2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJ
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト中部
  20. 2017TDN
  21. トライアル・デ・ナシオン
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. 2017お勉強会
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. イベントリザルト
  28. リザルト中国
  29. リザルト中国
  30. TRJ / MFJ
  31. イベント(その他)
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. リザルト九州
  35. TRJ / MFJ
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(スクール)
  43. リザルト関東
  44. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ファハルド見事3位、藤波は6位

ファハルドの

ルーキーイヤーで3位。大活躍のファハルド

  2月6日、トライアルのメッカ、スペインのバルセロナで開催されたインドアトライアル世界選手権第5戦。今回も、ラガの独壇場は変わらなかった。しかし今回はルーキーのファハルドが大活躍をした。


 ラガは、今回はカベスタニーに続いて2番手スタートだったが、そのスタート順も、ラガやカベスタニーにはほとんど成績に関係ないようだ。
 ラガはこれで開幕5連勝。インドアは全12戦(例年、ひとつふたつはキャンセルがあるが、今のところ、今年のスケジュールにキャンセルはない)。計算上は、まだまだラガのチャンピオン王手とはいかないが、事実上、今年のラガのタイトルは決定的となっている。
 今回も2位を獲得したのはカベスタニー。カベスタニーも、今シーズン4回目の2位入賞で、ランキングでは3位以下とのリードを広げつつある。インドアは、カベスタニーの得意の領域でもあるのだが、この結果は、シェルコとのコンビネーションが良好に仕上がっていることを意味しているかもしれない。

ラガの堂々たる走り
勝利は予定通り?のラガ

 今回大活躍だったのがジェロニ・ファハルドだった。今回のファハルドは乗りに乗れていた。クォリファイでは、序盤6つのセクションを終えた時点で、カベスタニー8点、ラガ5点に対して、ファハルドは3点だった。チャンピオン二人を相手に、トップをとる勢いだったのだ。結局そのあと5点を取って、カベスタニーと同点、カベスタニーはダブルレーンでランプキンと勝負して勝利し、ファハルドはラガと勝負して勝利、結局クォリファイのすべてのセクションを終えて、ファハルドとカベスタニーが同点となった。両者は8つのオブザーブドセクションでの22秒の走行タイム差によって、クォリファイ2位がファハルド、3位がカベスタニーということになった(この順位は、ファイナルでのトライ順に影響を与える)。
 この日、悪夢となったのがモンテッサの三人衆だった。藤波、ランプキン、フレイシャのうち、もっとも成績優秀だったランプキンも、カベスタニーの倍以上の減点をとっている。これが、モンテッサの、4ストロークの弱点だったのかもしれないし、あるいはワークスマシン開発中の過渡期なのかもしれない。しかし今回、藤波に関して言えば、それ以外の大きなトラブルがあった。
 第1セクションは、かなりの高さまで登る三段ステアだった。ここで藤波は失敗。マシンは下まで真っ逆さまに落ちて、フロントフォークまで曲がる大ダメージを受けたという。インドアトライアルでは、このダメージを修復する時間はない。そのまま走り続けるか、スペアマシンに乗り換えるしかない。そのスペアマシンは、藤波らのマシンとは仕様のちがうスタンダードのもの。インドアトライアルを戦う上で、体制的に万全とは言えない現在のモンテッサチームである。

カベスタニーの走り
安定して2位に入るカベスタニー

 マシンに大ダメージを負った藤波は、その後いくつかのセクションをそのまま走り、後半のセクションをスタンダードで走ったものの、やはりクォリファイを通過するにはいたらず。フレイシャとのダブルレーンに勝利したのをせめてもの好材料として敗退した。
 前回ランプキンが6位となったことで一気に僅差となったランプキンと藤波のポイント差は、今回藤波の6位でまた広がって3点差。ワークスマシン開発中のモンテッサチームでは、チームメイト同士のランキング3位争いが焦点となりつつある。

世界選手権第5戦結果
スペイン・バルセロナ

ファイナル
1位 アダム・ラガ ガスガス 15
2位 アルベルト・カベスタニー シェルコ 22
3位 ジェロニ・ファハルド ガスガス 24
クォリファイ
1位 アダム・ラガ ガスガス 6
2位 ジェロニ・ファハルド ガスガス 8
3位 アルベルト・カベスタニー シェルコ 8
4位 ドギー・ランプキン モンテッサ 17
5位 マルク・フレイシャ モンテッサ 20
6位 藤波貴久 ホンダ 21
ランキング
1位 アダム・ラガ 50
2位 アルベルト・カベスタニー 38
3位 ドギー・ランプキン 27
4位 藤波貴久 24
5位 ジェロニ・ファハルド 19
6位 マルク・フレイシャ 19
7位 トニー・ボウ 5
8位 ジェローム・ベチューン 5
9位 タデウス・ブラズシアク 2
10位 野崎史高 1

Photo:Pep Segales

関連記事

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

202212/22

1/22新春糸島トライアル大会

2023年1月22日(日) 新春糸島トライアル大会 開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る