2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. 2020.04.05

    福島市へ行く
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト四国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト沖縄
  22. イベント告知
  23. 2020XTDN延期
  24. イベント(大会)
  25. SSDT中止
  26. イベント(大会)
  27. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  28. リザルト関東
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト近畿
  40. リザルト沖縄
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. イベント(その他)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト沖縄
  48. イベント(大会)
  49. イベント(その他)
  50. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ライア快勝……

08ライア

 女性世界選手権開幕戦は3月29日ルクセンブルグで開催された。前日に降った雨で泥の斜面は滑りやすく、ライア・サンツといえどもオールクリーンはむずかしい。減点を重ねて、イギリスのレベッカ・クックの追撃を許すかとも思えたが、最後には王者らしい快勝ぶりを見せた。
 2位はレベッカ・クック。3位は2007年世界チャンピオンのイリス・クラマーが入った。
 3位までの表彰台の顔ぶれはこの数年変わっていないが、イギリス勢の台頭、若手の進出など、女性トライアルの世界も確実に変化が起こっている。

 イギリス人クックは、昨年に増してたくましくなった。バランスを崩しても足を出さない、1点を大事に走る……。1ラップ目、ライア10点(5点ひとつ)に対して20点とダブルスコアをつけられたのは、まだまだ差は大きいと評価すべきか、チャンスが訪れる日も遠くないと見るべきか。
 昨年、たった2戦になった世界選手権で王者ライア・サンツに土をつけたイリス・クラマーに代わって、打倒ライアの最右翼に名乗り出たのが、レベッカ・クックだ。
 ゼッケン1をつけたイリス・クラマーは、序盤から減点がかさんで今回はチャンスなしの様相だった。

08Luxイリス
イリス・クラマー

 1ラップ目28点は3位を守ってはいたが、4位のマリア・コンウェイが29点と僅差に迫っている。
 驚くべきは、4位から6位までイギリス人が占めたことだ。07年TDNでの優勝チームだけのことはある。TDNの代表選手は3名だが、イギリスはまだまだ層が厚いということだ。
 7位は、ドイツのロシータ・イオリタ。さらに7位にはアイルランドの(いかにも生意気そうな)小娘、サーシャ・ターキントンが入っている。うまいけど線が細かったターキントンだが、今回はがぜん強くなっている。ターキントンは、翌日のユース125クラスにも参戦する。
 ターキントンだけではない。2位に入ったレベッカ・クック、ドンナ・フォックスは、やはり翌日のジュニアクラスに参戦。過去、イリス・クラマーがユースクラスに参戦してその難度の高さに数戦参戦ののちに撤退した経緯がある。さて、彼女たちはどんな結果を残すだろうか。

Pos. Rider Machine Nation Lap1 Time Lap2 Time Total Clean
1 Laia Sanz Montesa Spain 10 0 1 0 11 22
2 Rebekah Cook GasGas UK 20 0 6 0 26 16
3 Iris Cramer Scorpa Germany 28 0 15 0 43 12
4 Maria Conway Beta UK 29 0 24 0 53 10
5 Donna Fox Sherco UK 36 0 19 0 55 7
6 Emma Bristow GasGas UK 36 0 26 0 62 7
7 Rosita Leotta GasGas Germany 38 3 25 0 66 6
8 Sasha Turkington GasGas Ireland 44 0 27 0 71 4
9 Sandrine Juffet GasGas France 45 3 30 0 77 4
10 Ina Wilde Sherco Germany 52 0 39 0 91 2
11 Carla Calrderer GasGas Spain 58 0 34 0 92 2
12 Maryline Journet GasGas France 50 0 42 0 92 1
13 Maddalen Aizpurua GasGas Spain 50 9 36 0 95 3
14 Katy Sunter GasGas UK 55 2 39 0 96 3
15 Connie Ludvigsen Sherco Norway 56 0 43 0 99 2

関連記事

お待たせ! 自然山通信2020年6月号電子版

自粛自粛、おうちで踊ろうばっかりの世の中、トライアルもテレワークでつながってみました、というお話しを特集してみました。 ご購入いただき…

自然山通信6月号発売!

自然山通信6月号発売のお知らせです。今月の特集は「今どきのテレワーク・トライアル」と世界選手権参戦25年を迎えたフジガスこと藤波貴久選手のの…

プロターとの思い出、プロヴィーニさんとの思い出

ちょっと探し物をしていた時に(なぜか娘の家で)発掘されたなにやらの賞状らしきもの。なんだろうね、これ?? とすっかり記憶が失せていたのだけど…

MFJトライアル

全日本関東大会の日程変更とGC大会の中止他

COVID-19による全面自粛騒動から一歩進んで、これから、ちょっとずつ日常に戻ってくる。それに合わせて、イベントスケジュール情報もいろいろ…

ガエルネ・バランスクラシック新色発売!

マシンとの一体感を極限まで高めた、究極のマン=マシンバランスを実現。進化を遂げたガエルネ最高峰トライアルブーツ「BALANCE CLAS…

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

ページ上部へ戻る