2023年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. リザルト関東
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. リザルト中国
  7. TRJ / MFJ
  8. イベント(大会)
  9. MFJトライアル
  10. リザルト関東
  11. イベント(大会)
  12. MFJ
  13. リザルト中国
  14. リザルト関東
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト中部
  21. 2017TDN
  22. トライアル・デ・ナシオン
  23. リザルト関東
  24. リザルト中国
  25. 2017お勉強会
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. イベントリザルト
  29. リザルト中国
  30. リザルト中国
  31. TRJ / MFJ
  32. イベント(その他)
  33. リザルト中国
  34. イベント(大会)
  35. リザルト九州
  36. TRJ / MFJ
  37. リザルト中国

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

野崎、ヨーロッパで始動

野崎サンティゴサ
サンティゴサを走る野崎
写真提供:野崎史高

 全日本選手権を欠場して、黒山に先がけてヨーロッパに渡った野崎が、サンティゴサ3日間トライアルに出場し、3位となった。
 このところ、負傷で苦しいシーズンを送っている野崎だが、まずは順調に世界選手権に向けて調整を進めているようだ。


 サンティゴサはスペインではトライアルの春の訪れを告げる伝統的なイベント。過去には、成田匠がそのもっとも脂の乗った時代に出場し、しかし鎖骨を骨折して苦しいシーズンを送ることになった記録もある。
 今回野崎のライバルはジョルディ・パスケット(スペイン)とサム・コナー(イギリス)。結果は、3日間ともにライバルに少しずつの遅れをとって、3位に落ち着くことになった。

野崎の顔

「とにかく、ケガをしないで1年間走り続けることが最大の目標です」
 と、今年の豊富を野崎は語る。去年おととしと、野崎にはとにかく負傷が多かった。3年間の世界選手権挑戦で、なんとかまともにシーズンを戦えたのはデビューシーズンでしかない。
 負傷に負けず劣らず、野崎の悩みの種はマインダーをはじめとする支援体制だ。今の世界選手権では、マインダーなしでは事実上試合に参加できない。ところが野崎は、これもこの2年間、マインダーがころころと変わって、マインダーとのコンビネーションを調整するまでにいたっていない。それどころか、文字通り、試合に参加できないような取り組み方をせざるを得ないこともあった。

野崎サンティゴサ
サンティゴサの野崎史高
Photo:Horacio San Martin
www.todotrial.com

 現在野崎はスペインに住んでいるが、ここに至るまでは、何度もアパートが変わった。一見トライアルとは関係なさそうな住み家の問題も、ライダーのコンディションを整えるには重要なポイントだ。スコルパのお抱えライダーという、これまでの世界選手権挑戦日本人からすると恵まれた体制ではあるものの、よいも悪いも納得づくの純日本チームに対して、フランス人やスペイン人との混成チームとなる野崎チームは、悩みもおおかった。それに加わって負傷続きだから、なんともついてない。
 今年、野崎は住み家もマインダーも、はじめて前年と同じ体制となった。しかもマインダーは、昨年のカルロスに加えて、2年目の中盤までマインダーを務めたグレッグが加わった。マインダー二人体制は、現在の世界選手権では必須の体制だが、ようやく4年目にして、野崎はふつうの体制を得たことになる。
 スコルパは、TY-S125Fを世に出したり、今度は4トリックスを企画したりと、トライアルメーカーの中では意欲的な事業を次々に実現していく。しかし一方で、世界選手権をメインに戦うという体制は、これまで一度もとったことがない。世界選手権のパドックでは、各メーカーの大きなトラックが並び、さらにライダーのモーターホームが並ぶのが常だが、スコルパにはトラックがない。野崎のモーターホームが、スコルパの顔でもある。もてぎの日本GPでは、野崎は渋谷とともにヤマハ・スコルパの看板ライダーだが、ヨーロッパではあんなに厚い待遇を受けたことはないのだ。今年スコルパは、はじめてトラックを世界選手権に送り込むことを検討しているという。野崎が名実ともに、スコルパワークスのナンバーワンライダーとなる日が、ようやく見えてきた。
 なお、この記事を掲載したところ、野崎史高ご本人から、写真を提供いただきましたので、ご紹介します。

滑る野崎

 インドア風セクションは、上級クラスのみの特別セクションと思われます。野崎のあとには、昨年ユース125でタイトル争いをしたダニエル・オリベラスが下見中でした。
 キャンバー走行をしている野崎に足を踏まれているのはマインダーのカルロスくん。これがコースなのかセクションなのかは不明ですが、このあと後輪が滑り落ちてしまって、右側に待機している強靱そうなライダーとともに、マシンを引き上げているシーンも送られてきました。ありがとうございました。
 このサンティゴサトライアル、スペインではかなりの人気とのこと。日本人が一人ではさびしいので、ぜひ来年はみなさんもご参加を、との野崎選手よりの伝言でした。

関連記事

自然山通信2023年3月号電子版

春だ春だと喜んでいたら、いきなり夏日になろうかというあたたかい(暑い?)日にもなったりする今日この頃、本格的トライアルシーズンの始まりですね…

自然山通信3月号発売中!

2023年自然山通信3月号の発売です。シーズンオフは氏川政哉・武田呼人・廣畑伸哉がスペインへ。若いライダーがどんどん海外に出て行く時代になり…

新シェルコジャパン、始動

シェルコの、日本総代理店が変わって、このほどその活動が開始された。 (さらに…)…

高田島庭先コンペティション

5月5日(金曜日・こどもの日祝日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催…

4/16トライアルバイクテストデイ(茨城県)

2023トライアルバイクテストデイ開催のお知らせ 4月16日、茨城県真壁トライアルパークにて、トライアルバイクテストデイをやります。イ…

HRCクラブMITANIの2023年

HRCクラブMITANIが2023年の参戦体制を発表した。 HRCクラブはHRCのサポートチームで、かつては全日本チャンピオン小川友幸…

小玉絵里加と藤原慎也がGASGASアンバサダーに

全日本レディースゼッケン2番小玉絵里加と、2022年IASを走った藤原慎也が、2023年はGASGASのアンバサダーに就任するという発表があ…

オフロードパークSHIRAI

茨城県真壁町、マカベトライアルランドとともに、筑波山の麓にあるトライアルパークです。 (さらに…)…

奥山トライアルパーク

岐阜県恵那市のトライアルパーク、奥山トライアルパークです。 (さらに…)…

黒山健一、TY-Eで全日本に参戦

ヤマハ発動機が、2023年ヤマハ発動機モータースポーツ活動を発表。主要チーム体制とライダープロフィールを公開した。 (さらに&hel…

ページ上部へ戻る