2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2017お勉強会
  2. イベント(大会)
  3. TRJ / MFJ
  4. TRJ / MFJ
  5. イベント(その他)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(大会)
  11. リザルト関東
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(スクール)
  15. リザルト関東
  16. イベント(大会)
  17. TRJ / MFJ
  18. TRJ / MFJ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト関東
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. MFJトライアル
  27. リザルト東北
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. TRJ / MFJ
  33. TRJ / MFJ
  34. TRJ / MFJ
  35. MFJトライアル
  36. リザルト関東
  37. TRJ / MFJ
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. トライアル・デ・ナシオン
  41. 2017TDN
  42. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウ、ラガを破る?

 2月19日、インドア世界選手権も第7戦。今回は北イタリアのミラノでの開催だ。
 優勝はいつものとおりラガ。向かうところ敵なしで7連勝。ライバルには、まったくつけいるすきを見せない。
 しかし今回、活躍が光ったのはワイルドカードのトニー・ボウだった。
 モンテッサの3人は、再び全員ファイナルに進出できずに終わっている。

ボウ

あわや優勝のチャンスもあった
トニー・ボウ

 今回のワイルドカードライダーはトニー・ボウとタデウス・ブラズシアクの二人。二人とも、今シーズン1回ずつレギュラーメンバーを破った実績の持ち主だ。
 しかしやはり注目はボウ。前回もレギュラーを破って4位を獲得して存在感を示したが、なんと今回は、クォリファイでラガを破って、トップスコアでファイナル進出を果たした。
 今大会、レギュラーメンバーは、どうしたことかミスの目立つ走りを披露した。第1セクションから4連続5点というとんでもないスコアを叩いてしまった藤波貴久も、結果として優勝するラガも、ミスをしながら試合を進めている点では、大差ないという見方もできる。
 そんな中、本来の実力をきちんと発揮したのが、ボウだった。もともとボウはインドアが大の得意の選手だが、同じくインドアは慣れているはずのファハルドも、世界選手権のルーキーとしてクォリファイ通過には何戦かの訓練期間を要した。対してボウは、初参加からクォリファイ通過を果たした。インドア界に、たいへんな逸材が出現したということになる。

カベスタニー

前回の予選落ちから今回は勝利まで後一歩
シェルコのアルベルト・カベスタニー

 ボウは、第1セクションこそ5点になったが、その後はスピーディにセクションをこなし、7セクションを10分33秒で走りきって6点。対してラガは、7セクションを4点にまとめたが、そのタイムは12分33秒。制限時間は11分。ラガは、30秒ごと1点のタイムオーバー減点を4点ちょうだいし8点。さらに両者の争いとなったダブルレーンでもボウはラガに勝利して、ボウ6点に対し、ラガ9点。クォリファイとはいえ、このインドアシーズン、ラガがはじめて破れるというシーンは、なんとワイルドカードライダーによって実現されたことになる。
 ファイナル進出の最後の席をかけた3位争いは、カベスタニーとファハルドの間で争われた。今回は2点差でカベスタニーの貫録勝ちとなった。
 ニューマシンの開発に忙しいモンテッサチームは、それがそのまま成績に出ている。今回、チームはまた新しいしようのマシンを投入したようで、ニューマシンに乗り慣れるひまもなくインドアに参戦。その乗り込み不足が、そのまま低迷のリザルトにつながってしまっている。

ラガ

ぎりぎりの勝利だったが、開幕7連勝
負け知らずのアダム・ラガ

 ただし結果は結果としても、日々開発が進み、望む性能が出ていることにライダーは満足げ。いいマシンができつつあるという実感が、成績に結びつかないのがくやしいところだが、アウトドアシーズンが始まってからの快進撃を目指して、今シーズンのインドアは我慢の時らしい。
 さて、またもモンテッサが全滅して、ベータ、ガスガス、シェルコの3台によるファイナルの争い。しかしここで大トラブル。ボウのベータが、大きな異音とともにマシントラブルを発生して、走行不能になってしまった。ミッション関係のトラブルと思われるが、これでボウはスペアのマシンに乗り換えることになった。しかしこのスペアが、セッティングもまともに出ていないような不調のマシンで、さすがにこれではボウも本領を発揮できず、ズルズルと減点を重ねて、ワイルドカードライダーの初優勝の夢物語は、まさに夢物語で終わった。
 ラガとカベスタニーの戦いはしれつだった。カベスタニーは第1セクションで5点を取るも、その後はクリーンを連発。しかし1セクション1分のタイムは守れない。対してラガは、5点はないものの、クリーンが少ない。試合が進むと、なんとふたりは同点となっていた。

