2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. 2020.04.05

    福島市へ行く
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト四国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト沖縄
  22. イベント告知
  23. 2020XTDN延期
  24. イベント(大会)
  25. SSDT中止
  26. イベント(大会)
  27. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  28. リザルト関東
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト近畿
  40. リザルト沖縄
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. イベント(その他)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト沖縄
  48. イベント(大会)
  49. イベント(その他)
  50. リザルト関東
  51. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

07SSDT/4日目

 SSDT、4日目、木曜日です。
 ジェイムス・ダビルは絶好調だなぁ。きのうはグラハム・ジャービスが貫録を見せたんだけど、今日はジェイムス・ダビルとマイケル・ブラウン、二人の若手イギリス人が30セクションをオールクリーンしてきた。ジャービスは3点でトータル23点。総合3位にはつけているけど、ダビルはたったの12点と、そろそろ初優勝に向かって準備を整えはじめた。ブラウンは2位でトータル20点。ふつうに考えたら、2日間で8点くらい、なんとかなりそうなものだけど、今年のダビルの好調具合を考えると、むずかしいかも。ただし最終日にいきなり10点くらいくらうことはよくあることだから、試合はまだまだわからない。


 といっても、試合の結果のことなんか気にしているのは、こうして遠い日本のコンピュータの前で結果を待っているトライアルおたくと、ほんの一部のトップライダーで、多くの参加者たちは、今日も無事に終わった、あるいは今日も無事じゃなかったけど生き延びた、あと2日間で終わるんだと胸をなで下ろすばかりで、結果表を見る元気もなく(結果表は、本部のあるホテルまで出かけないとみられない)明日目が覚めたときに、この腕の痛みがきれいになくなっているといいなぁという夢を見ながらベッドにもぐり込んでいる。もちろん腕の痛みは4日間にわたって厳しいコースで痛めつけられたものだから、一晩寝たってぜんぜんなおりゃしないのだ。杉谷なんて、肘の痛みを半年くらいにわたって訴えていたこともある。そんなに苦しい思いをして、いったいなんだってでかけていくのかねぇ。きっとその苦しみを味わったものにしかわからない、たいへんな極楽があるにちがいない。ふつうの人は、知ろうと思わないほうが身のためです。
 トップ10位まで、すっかり有名人(単に知った名前というだけで、11位以下でも、きっとイギリスでは有名人)が並んだ。4位はスコットランドの星、ガリー・マクドナルド、5位にはダン・ソープ。なかなかがんばってます。ソープ親子は、ちょっとETに似ている。関係ないけど。6位はアレックス・ウイグ。このへんは1点を争う僅差だから、最後までおもしろい勝負が続くことだろう。7位にはベン・ヘミングウェイ。ベンは、親父も往年の名ライダーだけど、兄貴もイギリスのトップライダー。ダン・ヘミングウェイといって、22位につけている。8位にジョルディ・パスケット。ベータ4ストローク。そしてイギリス人以外ではトップ。9位がシャウン・モリス。10位がドギーの前の世界チャンピオン、マルク・コロメだ。
 10位以下で目ぼしいのを拾ってみると、14位にジェイムス・ランプキン。20位にジョン・シャート(最近は名前を聞かなくなったけど、TYRの頃には彼の作ったサイレンサーとか、日本でもけっこう使われていた)、21位にトンミ・アーバラ。29位にヘンリー・ランプキン(ドギーの実弟)。
 そして33位には、我らが小川毅士がいる。このへんはイギリスのうまい連中がひしめき合っているから、順位的にも抜きつ抜かれつの大接戦だ。トータル減点は99点になっている。
 成田匠は47位。ちょっと上昇カーブがにぶっちゃった。しかもタイムオーバーが1点ある。この日は減点30点で、トータルでは125点。あと2日オールクリーンすれば全日本のゼッケンの125と同じ減点でゴールできるけど、SSDTを走っているのは125じゃないし、オールクリーンってのはいつでもどんな大会でも奇跡だから、可能性はゼロじゃないにしても、むずかしいでしょう。残念。
 ずーっとリザルトをめくって女性陣の戦いはどうなったのかというと、ドンナ・フォックスがイリス・クラマーをちぎりはじめています。ドンナは138位。イリスは144位。でもその差はまだ5点。うーん、激しい戦いだ。
 そしてケティ・サンターは、ドンナをさらに9点上回って132位。なんか、世界選手権の序列とは真っ逆さまに並んでいるところがすごい。イリスはスコルパに乗り換えての初めてのSSDTだから、不慣れが原因となるなにかがあったのかもしれないけど、それにしてもケティ・サンターのがんばりはすごい。彼女は世界選手権ではポイントをとれるかとれないかという選手で、日本人を比較に出せば、萩原真理子とは勝負にならず、西村亜弥ともたぶん勝負にならず、絶好調の高橋摩耶といい勝負というくらい。そのサンターが、萩原真理子より世界選手権で上位につけるイリスをぶっちぎってるんだから、SSDTってところは不思議なところだ。
 そして今、たまたま見つけたんだけど、204位にボイタ・クレッカというのがいます。フィンランドのジャーナリストで毎年欠かさず出場している。昔からたいしてうまくなかったけど、順位的にそこから落ちることなく、毎年コンスタントに自分のペースを守っていることには感心します。すごい。
 リタイヤライダーの一覧をみると、伊藤さんもイリス父ちゃんももう走っていないみたい。やっぱりリタイヤとなると、次にスタートするのはものすごく勇気がいるんでしょうね。
 本日は山ごもりする予定なので、短めにこれにて失礼します。ではまたあした。

関連記事

プロターとの思い出、プロヴィーニさんとの思い出

ちょっと探し物をしていた時に(なぜか娘の家で)発掘されたなにやらの賞状らしきもの。なんだろうね、これ?? とすっかり記憶が失せていたのだけど…

MFJトライアル

全日本関東大会の日程変更とGC大会の中止他

COVID-19による全面自粛騒動から一歩進んで、これから、ちょっとずつ日常に戻ってくる。それに合わせて、イベントスケジュール情報もいろいろ…

ガエルネ・バランスクラシック新色発売!

マシンとの一体感を極限まで高めた、究極のマン=マシンバランスを実現。進化を遂げたガエルネ最高峰トライアルブーツ「BALANCE CLAS…

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売開始!世界中のトライアルイベント延期・中止が続いてます。自然山通信5月号ではIASライダー全員に出場していただき「202…

自然山通信2020年5月号電子版

自然山通信電子版は自粛せず、みなさまのメモリー空間にお届けします。PDFで配信いたしますので、ダウンロードして、お手元の電子端末(パソコン、…

ページ上部へ戻る