2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 2016高田島ツートラ
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. 2020.04.05

    福島市へ行く
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト沖縄
  27. イベント告知
  28. 2020XTDN延期
  29. イベント(大会)
  30. SSDT中止
  31. イベント(大会)
  32. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  33. リザルト関東
  34. イベント(大会)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(スクール)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト近畿
  45. リザルト沖縄
  46. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

07SSDT/2日目

 SSDTも2日目になりました。SSDTの6日間というのは7日でも5日でもなくて、6日間というところに意味がある。月曜日から始まって、土曜日に終わります。日曜日は教会でお祈りするお国のひとらしいシステムです。公式サイトでも、1日目2日目という言い方ではなくて、月曜日・火曜日という言い方をしていますね。


 まず伊藤さんの戦線離脱から。火曜日はひとつもセクションを走っていなくて、減点1500点をもらってます。日本のものさしだと、セクションをひとつ飛ばすと10点ですが、世界選手権では20点、SSDTでは50点。セクションをやらないんだったらトライアル大会には出てくるなよということみたいです。セクションの前に、コースを走りきれるかどうかがまず要。それがトライアルの鉄則です。だからSSDTでは、セクションをひとつ飛ばすと50点なんて、成績を目指すライダーにとってはありえないペナルティが与えられています。
 トライアルス成田成田亮さんの記事中の成田匠さんからのメールによると(ややこしい)、1日目に肩を痛めているということだから、それが原因で2日目の出走取りやめになったのだと思う。
 SSDTのコース上には、なにが待っているかわからない。杉谷や藤田秀二さんみたいに、取材で何回も通っているのに、いざ自分で出場すると「こんなにすごいところだとは思わなかった」と白状する人は後を絶たなくて、きっと、参加すると今まで見たことがない事件が待っているんだろうと思うけど、出場する気になれる人は、トライアルが充分うまい人たちなんですね。平民がいったら死んじゃうから。
 さてこの日もトップはジェイムス・ダビルでした。この日はなんとオールクリーンですよ。2位のマイケル・ブラウンもこの日はオールクリーン。こういう結果を見て、SSDTは簡単なんだなぁと誤解するひとが多いけど、そういう人は止めないから、出かけていって地獄を見てください。ひょっとしたら、世界選手権よりも別の意味でむずかしい大会です。ドギー・ランプキンがでないのも、消耗するのがいやだというのの他に「勝てなかったらどうしよう」というのがあるんじゃないかと思う。勝って当然だと思われるけど、ドギーだとて、この大会のむずかしさは変わらないわけです。
 上位陣は変わらず。マクドナルド、ヘミングウェイ、ウイグなどと続いています。ジャービスは総合7位。10位に浮上したダン・ソープは、往年の名ライダーデイブ・ソープの息子だけど(ヘミングウェイもランプキンもそうだけど)この人もこの日オールクリーン。ソープは世界選手権にでたこともあるけど、まるで国際B級クラスに出場してしまったニシマキのようにあちこちで悲惨なことになってました。でも本拠地に帰れば、世界チャンピオンを敵に回して立派な走りを見せるわけです。
 パスケットは11位に浮上、コロメは13位。小川毅士はちょっとあがって36位。この日の減点は8点でした。
 成田匠は54位に順位を上げてきた。でもまだ本調子という感じじゃないのかな。
 イリス・クラマーは146位。ドンナ・フォックスが直後の148位まで上がってきた。このフォックスってねーちゃんはノリがよくて楽しい。そういう若さが吸収の早さにつながってるんじゃないかな。イリスはこれまでライア・サンツ以外に負けたことはないけど、さて、どうなるかなぁ。
 ちなみに、火曜日のセクションを全部吹っ飛ばした伊藤さんは失格扱いだけど、意思があればまた走ることは可能。成績が出ないというのにあの荒野にでていくのは勇気がいることだと思うけど(杉谷は、その勇気がなくてマシントラブルでリタイヤしたとき、自動車で取材に回った)、翌年以降のことを考えたら、走っておいた方がいい。究極の選択を強いられるわけです。その前に、からだがまともじゃないとだめですけど。

関連記事

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(大会)

8/2ケニーズクラブ30周年記念大会

皆様のおかげで30年続けることが出来ました。感謝感謝。つきましては節目となるささやかな大会と記念品を用意し、お待ち申し上げます。 時節…

イベント(大会)

7/26 Gattiスクール杯

7年ぶりに開催決定!!からコロナの影響受けキャンセルに……。しかし再び開催決定です。 ゆるーいクラス~実戦クラスまで対応したセクション…

ページ上部へ戻る