2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(その他)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. 2017お勉強会
  10. イベント(大会)
  11. イベント(その他)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. リザルト四国
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト関東
  18. リザルト関東
  19. リザルト中部
  20. リザルト東北
  21. リザルト関東
  22. MFJトライアル
  23. KLX230skidplate
  24. リザルト関東
  25. リザルト九州
  26. リザルト中国
  27. 2019.11.21

    地球温暖化?
  28. リザルト関東
  29. MFJトライアル
  30. イベント(その他)
  31. リザルト九州
  32. リザルト中国
  33. リザルト中国
  34. リザルト東北
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. MFJトライアル
  40. リザルト近畿
  41. リザルト東北
  42. リザルト中国
  43. イベント(大会)
  44. 2019.10.13

    台風一過
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)
  48. リザルト関東
  49. イベント(大会)
  50. イベント(その他)
  51. MFJトライアル
  52. 2017TDN
  53. トライアル・デ・ナシオン
  54. リザルト関東
  55. リザルト東北
  56. リザルト中国
  57. リザルト沖縄

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

パーフェクト・ボウ、5連勝

07もてぎボウ

 トニー・ボウがまた勝った。今年のパターンが、もてぎでも見事に再現された。ボウが圧倒的に強く、これに詰め寄れるのがアダム・ラガ。藤波貴久やドギー・ランプキンはこれに遅れてセカンドグループを形成してしまうのが、今シーズンのパターンになりつつある。もちろん、藤波(やランプキン、そしてカベスタニーなど)にとって、このままでいいわけはない。なんといってもボウは開幕5連勝。ひとつも負けがないのは、得意とするインドアよりも、ずっと好成績なのだ。


 藤波は、絶好調とは言えなかった。ふかふか斜面の第2セクションで3点、コンクリートのだんだんを越えていく第4セクションで5点と、ボウがすべてのセクションをクリーンしていく一方で、藤波は減点していく。この間、ボウはあわやオールクリーンかという勢いで、最終15セクションで1回足をついただけ。信じられない好調ぶりだ。藤波はさらに細かい足つきや5コーナーの草原での5点があって、1ラップ目を終えた時点では、ボウに21点差と大差をつけられてしまった。しかしそれでも3位。藤波が特に不調というより、ボウとラガが飛び抜けているということかもしれない。

07もてぎ藤波

 2ラップ目、ボウの好調ぶりは変わらない。ただ1ヶ所、11セクションで5点をマークしているが、これはカードにほんの少し触れたということでの5点。1ラップ目に1点ついた最終セクションもクリーンしているから、限りなくオールクリーンに近い。
 ラガは、2ラップ目第2セクションの5点で、ボウ追撃の手綱がゆるんだ。最終的には両者は5点差だから、充分逆転のチャンスもあったのだが、ほとんどミスのないボウを相手では、ボウも2位をキープするのが精いっぱいだった。

07もてぎラガ

 藤波は、2ラップ目に入って調子をともり度すものの、ラップ後半の連続5点で一時は3位の座をカベスタニーに明け渡してしまう。その差はわずか1点。最終セクションでは、先に入ったカベスタニーが最後の難関から叩き落ちて5点になると、藤波は渾身の力を込めてここを3点。1点差でサイド3位の座を取り戻すことに成功した。減点数にして、なんとボウの7倍、ラガの3倍強という大差とはなったが、表彰台の一角を獲得して一息をついた。
 1ラップ中盤まで藤波と表彰台争いをしていたドギー・ランプキンは、岩盤の12セクションでマシンを投げ、鉄の杭にホイールをからませてしまった。スポークを折ってホイール交換しているまに時間がすぎ、1ラップ目に7点のタイムオーバー。減点も12セクションからの4セクションで16点と、後半1/4で7割の減点を加算してしまった。これで乱れたペースは取り戻されることなく、今季最悪の6位。
 逆に序盤は乱れたライディングを続けていたアルベルト・カベスタニーは、徐々に調子を上げてきて、最後は藤波と表彰台を争うところまで復帰した。藤波には敗れるも、4位は今季最高位となった。

