2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2017お勉強会
  2. イベント(大会)
  3. TRJ / MFJ
  4. TRJ / MFJ
  5. イベント(その他)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(大会)
  11. リザルト関東
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(スクール)
  15. リザルト関東
  16. イベント(大会)
  17. TRJ / MFJ
  18. TRJ / MFJ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト関東
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. MFJトライアル
  27. リザルト東北
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. TRJ / MFJ
  33. TRJ / MFJ
  34. TRJ / MFJ
  35. MFJトライアル
  36. リザルト関東
  37. TRJ / MFJ
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. トライアル・デ・ナシオン
  41. 2017TDN
  42. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ファハルド見事3位、藤波は6位

ファハルドの

ルーキーイヤーで3位。大活躍のファハルド

  2月6日、トライアルのメッカ、スペインのバルセロナで開催されたインドアトライアル世界選手権第5戦。今回も、ラガの独壇場は変わらなかった。しかし今回はルーキーのファハルドが大活躍をした。


 ラガは、今回はカベスタニーに続いて2番手スタートだったが、そのスタート順も、ラガやカベスタニーにはほとんど成績に関係ないようだ。
 ラガはこれで開幕5連勝。インドアは全12戦(例年、ひとつふたつはキャンセルがあるが、今のところ、今年のスケジュールにキャンセルはない)。計算上は、まだまだラガのチャンピオン王手とはいかないが、事実上、今年のラガのタイトルは決定的となっている。
 今回も2位を獲得したのはカベスタニー。カベスタニーも、今シーズン4回目の2位入賞で、ランキングでは3位以下とのリードを広げつつある。インドアは、カベスタニーの得意の領域でもあるのだが、この結果は、シェルコとのコンビネーションが良好に仕上がっていることを意味しているかもしれない。

ラガの堂々たる走り
勝利は予定通り?のラガ

 今回大活躍だったのがジェロニ・ファハルドだった。今回のファハルドは乗りに乗れていた。クォリファイでは、序盤6つのセクションを終えた時点で、カベスタニー8点、ラガ5点に対して、ファハルドは3点だった。チャンピオン二人を相手に、トップをとる勢いだったのだ。結局そのあと5点を取って、カベスタニーと同点、カベスタニーはダブルレーンでランプキンと勝負して勝利し、ファハルドはラガと勝負して勝利、結局クォリファイのすべてのセクションを終えて、ファハルドとカベスタニーが同点となった。両者は8つのオブザーブドセクションでの22秒の走行タイム差によって、クォリファイ2位がファハルド、3位がカベスタニーということになった(この順位は、ファイナルでのトライ順に影響を与える)。
 この日、悪夢となったのがモンテッサの三人衆だった。藤波、ランプキン、フレイシャのうち、もっとも成績優秀だったランプキンも、カベスタニーの倍以上の減点をとっている。これが、モンテッサの、4ストロークの弱点だったのかもしれないし、あるいはワークスマシン開発中の過渡期なのかもしれない。しかし今回、藤波に関して言えば、それ以外の大きなトラブルがあった。
 第1セクションは、かなりの高さまで登る三段ステアだった。ここで藤波は失敗。マシンは下まで真っ逆さまに落ちて、フロントフォークまで曲がる大ダメージを受けたという。インドアトライアルでは、このダメージを修復する時間はない。そのまま走り続けるか、スペアマシンに乗り換えるしかない。そのスペアマシンは、藤波らのマシンとは仕様のちがうスタンダードのもの。インドアトライアルを戦う上で、体制的に万全とは言えない現在のモンテッサチームである。

カベスタニーの走り
安定して2位に入るカベスタニー

 マシンに大ダメージを負った藤波は、その後いくつかのセクションをそのまま走り、後半のセクションをスタンダードで走ったものの、やはりクォリファイを通過するにはいたらず。フレイシャとのダブルレーンに勝利したのをせめてもの好材料として敗退した。
 前回ランプキンが6位となったことで一気に僅差となったランプキンと藤波のポイント差は、今回藤波の6位でまた広がって3点差。ワークスマシン開発中のモンテッサチームでは、チームメイト同士のランキング3位争いが焦点となりつつある。

世界選手権第5戦結果
スペイン・バルセロナ

ファイナル
1位 アダム・ラガ ガスガス 15
2位 アルベルト・カベスタニー シェルコ 22
3位 ジェロニ・ファハルド ガスガス 24
クォリファイ
1位 アダム・ラガ ガスガス 6
2位 ジェロニ・ファハルド ガスガス 8
3位 アルベルト・カベスタニー シェルコ 8
4位 ドギー・ランプキン モンテッサ 17
5位 マルク・フレイシャ モンテッサ 20
6位 藤波貴久 ホンダ 21
ランキング
1位 アダム・ラガ 50
2位 アルベルト・カベスタニー 38
3位 ドギー・ランプキン 27
4位 藤波貴久 24
5位 ジェロニ・ファハルド 19
6位 マルク・フレイシャ 19
7位 トニー・ボウ 5
8位 ジェローム・ベチューン 5
9位 タデウス・ブラズシアク 2
10位 野崎史高 1

Photo:Pep Segales

関連記事

自然山通信2022年8月号電子版

8月15日になってしまってお盆になってしまいましたが、8月号電子版も、ひっそりとできあがっております。 (さらに…)…

2017お勉強会

8/27高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

自然山通信8月号発売中

自然山通信8月号発売中!世界選手権参戦から一時帰国した小川毅士とマインダーのガミーこと大神智樹のインタビュー「ツヨシとGAMMyの持ちつ持た…

イベント(大会)

10/9 2022年メッツカップ第2戦

2022年メッツカップ第2戦のお知らせ トライアルメッツクラブより 初心者の方が安心して楽しめ元気が出る親睦草大会です。 感染予防…

2022年の原発見学

2年分ぶりに、福島第一原発を見学してきた。今回は、初めて経験させてもらえることもあって、興味深かった。だらだら長くなってしまったけど、原発廃…

8/19-20 2022シティトライアルジャパン開催

全日本選手権第5戦はシティトライアルジャパン(CTJ)。いろいろと、これが初めての試みとなる。MFJ公式プロモーションサイトに詳細が公開され…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第4戦北海道大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第4戦北海道大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年7月17日 ●北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 天候:晴れのち曇り…

イベント(その他)

10/16第4回中部クラシックトライアルミーティング

中部クラシックトライアルミーティングを鷲ヶ岳スキー場にて開催します。普段あまり動かす機会のないヴィンテージなトライアル車を走らせましょう。 …

自然山通信2022年7月号

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、PDFで配信する電子版もご用意しました。 お手元の電子機…

ページ上部へ戻る