2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 2016高田島ツートラ
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. 2020.04.05

    福島市へ行く
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト沖縄
  27. イベント告知
  28. 2020XTDN延期
  29. イベント(大会)
  30. SSDT中止
  31. イベント(大会)
  32. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  33. リザルト関東
  34. イベント(大会)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(スクール)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト近畿
  45. リザルト沖縄
  46. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

藤波2位のスペイン選手権

 先週の日曜日、スペインでは、スパニッシュチャンピオンシップ第2戦が開催されていた。優勝はアダム・ラガだが、惜しいところでラガに勝利を奪われたのが、藤波貴久だった。


 インドアでは苦戦が続いた藤波以下モンテッサチームとニューマシンCota4Tだが、アウトドアシーズンが始まればちがう結果になるのではという読みもあった。しかしスペイン選手権第1戦では4位と、不安を覆せるほどの結果とは言えない。
 もちろん、スペイン選手権第1戦では、さまざまな点で、藤波には不利な状況があった。ランキングが下位だからスタート順が早いとか、そのうえトップクラスへの参加者が少なくて、藤波がほとんどすべてのセクションで最初にトライしなければいけなかったとか、さらに規則が変わって持ち時間が変更されていた等々。ただ、伝わるのは最終結果で、こういう戦況は「言いわけ」ととられてしまうことが多い。結果だけで勝負を続けるスポーツ選手の気の毒な一面だ。
 そういう点では、今回のリザルトはどう受け取ればよいのだろう。また勝てなかったという評価もあるかもしれない。しかし1ラップ目にはラガと同点。1ラップ目から2ラップ目にミスをしながら、それでもラガに食いつき、3位以下には差を開いているというのは、藤波と4ストロークマシンの実力が開花し始めている証拠でもある。
 この大会も、短い持ち時間にコンセントレーションを乱されたという藤波(FUJIGAS.NETに詳細あり)だが、タイトな時間の中で本領を発揮するのも、トップライダーの使命。2回続けて失敗してしまったから、3度目は失敗しないという決意も、チャンピオンのことばだけに重い。
 前回優勝したカベスタニーは、今回はランプキンに破れて4位。野崎史高は「あぶないスペイン選手権」を避けて、ケガなく世界選手権のシーズンに入ることに主眼を置いている。

順位 ライダー マシン 1ラップ 2ラップ タイムオーバー 減点 クリーン
1 アダム・ラガ ガスガス 12 12 0 24 12
2 藤波貴久 ホンダ 12 15 0 27 16
3 ドギー・ランプキン モンテッサ 15 21 0 36 14
4 アルベルト・カベスタニー シェルコ 19 23 0 42 13
5 トニー・ボウ ベータ 20 25 0 45 17
6 マルク・フレイシャ モンテッサ 29 21 0 50 9
7 ジョルディ・パスケット ガスガス 57 33 0 90 5
8 ダニエル・ジベルト ガスガス 55 49 2 106 0
9 ダニエル・オリベラス ガスガス 51 54 2 117 0
10 シャウン・モリス ガスガス 71 57 0 128 1
11 ダニエル・クエルド ガスガス 59 54 0 133 0
12 ジョセ・マリア・ジュアン モンテッサ 57 59 0 136 0
13 ジョアン・コルドン ガスガス 75 68 0 143 0
14 デエゴ・ガリド モンテッサ 73 73 0 146 0
15 クリストフ・ブルオン ガスガス 73 75 8 156 0

関連記事

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(大会)

8/2ケニーズクラブ30周年記念大会

皆様のおかげで30年続けることが出来ました。感謝感謝。つきましては節目となるささやかな大会と記念品を用意し、お待ち申し上げます。 時節…

イベント(大会)

7/26 Gattiスクール杯

7年ぶりに開催決定!!からコロナの影響受けキャンセルに……。しかし再び開催決定です。 ゆるーいクラス~実戦クラスまで対応したセクション…

ページ上部へ戻る