2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. 2017お勉強会
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト中国
  10. 2020.04.05

    福島市へ行く
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト沖縄
  21. イベント告知
  22. 2020XTDN延期
  23. イベント(大会)
  24. SSDT中止
  25. イベント(大会)
  26. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  27. リザルト関東
  28. イベント(大会)
  29. イベント(スクール)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. リザルト近畿
  39. リザルト沖縄
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. イベント(その他)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト沖縄
  47. イベント(大会)
  48. イベント(その他)
  49. リザルト関東
  50. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

フレイシャ、ベータに

 2006年シーズンも始まっているが、ここへきて世界のトップライダーの移動が伝わってきた。
 モンテッサから離れてスコルパのライダーとなったマルク・フレイシャが、世界選手権2戦を終えたところで、マシンをベータにすることを決断したのだ。
 フレイシャといえば、ガスガスで世界選手権にデビューし、その才を買われてシェルコ入り、ゼッケン3をつけたところでモンテッサに招聘され、ここでもゼッケン3を獲得。しかし4ストロークマシンとの相性がよくないのかランキングを落とし、今度はスコルパにマシンをスイッチ、さらにベータにマシンを変えたことで、現存するトライアルメーカーすべてのマシンを乗り継いだライダー、ということになる。

Spanish rider Marc Freixa and Beta Motor Italia, trough Beta Trueba Espana arrives to an agreement to go together at Spanish Championship and World Championship for next 2 years after Freixa finished his contract with other make.
At this point, Marc Freixa (27 years old, 6th at 2005 World Championship) will have as a minder Victor Echevarria and he will pass to reinforce the Beta Factory Team current structure after the retirement of the japanese rider Kenichi Kuroyama. Beta Motor Italia had only the young rider Toni Bou -second at World Championship- as a rider.
【日本語訳】
 スペイン人ライダー、マルク・フレイシャおよびベータ・モータ・イタリアは、スペインのインポーター、ベータ・トレーバ経由を通じて、スペインの選手権と世界選手権において2年間の契約を交わした。
 マルク・フレイシャ(27歳。2005年世界選手権ランキング6位)はマインダーひきつづきビクトル・エカバリアを任命。フレイシャは日本人ライダー黒山健一の引退で若いトニー・ボウひとりとなったベータのファクトリー・チームの強化の任につくことになる。
(誤訳御免)

 これはベータのスペインインポーター“トレーバー”が発表したフレイシャ・ベータ入りのプレスリリース。
 すでにスペイン選手権第2戦にはベータで出場していて、結局スコルパのフレイシャは世界選手権2戦とスペイン選手権1戦のみで姿を消すことになった。
 スペイン選手権第2戦は、世界選手権第2戦の2週間後だから、ベータへの慣熟はまだまだの段階。成績もトップ5に離されての6位となっているが、さて、次なるアメリカ・日本大会ではどうなるか。
 フレイシャは、2006年からスコルパに乗ることになったが、実はスコルパとの直接の契約ではなく、スペインのフェデレーションチームに属していて、フェデレーション経由でスコルパに乗る契約がされていたようだ。
 開幕戦スペイン、第2戦ポルトガルでも、フレイシャはスペインチームのマインダーとともに、スコルパのメカニックをマインダーとして走っていたが、練習中はスペインチームのマインダーのみがつくという状況で、トップライダーの体制としてはいささか心もとないものがあった。
 現在の世界選手権では、ライダーが自らマインダーを雇用して体制を整えるチームと、ライダーは単独でチームと契約し、チームがマインダーを用意している体制とがある。前者はライダーがメーカーを移籍してもマインダーはそのままライダーについていくことが多いが、後者はメーカーの移籍と同時にマインダーもがらりと変わる。藤波(ジョセップ)、ランプキン(甥のジェームスと父親)、ボウ(先輩のダニー)、カベスタニー(父親)、ブラズシアク(兄貴がメインだが、兄貴は現在病気療養中)などはライダーがマインダーと直接契約している関係。黒山健一などもこの仲間だった。ラガ、ファハルド、フレイシャは前者のタイプ。フレイシャはモンテッサ時代からモンテッサのメカニックがマインダーを担当していたから、このやりかたのちがいはチームの方針というより、ライダーのやりかたのちがいなのかもしれない。
 無頼漢というか他力本願というか、現地に着いてから「誰かマインダーをやってくれないかなー」というノリのパスケットなんてライダーもいるが、これは特別(開幕シリーズでは、マルセル・ジュストリボがパスケットのマインダーをやっていた)。



スコルパ社長のフィリップさんとの
連名のプレスリリース

 開幕シリーズでのフレイシャは、マインダーが頼りないからか、なかなかトップライダーの練習にも参加できず、この一面だけでフレイシャがトップライダーから脱落してしまった印象があったほどだ。マインダーの処遇については、長くスコルパで戦っていた野崎史高も、マインダーとのコミュニケーションには苦労していた一時期があった。また、かつて同じようにスコルパのフェデレーションチーム経由でスコルパに乗っていたイサク・ポンスも、シーズン途中でマシンを乗り換えるということがあった。スペインフェデレーションとスコルパの間にも、あまり仲良しになれない理由があるのかもしれない。
 ちなみに、メインマインダーの兄が3ヶ月の絶対安静という入院生活を送っていて戦力を欠くブラズシアクは、スコルパとの相性もなかなかよいようだ。

【プレスリリースの英訳】
Today, April 18th, Scorpa, S.A. and Marc Freixa decided, both parts, finish the contract as SCORPA official rider.
After analyse the results to get until this date, both parts decided finish their proffesional relationship, understanding that it’s the best for Scorpa and Marc Freixa sporting projection.
【英訳の日本語訳】
4月18日、スコルパとマルク・フレイシャは双方の契約を解消することを決定した。
双方の熟慮の結果であり、これが最良の決断であると確信する。
(誤訳御免)

関連記事

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売開始!世界中のトライアルイベント延期・中止が続いてます。自然山通信5月号ではIASライダー全員に出場していただき「202…

自然山通信2020年5月号電子版

自然山通信電子版は自粛せず、みなさまのメモリー空間にお届けします。PDFで配信いたしますので、ダウンロードして、お手元の電子端末(パソコン、…

2017お勉強会

6/13高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

JITSIEボディープロテクター

トライアルライディング中のアクシデントから体を守る。JITSIEが開発するトライアル専用ボディープロテクター、三谷モータースポーツより発…

いまごろになってサクラサク

COVID-19なる禍がはやっていて、外へ出られないとお嘆きの方が多いけれど、幸か不幸か、うちのまわりにはそもそも人がいないので…

ページ上部へ戻る