2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. MFJトライアル
  6. KLX230skidplate
  7. リザルト九州
  8. 2019.11.21

    地球温暖化?
  9. MFJトライアル
  10. イベント(その他)
  11. リザルト中国
  12. リザルト中国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. MFJトライアル
  18. リザルト近畿
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. 2019.10.13

    台風一過
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. イベント(大会)
  28. イベント(その他)
  29. MFJトライアル
  30. 2017TDN
  31. トライアル・デ・ナシオン
  32. リザルト関東
  33. リザルト東北
  34. リザルト中国
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト中国
  38. リザルト沖縄
  39. MFJトライアル
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト中国
  46. リザルト東北
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. リザルト中部
  50. リザルト四国
  51. 2019.08.02

    最近の星空
  52. イベント(大会)
  53. リザルト九州
  54. リザルト沖縄
  55. 140ccボアアップセット
  56. リザルト関東
  57. ワンタッチゼッケンプレートブラック

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ラガ敗れる。カベスタニー勝利

カベスタニー

ついにラガの独走にストップをかけた
シェルコのアルベルト・カベスタニー

 2月16日、インドア世界選手権第8戦は、ポルトガルのリスボンで開催された。
 この大会、カベスタニーはついにラガの連勝をストップさせた。ラガの連勝記録は開幕から7でストップした。
 藤波は4位。ランプキンは3位に落ち着いた。


 ボルトガル、リスボンはヨーロッパ大陸の最西端、スペインの隣だが、陸路で移動するとけっこう遠い。今回はいつもの6名に加えて、ポーランドのタデウス・ブラズシアクがワイルドカード参戦する。スタート順は、第2戦以来6戦ぶりに、藤波がレギュラーメンバーのトップで走ることになった。
 レギュラーのトップで走ると、時間配分やセクションの走破法など、参考にできることがなくて大きなハンディとなる。ブラズシアクは、しかし今年は一度フレイシャを破ったこともあるライダーに成長している。藤波にとっても、まんざら参考にならないライダーではなかったようだ。
 ブラズシアクに次いで走った藤波は、このところ毎回マシンが変わるあわただしさだったが、今回は前回イタリア大会と同じマシンで走った。まだこのマシンはアウトドアの本番用とはちがうものだが、仕様は確実に煮詰まってきて、ポテンシャルは上がっているという。大きな問題は、性能アップが図られるマシンに慣れている時間がないということだが、その点、今回は多少慣熟時間が合った(といっても1週間弱実質3日間だ)。
 しかし4つ目のセクションで不運があった。飛び降りながらアンダーガードをひっかけにいったところで、セクションの接地用のパイプでリヤタイヤを滑らせてしまった。カベスタニー以外はほぼ全員が5点となった二つ目のセクションはともかく、その他のセクションで5点を取ると、ファイナル進出はいたってあやうくなる。これは充分予想の範囲だった。藤波のあと5人のライダーが走る。
 藤波の直後に走ったジェロニ・ファハルドは最初から3連続失敗を喫した。今回のファハルドは、調子が悪いらしい。登り調子の若者にも、こういうことがある。

ランプキン

結果としては単独3位だったが
勝利の可能性もあったランプキン

 ファハルドのあと、マルク・フレイシャは、いまだ復調の兆しが見えない。モンテッサチームは、みなマシン開発とインドア参戦を両立する悩みをかかえているのだが、フレイシャはもっともその悩みが深刻ということだろうか。あやうくブラズシアクにも6位の座を奪われかねない走りとなった。
 フレイシャのあと、アルベルト・カベスタニー。これがすごかった。なんと、ほぼ全員が登れなかったビッグステップを登りきり、オールクリーンを達成した。持ち時間ぎりぎりでの大記録だった。
 カベスタニーの完璧な走りに動揺があったか、今回のアダム・ラガは、いつものふてぶてしさがなかったようだ。6点を取って、カベスタニーには遅れをとった。ただしファイナル進出は決定的だから、ファイナルでカベスタニーに負けなければクォリファイの結果は問題ではない。
 最後に走ったドギー・ランプキンは、ダブルレーンで藤波に負けを喫したもののトータル9点。結果、藤波はランプキンに2点差でファイナル進出を逃すことになった。
●ファイナル●
 今回、ラガの調子は万全ではなかった。反面、クォリファイでオールクリーン下カベスタニーは、気分よく走れている。6500人の観客も、オールクリーンの快挙を達成したばかりのスターに声援を送っている。カベスタニーには追い風だ。

