大会)
  41. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(スクール)
  45. イベント(スクール)
  46. イベント(スクール)
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ファハルド、今度は2位!

ファハルド

2位に入ったファハルド

 アダム・ラガの勢いはまったく衰えがない。開幕6連勝、しかも、まったく危なげがない。ラガの連勝をストップさせるのは誰かというのも興味の的だが、むしろ誰が2位になるのかに興味が移ってきた感じもある。そして今回の2位は、若手のホープ、ジェロニ・ファハルドだった。


 今回のワイルドカードライダーはタデウス・ブラズシアク。そのタデウスが、まずクォリファイでがんばった。なんと、レギュラーメンバーのフレイシャを7位に追いやり、藤波とのダブルレーンに勝利し(藤波はクォリファイ通過がままならぬのを承知で、総合結果でタデウスに負けないように走った結果だったが)、6位の好結果を得た。昨シーズンの結果を見ると、ワイルドカードのライダーはレギュラーの6人に次いで、7位か8位となるのがふつうなのだが、今回のタデウスはトニー・ボウが4位になったのに続いて、レギュラーを食った二人目のワイルドカードライダーとなった。
 とはいえ、フレイシャが悪すぎたという見方もある。このところ、モンテッサチームはどうにもぱっとした成績が上げられない。今回はランプキンが一人で気を吐いたが、フレイシャの落ち込みぶりを見ると、4ストロークの今シーズンの戦いぶりに不安をいだく人も少なくないのではないだろうか。

ランプキン

大健闘のランプキン。今シーズン、マインダーは
ダン・ヘミングウェイが担当する。

 実際、インドアのセクションではマシンの特性のちがいによって、ガスガスだけが登れるところ、2ストロークに登りやすいところという設定があるようだ。ファハルドの好成績は、そのアドバンテージを生かしつつ、同じマシンに乗るチャンピオン、ラガのアドバイスを受けた結果のものという気がする。
 モンテッサチームの不振は、しかしマシンの絶対的パフォーマンスの問題というより、そもそも試合に臨む体制ができていないという点が大きい。モンテッサコタ4tは、市販の最終仕様が決まったのが10月ごろのことだから、ワークスマシンの開発は、それから始まっていると考えられる。時間は、充分ではない。インドアの世界選手権は、つまり試合を戦いつつも、実は実戦テストをしている意味合いもそうとう強いといえそうだ。しかもロシアや今後開催されるアルゼンチンなど、遠方の開催地の場合は、スペインの地元でのテストの進展を考慮して、テストとは関係のない市販車ベースのマシンで戦うことになっている。自分にぴったりのマシンに乗り込んでいるライバルに比べて、モンテッサの3人のハンディはそうとうに大きい。

ロシアにて

イサーク宮殿前の7人のサムライ

 そんな中、今回のランプキンはかなり優秀だった。クォリファイの走りを見る限り、優勝を充分狙える走りだった。ランプキンのこのマシンも、市販車ベースだ。つまり市販車ベースのマシンも、ポテンシャルはラガと2ストロークに真っ向から戦えるものを持っているということだ。市販車とワークス(といっても、今はまだフレームは市販車ベースのものらしいが)の乗り換えをスムーズにこなしたランプキンがチームの中で一人好成績を挙げ、乗り換えにつまずいた二人が成績を落としたという背景の模様。
 ファイナルでは、優勝候補でもあったランプキンが失敗を増やして、ガスガスチームのワンツーフィニッシュとなった。次のイタリア(ミラノ)大会、モンテッサの逆襲なるか、今シーズンはじめてクォリファイで試合を終えたカベスタニーが雪辱をはらせるか、ラガはどこまで勝ち続けるか、インドアシーズンは終盤に入っている。

(取材班がロケに出ていたため、ニュースが遅くなりました。ごめんなさい)

世界選手権第6戦結果
ロシア・サンクトペテルブルグ

ファイナル
1位 アダム・ラガ ガスガス 7
2位 ジェロニ・ファハルド ガスガス 15
3位 ドギー・ランプキン モンテッサ 22
クォリファイ
1位 アダム・ラガ ガスガス 2
2位 ドギー・ランプキン モンテッサ 6
3位 ジェロニ・ファハルド ガスガス 8
4位 アルベルト・カベスタニー シェルコ 11
5位 藤波貴久 ホンダ 19
6位 タデウス・ブラズシアク ガスガス 20
6位 マルク・フレイシャ モンテッサ 30
ランキング
1位 アダム・ラガ 60
2位 アルベルト・カベスタニー 43
3位 ドギー・ランプキン 33
4位 藤波貴久 28
5位 ジェロニ・ファハルド 27
6位 マルク・フレイシャ 21
7位 トニー・ボウ 5
8位 タデウス・ブラズシアク 5
9位 ジェローム・ベチューン 5
10位 野崎史高 1

関連記事

2020 RTL300R/COTA301RR専用カーボンプロテクター

愛車を守るカスタムパーツ、2020 RTL300R/COTA301RR専用のカーボンプロテクター3種が発売されました。三谷モータースポーツよ…

TY125Fブリーザーホース新設加工

TY125Fのエンジンを、より回転が上がり、より低速がスムーズ、よりエンブレが効かなくなり2stのようなエンジンに。黒山レーシングによる…

野崎史高の、最後のセロー

野崎史高といえば、いわずとしれた国際A級スーパーのトップライダーで、2002年の世界選手権ジュニアチャンピオン、そして2019、2020年は…

リザルト中国

2020中国選手権第8戦

中国選手権第8戦山口大会 島根県 日原島高原TR場 2020年8月9日 天候:晴れ (さらに…)…

イベント(大会)

9/27岩手ツインショック

第5回岩手ツインショックトライアル大会 東北選手権・SUGO大会の日程変更により、同日開催は避けなければならなくなったので、 当初予…

自然山通2020年8月号電子版

いきなり夏らしい夏になって、みなさま、体調を崩さず、お元気でお過ごしでしょうか。いつものように、自然山通信最新号の電子版をご用意しました。P…

自然山通信8月号発売中!

暑中お見舞申し上げます!そして自然山通信8月号発売のお知らせです。今月の表紙は、若さと元気いっぱい武田呼人選手でお届けします。 (さらに…

リザルト中国

ケニーズクラブ30周年記念大会

2020年8月2日 広島県福山市海の見える杏の里トライアル場 天候:晴れ (さらに…)…

リザルト中部

第5回あしたかTT

第5回あしたかツインショックトライアル 8月2日(日)、第5回あしたかTT大会が開催されました。 (さらに…)…

COTA 300RR/RTL300Rサイレンサー加工

スーパーウイングまるやまでは、2020〜COTA 300RR/RTL300Rの純正サイレンサー・エンド加工を開始しました。 (さらに&h…

ページ上部へ戻る