2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. 2017お勉強会
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. リザルト中国
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト中国
  10. イベント(大会)
  11. MFJトライアル
  12. リザルト関東
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. リザルト中部
  19. リザルト関東
  20. 自然山通信2019年3月号
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(スクール)
  26. イベント(その他)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

SSDT 2日目

SSDT、2日目が終了した。

コースとセクションの毎日の設定は、参加者の話や表情を見ていると、微妙に日々変わるようだ。たとえば初日は、1年ぶりのスコットランドの地形にびっくりして、実力以上にくたびれる。木曜日や金曜日になると、それがだいぶ楽になってくる。この日火曜日は、振るい落とされるべきライダーにとっては、苦しい1日になっているはずだ。日本人ライダーは、みな元気に走っている。成績の方は、森進太郎と杉谷をのぞいては、見事に下位グループに集まってしまったが、SSDTでは、走り続けていることが重要だ。

2日目、オールクリーンで30セクションを回ってきたのは、グラハム・ジャービスとマイケル・ブラウン。これで、順位はころっと入れ替わったが、このクラスの人にとって、オールクリーンも可能だけど、5点くらいの減点もすぐにとってしまうから、今日トップにでたといっても、まだまだ先は見えない。きのうオールクリーンをしたジェームス・ダビルは2日目だけで10点をとってしまった。いかにも若いという点の取り方です。でも、去年出場した成田亮によれば、あのコースあのセクションで1日走って減点が数点というのは信じられないとのこと。日本の国債A級ライダーが信じられない走りを、SSDTでは世界選手権のトップライダーだけでなく、イギリスのふつうのライダーがこなしていくところが、これまた信じられないわけだ。

ライア・サンツはこの日12点! 56位に進出した。きのうの36点から一気に減点を1/3にしてきたのだからすごい。もしSSDTの走り方に気がついてしまったのだとしたら、今後さらに成績が上がってくるんじゃないだろうか。

SSDTでは、スタート順がグループごとに毎日変化する。初日はゼッケン1番が最初にスタートしたが、今日、ゼッケン1は一番最後の方になる。270人を6で割ると45人。ゼッケン45番が2日目の第一スタートということになるんだろうか。とすると、宮川、神部、杉谷、由利子の日本人組はもっとも遅いスタートになっているのかな?

森進太郎は1日あたり40点ペース。減点88点で順位も88位。イリス・クラマーは50点ペースでトータル減点107、112位。杉谷は162位。減点は152点。きのうより順位を落としているが、いいペースといえると思う。

宮川さんは225位(212点)、神部さん235位(222点)、由利子さん246位(249点)。1日目の宮川さんはケティ・サンター(女性デ・ナシオンイギリスチームの代表選手のひとり)に迫る勢いだったけど、杉谷と同じくみんなでペースを落としている。減点なんか気にしないで、どうぞスムーズに走りきってください。

猪倉さんは16分のタイムオーバー、野牧さんは31分。でもセクション見落としもなく走っている模様。猪倉さんが252位(290点)、野牧さんが253位(303点)。

そろそろリタイヤする人や、セクション見落とし(減点50点)が並んでいる人などが目に付き始めた。日本勢は、がんばっているといえそうです。

関連記事

2017お勉強会

7/20川内村お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

6/23全日本第3戦もてぎ

全日本選手権第3戦は関東大会。今年の関東大会は、世界選手権の興奮さめやらぬツインリンクもてぎでの開催となった。154台と、かつてない参加者で…

黒山健一、再び世界チャンピオンに向けて

黒山健一が、昨2018年に続き、世界選手権電動クラスに参戦する。黒山健一は昨年のフランスGPとベルギーGPに組まれた電動クラスに参戦、ランキ…

熾烈なトップ争いが期待される電動トライアル

ヤマハと黒山健一の参戦で盛り上がっているトライアルE(電動)世界選手権。今年は6月23日オランダGPと30日ベルギーGPの2戦にわたって開催…

ストライダー日本グランプリDay2も藤波3位表彰台!

6月9日、ツインリンクもてぎでの世界選手権、その2日目。トニー・ボウが見事な勝利を飾り、藤波貴久は再び表彰台に上った。2位はアダム・ラガ、黒…

ストライダー日本グランプリDAY1の結果

6月8日土曜日、ツインリンクもてぎで世界選手権第2戦、その1日目が開催された。 (さらに…)…

ストライダー日本グランプリ予選結果

世界選手権日本大会(正しくは「2019 FIMトライアル世界選手権第2戦ストライダー日本グランプリ」という)が始まった。 木曜日に受付・車検…

イベント(大会)

10/27第24回水源の森

第24回 水源の森ツーリング・トレッキング・トライアル&やまびこ祭り (さらに…)…

イベント(大会)

8/24第7回OASIS CUP

第7回 OASIS CUP トレッキング・トライアルIN比和 (さらに…)…

自然山通信2019年6月号電子版

自然山通信電子版をご用意しました。印刷した紙版と同じ消費税込み308円でのご提供です。 PDFでお届けしますので、お手もとのスマートフ…

ページ上部へ戻る