2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. イベント(スクール)
  2. イベント(大会)
  3. MFJトライアル
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. 2017お勉強会
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(その他)
  12. リザルト東北
  13. MFJトライアル
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. 2016高田島ツートラ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(その他)
  25. リザルト中国
  26. リザルト中国
  27. リザルト中部
  28. リザルト中国
  29. リザルト関東
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト沖縄
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ことしのSSDT

SSDTの公式サイトで、今年のSSDTに参加が受理された267人の名簿が発表された。
このエントリーリストは、申し込みのあった人の中から抽選などで受理をした人を発表しているもので、この中からキャンセルがあった場合などは、このリスト外の人の参加も認められる。
エントリーリストから今年の動向を占ってみる。


グラハム・ジャービス、ジュアン・ポンスとふたりの歴代優勝者は、エントリー欄のマシン名がシェルコとだけ記載されている。これに匹敵する実力を持っていると思われるサム・コナーもマシン欄は空白だ。シェルコが今年の世界選手権に2ストロークマシンを走らせるか3.2 4tを走らせるかは、現在のところ確定的な情報はない。このリストを見ると、SSDTでデビューという線を狙っているのではないかなと思われる。ちなみに全エントリーの中には、シェルコ320となっているライダーは、4名いた。シェルコはこの他、社長のマーク・テシエや広報マンのアンドリュー・コディナ(間もなく発売2005バイク選びにも大きな声で登場している)も出場する。
シェルコ軍団以外では、これも優勝経験者のスティーブ・コリーはガスガス300にて出場。長老組でいえば、アモス・ビルバオなんてのもいた。マシンはもちろんコタ4TR。若手組では、ジュニアカップで活躍するジェームス・ダビルはベータ270、ミカ・ベステリーネンやジェローム・ベシュンの名前もある。近代ライダーの彼らは、SSDTのスタイルとは最もかけ離れた印象があるけど、それだけに得るものも多いのかもしれない。
おっと、タレスを破って世界チャンピオンになった3人のうち一人、トンミ・アーバラが出場予定(ほかのふたりはミショーとコロメ)。現在はアメリカでトライアル活動をおこなっているアーバラだけど、そろそろフィンランドに帰ってくるという話もある。
ドギー・ランプキンそのものの出場はないが、その周辺はSSDTがお好き。なんたって、国技みたいなもんだ。ドギーのメインマインダーのジェームス、ドギーの弟のハリー、ランプキン家の子分のようなベンとダンのヘミングウェイ兄弟(ベンが弟で、デ・ナシオンに出場したこともある)。おもしろいことを発見。ベン・ヘミングウェイとハリー・ランプキンはモンテッサにてのエントリー、ダン・ヘミングウェイとジェームス・ランプキンはベータでエントリーだ。甥のジョン・ランプキンはベータのインポーターだから、モンテッサもベータも、彼らにとっては関係の深いマシンということになる。そのジョンは「もう年だから」と引退して、杉谷ら、ベータで出場する人たちのサポートに精を出している。
日本人は、猪倉誠治、神部逸男、小林由利子、宮川善治、森進太郎、野牧ハルヒコ、杉谷真の7名。杉谷と小林由利子さんの二人だけが、完走経験がある。猪倉さんと野牧さんはモンテッサ、神部さんと森くんはガスガス、小林、宮川、杉谷の3人はベータに乗る予定。
由利子さんをはじめ、女性ライダーは、気がついた範囲では(リストには性別は書いてない)フランス人のニコラス・カリーム(ティエリー・ミショー親分もいっしょみたいだ)、イギリス人のカティ・サンター、ノルウェーのリンダ・メイヤー、ドイツのイリス・クラマー、そして今年はついにライア・サンツの名前もあった。
ジョン・シャート、マーチン・クロスワイト、ナイジェル・バーケットなど、なつかしい名前のライダーも見かけるけど、いにしえのライダーたちはだいぶ姿を消している。やっぱり寄る年波には勝てず、プレ65に流れているのかもしれない。といっても、プレ65はけっして年寄りにやさしいトライアルごっこではないのだが。
イギリス人128人、フランス人13人、ドイツ人3人、日本人7人、ノルウェー一人、スペイン人34人、アメリカ人3人、アンドラ4人、オーストラリア4人、オーストリア二人、オランダ一人、フィンランドひとり、アイルランド3人、マン島一人、ニュージーランド一人、ポルトガル一人、スコットランド人39人、スイス4人、ウェールズ9人。国籍不明の人もいるので計算は合いませんが、これが、今年のSSDTを走らんとする人々です。

関連記事

イベント(スクール)

202011/23

12/12-13 Gatti School Special 真壁

緊急開催決定 Gatti School Special 真壁トライアルランドで開催。 12月12日土曜日・12月13日日曜日、2日間に…

2021年世界選手権カレンダーは?

2021年FIM世界選手権(暫定)スケジュールが発表になった。日本GP(ツインリンクもてぎ)は5月15〜16日に設定されている。 (…

イベント(大会)

202011/19

12/27 GATTIスクール杯【会場変更】

今年7月に、7年ぶり開催となったガッチスクール杯!! 好評につき第2回開催決定!! 皆様と楽しみたいと思いますので参加宜しくおねがいしま…

2021年、ガスガスがロードレースに進出

ガスガスがKTM傘下となって1年になろうとしているが、KTMのガスガス・ブランド戦略が本気だ。 (さらに…)…

2021年のXトライアルはこうなる?

Xトライアルの2021年暫定カレンダーが発表された。このまま大会が開催される確証はないし、今後の感染症蔓延の状況を見ながらカレンダーの変更は…

2020年11月号電子版もありますよー

老眼でお悩みの方にお勧めの、お手持ちの電子端末でお好きな大きさに拡大して読める、自然山通信電子版。遅くなりましたが、11月号をお届けします。…

自然山通信11月号発売中!

自然山通信11月号発売中! ちょっと遅くなてしまいましたが、今月も元気にちょっと増ページ。ずっしり重くなってオールカラー70ページ・314円…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2020全日本選手権最終ランキング(独自集計)

2020年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位です。出場し…

全日本トライアル最終戦結果

2020年11月8日 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:晴れときどき曇り 観客数:0人(無観客試合) IAS:10…

ページ上部へ戻る