2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ライア・サンツV6

ライア・サンツ

 10月2日、北イタリア西部、フランス国境に近いビラ・ペリーチェで開催されたウーマンズ世界選手権第2戦で、ライア・サンツが2005年の世界チャンピオンを決定した。
 ライアはすでに2000年から5年連続の世界タイトルを獲得しているが、これで6年連続の世界タイトルとなった。


 今回の世界選手権では、イリス・クラマーが中心になって「トップライダーにとって簡単すぎるセクション設定をなんとかする手段はないものか」という問題定義がなされたが、ライアを中心に考えなくても、セクションはやや簡単だったように思われる。
 それでも、自ら簡単すぎるというイリスでも1ラップ(10セクション)で11点の減点を叩いた。そんな中、ライアはまったく足をつかずに2ラップを走破、さらに4セクション2ラップで行われるプレイオフでもオールクリーンして、合計28個のクリーンとともに文句なしの勝利を獲得した。
 FIMトライアル委員長のイグナシオ・ベルネダによると、ライダーのテクニック格差は広がる一方なので、ウーマンズ世界選手権にもクラス分けを考えるべき時期がきたと言うことで、これはイリスらの提言に応えたものともいえる。おそらくは、来シーズンの選手権から、このシステムが導入されるのではないかということだ。
 一方ライダーからは、緊張の意図が途切れるプレイオフ制度も不評だが、しかし観客がトップライダーの闘いをあらためて見られるこのシステムは、これからのトライアルを考える点で、女性部門のみならず、よりよい制度に熟成して広めていく必要があるというのが、FIMの考えのようだ。

ウーマンズ世界選手権最終戦
10セクション×2ラップ+4セクション×2ラップ

Pos. Rider 1lap 2lap 1lap 2lap total clean
1 L.sanz 0 0 0 0 0 28
2 I.Kramer 6 5 4 3 18 16
3 D.Fox 15 9 6 3 33 13
4 C.Bertrand 7 12 7 10 36 13
5 M.Conway 14 16 5 7 42 10
6 R.Leotta 12 20 6 4 42 10
7 K.Fla 20 16 7 10 53 9
8 B.Cook 16 21 10 9 56 9
9 C.Calderer 17 16 10 15 58 8
10 L.Dyrkorn 14 25 11 9 59 8

ランキング

Pos. Rider Nationality Round1 Round2 Points
1 L.sanz スペイン 20 20 40
2 I.Kramer ドイツ 17 17 34
3 R.Leotta ドイツ 15 10 25
4 C.Bertrand フランス 11 13 24
5 M.Conway イギリス 13 11 24
6 B.Cook イギリス 10 8 18
7 D.Fox イギリス 2 15 17
8 L.Dyrkorn ノルウェー 8 6 14
9 K.Fla ノルウェー 3 9 12
10 S.Weindl ドイツ 5 5 10
11 萩原真理子 日本 9 9
12 西村亜弥 日本 7 7
13 C.Calderer スペイン 0 7 7

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る