2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  1. リザルト関東
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. リザルト中国
  7. TRJ / MFJ
  8. イベント(大会)
  9. MFJトライアル
  10. リザルト関東
  11. イベント(大会)
  12. MFJ
  13. リザルト中国
  14. リザルト関東
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト中部
  21. 2017TDN
  22. トライアル・デ・ナシオン
  23. リザルト関東
  24. リザルト中国
  25. 2017お勉強会
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. イベントリザルト
  29. リザルト中国
  30. リザルト中国
  31. TRJ / MFJ
  32. イベント(その他)
  33. リザルト中国
  34. イベント(大会)
  35. リザルト九州
  36. TRJ / MFJ
  37. リザルト中国
  38. イベント(大会)
  39. リザルト中国
  40. リザルト関東
  41. イベント(大会)
  42. イベント(スクール)
  43. イベント(スクール)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウ、連続タイトル

08マドリッドのボウ

 インドアトライアル世界選手権は、3月15日、スペインのマドリッドで最終戦がおこなわれ、2008年の全5戦が終了した(当初の予定は6戦だったが1戦キャンセルとなった)。
 7500人のお客さんを集めた最終戦は、2007年チャンピオンのトニー・ボウ(モンテッサ)がライバルを押さえて快勝し、2年連続のインドア世界チャンピオンに輝いた。ボウは5戦中4勝の圧勝だった。
 2位はアルベルト・カベスタニー(シェルコ)、3位はアダム・ラガ(ガスガス)。この結果、ランキングでは両者が同点となったが、1勝をあげたラガが2位となっている。
 藤波貴久は4位で、ランキングも4位となった。

08マドリッドのトニーの走り

 ボウには、プレッシャーというものは存在しないのだろうか。逆に、すでにタイトルの望みのないラガ(ボウがクォリファイに出走した時点で、ボウのチャンピオンは決定した)にプレッシャーすら与える勢いのライディング。10分の持ち時間を2秒超過してのタイムオーバー(ヨーロッパでは、10分間の持ち時間は10分00秒の時点で切られるのではなく、11分00秒以前までと数える。日本人には理解できないけど、これがヨーロッパの趨勢です)と1点がふたつ、2点がひとつという、ほぼ完璧なスコアでファイナルに進出。

08マドリッドのラガ

 チャンピオン争いが絶望的となり、しかしまだランキング2位争いの渦中にいるラガは、第1セクションから5点をとるなどちょっと不幸な滑り出し。しかし最初と最後で5点をとった以外はこちらも完璧なトライ。第1セクションをボウと同じく2点に抑えていたら、最終セクションで5点となってもボウと同点だったという好結果だった。
 ファイナル進出の最後のキップを争ったのが、アルベルト・カベスタニーと藤波貴久。このふたりは5点の差を持ってランキング4位争いの真っ最中。しかしインドアで5点のポイントをひっくり返すのは容易ではない。藤波が優勝するとしたら(10点加算)カベスタニーが4位以下でなければならず、藤波が2位ならカベスタニーは最下位でなければいけないという状況。しかし藤波にしても、あきらめるわけにはいかない。

08マドリッドのカベス

 8つのオブザーブドセクションを、カベスタニーは17点で終了した。対して藤波は13点! ラガに劣ること1点の好結果だ。しかしこれに費やした時間が11分42秒。タイムオーバーは2点となった。
 ハプニングはこのあとおこなわれたハイジャンプ。オートバイの高飛びである。カベスタニーはすべてのバーを落とさずここまでの小計が17点。ところが藤波は、珍しくバーを落として3点を加算してしまった。ハイジャンプでの減点は、ドギー・ランプキンが5点、インドア世界選手権初挑戦のダニエル・オリベラスが3点と藤波の3点、3人だけだった。この結果、カベスタニーに逆転を許して、17対18で最後の勝負のダブルレーンの戦いとなった。
 ダブルレーンでは、藤波がダッシュ、カベスタニーを抑えて勝利を飾ったが、この勝利でカベスタニーに科せられる減点は1点。18点対18点で同点となった。
 同点の場合、クォリファイラップではオブザーブドセクションでの走行時間の短いものが上位となる。藤波は11分42秒。カベスタニーは減点なしの10分42秒。このタイム差で、カベスタニーのファイナル進出が決まった。ファイナルでカベスタニーが善戦して2位となったので、カベスタニーと藤波の間には8点のポイント差が残ることになった。
 クォリファイを2位で通過したラガは、ファイナルではミスが多く、ボウの追撃などとうてい不可能な走りっぷり。しかし今回3位に入ったことで、カベスタニーの追撃をぎりぎりで退け、ランキング2位を獲得した。両者のポイントは同点。優勝1回の実積を残しているラガが上位につけることになったわけだ。
 5位はすっかり指定席になってしまったジェロニ・ファハルド。6位はこのインドアシーズンではついにいいところがなかったランプキン。そしてがんばったがやはりインドア世界選手権の壁は厚かったオリベラスが7位となって、最終戦は終了した。

関連記事

自然山通信2月号発売!

2023年自然山通信2月号の発売です。国際A級スーパークラス・小川毅士選手による2023ニューモデルテストスタート! 第1機種はVert…

リザルト関東

2023関東選手権茨城大会

2023関東選手権茨城大会 2023年2月5日 オフロードパークSHIRAI (さらに…)…

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

ページ上部へ戻る