表彰式

ボウが加わり、珍しい顔ぶれの表彰台。
左は4位のファハルド。
右に藤波の姿がちょっとだけ見える。

 勝負を決めるのは、プレイオフセクション。勝負がつくまで、セクションでの一騎打ち。一つ目のセクションは二人とも5点。二つ目のセクションは、二人ともクリーン。結局、セクションの走破時間の勝負で、ラガの勝利が決まった。ボウに脅かされ、ファイナルではカベスタニーに詰め寄られ、今回のラガは、薄氷を踏む勝利だった。
 今回の1戦で、藤波のランキングはファハルドに逆転され、1点差ながらランキング5位に転落した。この苦戦が2005年シーズンをどう占うのか、結論は、もう少し将来を待たなければいけないだろう。現在、モンテッサのワークスマシンはエンジンがほぼ完成に近づいたというところ。このあと、フレームまわりの開発が待っている。インドアのシリーズはようやく半分が終わったところ。シリーズを追いつつのマシン開発はさぞ忙しいにちがいない。しかしようやく仕上がってきたエンジンは抜群ということで、このうえは開発がきちんと進んで、試合できっちり成績を出していただくのを待つばかりだ。

世界選手権第7戦結果
イタリア・ミラノ

ファイナル
1位 アダム・ラガ ガスガス 9
2位 アルベルト・カベスタニー シェルコ 9
3位 トニー・ボウ ベータ 34
クォリファイ
1位 トニー・ボウ ベータ 6
2位 アダム・ラガ ガスガス 9
3位 アルベルト・カベスタニー シェルコ 19
4位 ジェロニ・ファハルド ガスガス 21
5位 ドギー・ランプキン モンテッサ 23
6位 藤波貴久 ホンダ 27
7位 マルク・フレイシャ モンテッサ 28
8位 タデウス・ブラズシアク ガスガス 31
ランキング
1位 アダム・ラガ 70
2位 アルベルト・カベスタニー 51
3位 ドギー・ランプキン 37
4位 ジェロニ・ファハルド 32
5位 藤波貴久 31
6位 マルク・フレイシャ 23
7位 トニー・ボウ 11
8位 タデウス・ブラズシアク 6
9位 ジェローム・ベチューン 5
10位 野崎史高 1

関連記事

自然山通信2022年8月号電子版

8月15日になってしまってお盆になってしまいましたが、8月号電子版も、ひっそりとできあがっております。 (さらに…)…

2017お勉強会

8/27高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

自然山通信8月号発売中

自然山通信8月号発売中!世界選手権参戦から一時帰国した小川毅士とマインダーのガミーこと大神智樹のインタビュー「ツヨシとGAMMyの持ちつ持た…

イベント(大会)

10/9 2022年メッツカップ第2戦

2022年メッツカップ第2戦のお知らせ トライアルメッツクラブより 初心者の方が安心して楽しめ元気が出る親睦草大会です。 感染予防…

2022年の原発見学

2年分ぶりに、福島第一原発を見学してきた。今回は、初めて経験させてもらえることもあって、興味深かった。だらだら長くなってしまったけど、原発廃…

8/19-20 2022シティトライアルジャパン開催

全日本選手権第5戦はシティトライアルジャパン(CTJ)。いろいろと、これが初めての試みとなる。MFJ公式プロモーションサイトに詳細が公開され…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第4戦北海道大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第4戦北海道大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年7月17日 ●北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 天候:晴れのち曇り…

イベント(その他)

10/16第4回中部クラシックトライアルミーティング

中部クラシックトライアルミーティングを鷲ヶ岳スキー場にて開催します。普段あまり動かす機会のないヴィンテージなトライアル車を走らせましょう。 …

自然山通信2022年7月号

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、PDFで配信する電子版もご用意しました。 お手元の電子機…

ページ上部へ戻る