表彰台のカベスタニー

うれしい表彰台の
カベスタニー

 前半はランプキンも好調だった。中盤のデュアルレーンまでの途中経過では、カベスタニー1点、ランプキン1点、ラガ3点。ランプキンが勝利を獲得してもおかしくない状況だった。
 しかしダブルレーンでラガがカベスタニーにもランプキンにも勝利すると、今度はランプキンが不調に。残りの3セクションをすべて5点で終えてしまった優勝戦線から脱落していった。カベスターには最後の二つをクリーンするも、5点もあり。ラガとは、最終的に同ポイントとなった。
 同点の場合は、プレイオフが行われる。セクショントライをし、もしも減点が同じだったら、走破タイムが勝負となる。そしてカベスタニーとラガは、二人ともクリーン。タイムは、ラガが20秒03に対してカベスタニー20秒01。なんと、トライアル競技が、100分の2秒の差を持って、優勝争いをすることになった。
 ついにカベスタニーは、ラガの連勝をストップさせた。ラガの連勝記録は開幕から7でストップ。カベスタニーは、シェルコでのインドア初優勝を達成して見せた。

世界選手権第7戦結果
ポルトガル・リスボン

ファイナル
1位 アルベルト・カベスタニー シェルコ 7
2位 アダム・ラガ ガスガス 7
3位 ドギー・ランプキン モンテッサ 18
クォリファイ
1位 アルベルト・カベスタニー シェルコ 0
2位 アダム・ラガ ガスガス 7
3位 ドギー・ランプキン モンテッサ 9
4位 藤波貴久 ホンダ 11
5位 ジェロニ・ファハルド ガスガス 17
6位 マルク・フレイシャ モンテッサ 20
7位 タデウス・ブラズシアク ガスガス 21
ランキング
1位 アダム・ラガ 78
2位 アルベルト・カベスタニー 61
3位 ドギー・ランプキン 43
4位 ジェロニ・ファハルド 36
5位 藤波貴久 36
6位 マルク・フレイシャ 26
7位 トニー・ボウ 11
8位 タデウス・ブラズシアク 8
9位 ジェローム・ベチューン 5
10位 野崎史高 1

関連記事

正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーはできません

MONTESAとTRRS輸入元エトスデザインより、正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーができないというお知らせで…

セロー225用ワイドステップセット

ぱわあくらふとより、YAMAHAセロー225用ワイドステップセットが、グレードアップして発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2020年1月号電子版できました!

遅くなりました。2020年1月号、電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末(パソコン、タブレット、スマートフォンなど)で…

自然山通信2020年1月号発売!

令和2年になりました。2020年1月号の発売開始です。毎年恒例【2019MFJ全日本トライアル全結果・MFJ非公認自然山通信オリジナル】掲載…

イベント(大会)

201912/30

1/3有東木お正月

2020年有東木お正月トライアル大会 2020年1月3日(金) 受付:8時30分~ エントリー費:4,000円 クラ…

イベント(大会)

201912/30

1/19第51回里山トライアル

第51回里山トライアル (さらに…)…

イベント(大会)

201912/29

1/26植木トライアル大会

2020年植木TR大会 寒くてもトライアルしましょう (さらに…)…

菅原義正さんの本

菅原さんには、一時期たいへんお世話になった。お世話になったばかりでなんのお返しもできていないのは菅原さんに限らずぼくの致命的なところだ。ほん…

新DVD・黒山健一ハイパーステアース発売!

自然山通信トライアルDVDの発売です。題して「ハイパーステアケース」。黒山健一選手が近年の新しいステアケース技術の話を交えながら解説していき…

GASGAS PROラジエターガード

三谷モータースポーツより、GASGAS TXTシリーズ用ラジエターガードが発売されました。転倒からラジエターを守ります。 (さらに&he…

ページ上部へ戻る