2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2017お勉強会
  2. イベント(大会)
  3. TRJ / MFJ
  4. TRJ / MFJ
  5. イベント(その他)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(大会)
  11. リザルト関東
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(スクール)
  15. リザルト関東
  16. イベント(大会)
  17. TRJ / MFJ
  18. TRJ / MFJ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト関東
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. MFJトライアル
  27. リザルト東北
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. TRJ / MFJ
  33. TRJ / MFJ
  34. TRJ / MFJ
  35. MFJトライアル
  36. リザルト関東
  37. TRJ / MFJ
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. トライアル・デ・ナシオン
  41. 2017TDN
  42. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウ、移籍初の世界戦を制す

 トニー・ボウ、この男の能力は、我々の想像をはるかに越えているようだ。

 インドア世界選手権開幕戦、ボウはアダム・ラガとの決戦の末、まず1勝を手にした。昨年、ワイルドカード扱いで出場して優勝しているから、開幕戦は2年連続ボウが制したことになる。しかし今年は、構造も乗り方もまったくちがう4ストロークのモンテッサに移籍、公式戦でのデビュー間もない時点での勝利だった。

 2位はラガ、3位にこれもベータに移籍したばかりのファハルド。ランプキンが4位、藤波が5位。

 02年チャンピオンのカベスタニーは、第3セクションでマシンが壊れ、以後の戦いを断念している。


 今シーズン、インドア世界選手権では少しルールが変わった。これまで、興行と運営をスムーズに行うために、参加ライダーはスペアマシンを用意するのが義務づけられていた。第1ラップは、持ち時間が全セクション(8個くらいあるのがふつう)で何分(だいたい10分弱)と決められている。この間にマシントラブルを発生させたときには、スペアマシンで競技を続行する。時計は止まらない。持ち時間制という点ではアウトドアのトライアルと同じだが、その時間がたいへんに短いのが特色。マシンを修復している時間はないのである。
 ただし、マシンを2台用意するというのは、それなりにたいへんなことだ。遠征の場合の輸送はインドアトライアルのオーガナイザーが担当するが、マシンを用意するのは各ファクトリー(チーム)。モンテッサなどは、ライダーが3人いる(過去にもフレイシャを含めて3人がインドアに出場したことがあった)。インドアには6台のマシンを用意しなければいけない。アウトドアより負担は大きい。
 実際には、3人が1台のスペアマシンを共用するとか、それぞれのマシンをスペアとする約束でスタートするというような現実的な策も講じられていたが、それぞれのマシンではセッティングのちがいが大きすぎるし、共用のスペアマシンでもそれは同じ。チームは勝ちたいからスペアは用意したいが、お金は使いたくない。
 そして07年は、マシンは1台で戦おうという規則になった。走行不能になったら、そこから先は5点で集計される。事実上のリタイヤだ。
 この規則改正の、最初の適用となったのがカベスタニー。第3セクションでリヤショックをこわして、その先のセクションに迎えなくなってしまった。第3セクションはみんな5点だったから、この時点ではラガと並ぶトップだったのだが、結果は6位ということになった。第1と第2をクリーンしたことで、かろうじてブラズシアクの減点を上回った。ブラズシアクは、7つのセクションをすべて5点で、35点を計上していたからだ。
 藤波はランプキンと1点差、21点で5位となった。しかしランプキンは3位のファハルドと1点差だから、表彰台も遠いわけではなさそうだ。

トニー・ボウ
「勝てるなんて思っていなかった。モンテッサHRCでのトライアルはとっても快適。マシンも完璧だ。マシンをスイッチして日が浅かったし、今日の勝利は最高です」

アダム・ラガ
「チャンピオンシップの獲得は年々困難になってきてる。ライバルがどんどん強くなっているからね。今日のところは2位はいい結果だった。チャンピオンシップ獲得のために、次の大会も気を引き締めていくよ」

ジェローニ・ファハルド
「今日の表彰台はちょっと特別。ベータに乗り換えて、最初の公式戦だったから。3位表彰台獲得は、満足いく結果だった。ニューマシンに触ったのは、ほんの数週間前だったから、これは素晴らしいリザルトだよ」

ドギー・ランプキン
「トニーが優勝して、チームメイトとしてとてもうれしい。4RTをインドアで勝てるマシンに仕上げるために開発に精を出した成果が証明された。トニーが勝てばいいなと思っていたが、それが現実になった。自分自身の成績としては、細かいミスが多すぎた。でも、ファイナル進出までは、あと少しだった」

藤波貴久
「文句なしに、今日はトニーの勝利が最高だった。個人的には、トゥールーズでの表彰台をもう一度と考えていたが、そうはならなかった。最小限のミスに抑えたライバルに対して、今日のぼくはミスが多かった」

アルベルト・カベスタニー
「今日はバイクが壊れちゃって試合を続けられなくなっちゃった。新しいルールがそうなのだから、しょうがないね。でも断言する。結果は残念だったけど、インドアでもっとも強いライダーは、おれだ」

次戦は1月20日、ロシアのサンクトペテルブルグ。

ファイナル
Pos. Rider Machine Point
1 Toni Bou Montesa 5
2 Adam Raga Gas Gas 15
3 Jeroni Fajardo Beta 28
クォリファイ
Pos. Rider Machine Point
4 Dougie Lampkin Montesa 20
5 Takahisa Fujinami Montesa 21
6 Albert Cabestany Sherco 30
7 Tadeusz Blazusiak Beta 36
世界選手権ランキング
Pos. Rider Machine Point
1 Toni Bou Montesa 10
2 Adam Raga Gas Gas 8
3 Jeroni Fajardo Beta 6
4 Dougie Lampkin Montesa 5
5 Takahisa Fujinami Montesa 4
6 Albert Cabestany Sherco 3
7 Tadeusz Blazusiak Beta 2

関連記事

自然山通信2022年8月号電子版

8月15日になってしまってお盆になってしまいましたが、8月号電子版も、ひっそりとできあがっております。 (さらに…)…

2017お勉強会

8/27高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

自然山通信8月号発売中

自然山通信8月号発売中!世界選手権参戦から一時帰国した小川毅士とマインダーのガミーこと大神智樹のインタビュー「ツヨシとGAMMyの持ちつ持た…

イベント(大会)

10/9 2022年メッツカップ第2戦

2022年メッツカップ第2戦のお知らせ トライアルメッツクラブより 初心者の方が安心して楽しめ元気が出る親睦草大会です。 感染予防…

2022年の原発見学

2年分ぶりに、福島第一原発を見学してきた。今回は、初めて経験させてもらえることもあって、興味深かった。だらだら長くなってしまったけど、原発廃…

8/19-20 2022シティトライアルジャパン開催

全日本選手権第5戦はシティトライアルジャパン(CTJ)。いろいろと、これが初めての試みとなる。MFJ公式プロモーションサイトに詳細が公開され…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第4戦北海道大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第4戦北海道大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年7月17日 ●北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 天候:晴れのち曇り…

イベント(その他)

10/16第4回中部クラシックトライアルミーティング

中部クラシックトライアルミーティングを鷲ヶ岳スキー場にて開催します。普段あまり動かす機会のないヴィンテージなトライアル車を走らせましょう。 …

自然山通信2022年7月号

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、PDFで配信する電子版もご用意しました。 お手元の電子機…

ページ上部へ戻る