2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. MFJトライアル
  6. KLX230skidplate
  7. リザルト九州
  8. 2019.11.21

    地球温暖化?
  9. MFJトライアル
  10. イベント(その他)
  11. リザルト中国
  12. リザルト中国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. MFJトライアル
  18. リザルト近畿
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. 2019.10.13

    台風一過
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. イベント(大会)
  28. イベント(その他)
  29. MFJトライアル
  30. 2017TDN
  31. トライアル・デ・ナシオン
  32. リザルト関東
  33. リザルト東北
  34. リザルト中国
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト中国
  38. リザルト沖縄
  39. MFJトライアル
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト中国
  46. リザルト東北
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. リザルト中部
  50. リザルト四国
  51. 2019.08.02

    最近の星空
  52. イベント(大会)
  53. リザルト九州
  54. リザルト沖縄
  55. 140ccボアアップセット
  56. リザルト関東
  57. ワンタッチゼッケンプレートブラック

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

シェルコのSSDT

サム・コナー
優勝したサム・コナー
Photo:Sherco Information

 SSDT終了から一夜明けて、シェルコからプレスリリースが届いた。
 シェルコはサム・コナーが初優勝し、一方、SSDTには初登場の4T(4ストロークマシン)はリタイヤということになった。
 プレスリリースでは4Tのリタイヤにも触れているので、ご紹介します。


 シェルコは1999年にニューマシンとして登場したが、以降7年間に4回(1999、2003、2004、2005)勝利を飾ったことになる。ライダーはグラハム・ジャービス、ジョアン・ポンスに続く3人目。
 ジャービスは、2日目までは好調だったが、3日目にスコアを落として今回は6位となった。コナーは全体的にとてもよいパフォーマンスを演じ、金曜日にトップに躍り出た。最後はベン・ヘミングウェイ(モンテッサ)との激しいトップ争いとなったが、1ポイント差でトップを守ったことになる。
 3人目のシェルコ期待の星、ポンスは、しかし電気トラブルを発生させ、修復できないままに4日目以降の試合参加をあきらめた。
 シェルコでは、7年間で4回という高い勝率が示すマシンの優秀性と、異なる3人のライダーが次々とウイナーとなったことで、ライダーを選ばぬ乗りやすさをアピールしている。
■優勝したサム・コナーのコメント
「すばらしい結果となった。スコティッシュはいつ来てもハードで、でも今年は例年になくむずかしかった。それは、毎日、リーダーが変わるということになったリザルトが証明している。この大会には何回か参加しているが、勝利を獲得できて、とても満足だ。今回用のシェルコ2.9を受け取ったのは大会の1週間前で、充分に乗り込む時間はなかったのだけど、マシンは完璧で、なんの問題もなかった」

ポンスと4T

4Tを走らせたポンス
Photo:Sherco Information

■4Tを走らせたジュアン・ポンス
「その日、最初のセクション軍はスタートから50キロ先にあった。そこについたとき、すでにマシンはおかしくなり始めていた。おそらくは、雨に濡れたことによるなんらかの不都合があって、電気トラブルを発生したものだと思うけれど、正確にはわからない。その日はまだ180キロの行程が残っていたから、そのまま走り続けるより、一度パドックへ戻って、きちんと修復をして残りを走り続けるという判断をした。それで雨の中、今来た道をパドックへ戻ったんだ。それからパドックで、マシンを修復させるべく、必死で作業に及んだ。でも、とうとうマシンは、試合に復帰するコンディションにはなってくれなかった。それでリタイヤを決意したんだ。この結果はとても悲しいものだったけど、でも、リタイヤするまでのマシンのパフォーマンスにはとても満足している。セクションでは、とてもすばらしい性能を発揮した。来年、また戻ってきて、必ず好成績を上げてみせる」

関連記事

正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーはできません

MONTESAとTRRS輸入元エトスデザインより、正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーができないというお知らせで…

セロー225用ワイドステップセット

ぱわあくらふとより、YAMAHAセロー225用ワイドステップセットが、グレードアップして発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2020年1月号電子版できました!

遅くなりました。2020年1月号、電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末(パソコン、タブレット、スマートフォンなど)で…

自然山通信2020年1月号発売!

令和2年になりました。2020年1月号の発売開始です。毎年恒例【2019MFJ全日本トライアル全結果・MFJ非公認自然山通信オリジナル】掲載…

イベント(大会)

201912/30

1/3有東木お正月

2020年有東木お正月トライアル大会 2020年1月3日(金) 受付:8時30分~ エントリー費:4,000円 クラ…

イベント(大会)

201912/30

1/19第51回里山トライアル

第51回里山トライアル (さらに…)…

イベント(大会)

201912/29

1/26植木トライアル大会

2020年植木TR大会 寒くてもトライアルしましょう (さらに…)…

菅原義正さんの本

菅原さんには、一時期たいへんお世話になった。お世話になったばかりでなんのお返しもできていないのは菅原さんに限らずぼくの致命的なところだ。ほん…

新DVD・黒山健一ハイパーステアース発売!

自然山通信トライアルDVDの発売です。題して「ハイパーステアケース」。黒山健一選手が近年の新しいステアケース技術の話を交えながら解説していき…

GASGAS PROラジエターガード

三谷モータースポーツより、GASGAS TXTシリーズ用ラジエターガードが発売されました。転倒からラジエターを守ります。 (さらに&he…

ページ上部へ戻る