07もてぎ友幸
07もてぎ健一
07もてぎ野崎
07もてぎ渋谷

左から小川友幸、黒山健一、野崎史高、渋谷勲

 藤波以外の日本人では小川友幸が8位。「ライディングは最悪」との自己評価だが、それでもこのポジションは実力のたまもの。9位が黒山健一。黒山は全日本の際の集中力あふれる走りとはほど遠かったが、2ラップ目に持ち直してこのポジション。「ヤマハエンジンのトップになりたい」という当初の目標は達成した。序盤は絶好調だった野崎史高は、後半にテープを切るなどのミスが目立って10位。フレイシャ、オリベラスをはさんで、13位に渋谷勲。渋谷は昨年のポイントランカーなのに、なぜか世界選手権組のトップスタートとなり、ラインのないセクションに苦しんだが、2ラップ目に本来の実力を垣間見せてこのポジションに滑り込んだ。小川毅士は強豪の日本勢に押し出されるように16位と無得点。田中太一は2ラップ目序盤に負傷を喫したようで、前半の好調をふいにしたばかりか、全日本シーズンの後半も心配される結果となった。

世界選手権
Pos. Rider Nation Machine Lap1 Lap2 Time Total Clean
1 トニー・ボウ SPA Montesa 1 5 0 6 28
2 アダム・ラガ SPA GasGas 4 7 0 11 24
3 藤波貴久 JPN Montesa 22 20 0 42 16
4 アルベルト・カベスタニー SPA Sherco 26 17 0 43 16
5 ジェロニ・ファハルド SPA Beta 24 30 0 54 13
6 ドギー・ランプキン GBR Montesa 23 33 7 63 14
7 ジェイムス・ダビル GBR Montesa 33 36 0 69 7
8 小川友幸 JPN Honda 38 34 0 72 8
9 黒山健一 JPN Yamaha 50 28 0 78 6
10 野崎史高 JPN Yamaha 42 45 0 87 7
11 マルク・フレイシャ SPA Scorpa 48 40 0 88 6
12 ダニエル・オリベラス SPA Sherco4T 47 52 0 99 7
13 渋谷勲 JPN Beta 58 41 0 99 2
14 クリストフ・ブルオン FRA Sherco4T 53 57 0 110 1
15 ジェローム・ベシュン FRA Beta 62 50 0 112 2
16 小川毅士 JPN Montesa 59 54 0 113 2
17 ダニエレ・マウリノ ITA Beta 59 55 0 114 2
18 田中太一 JPN Honda 48 68 0 116 4
19 井内将太郎 JPN Beta 66 65 0 131 0
20 フランチェスコ・イオリタ ITA Sherco 70 63 0 133 1
21 坂田匠太 JPN GasGas 71 66 0 137 0
22 宮崎航 JPN Beta 73 69 0 142 0
23 砂田真彦 JPN Honda 71 71 0 142 0
24 小森文彦 JPN Honda 73 70 0 143 0
25 岡村将敏 JPN Scorpa 75 69 0 144 0
26 竹屋健二 JPN Honda 73 71 0 144 0
27 西元良太 JPN Scorpa 73 71 0 144 0

ワールドカップ・ジュニア
Pos. Rider Nation Machine Total Clean
1 マイケル・ブラウン GBR Beta 10 26
2 アレックス・ウイグ GBR GasGas 13 24
3 マテオ・グラッタローラ ITA Sherco 33 17
4 ロリス・グビアン FRA Sherco 39 17
5 ニコラス・ゴンタール FRA GasGas 42 16
6 サム・ハスラム GBR Scorpa 42 15
7 ライア・サンツ SPA Montesa 64 8
8 柴田暁 JPN Honda 70 10
9 斎藤晶夫 JPN Honda 75 6
10 野本佳章 JPN Beta 80 6
11 永久保恭平 JPN Sherco 94 0

ユース125
Pos. Rider Nation Machine Total Clean
1 アルフレッド・ゴメス SPA GasGas 11 23
2 ロス・ダンビー GBR GasGas 21 20
3 アレクシ・セルバンテス FRA Sherco 47 16
4 マリヤン・グリーベル GER Future 85 5

関連記事

4月の全日本開幕戦は中止

全日本選手権第1戦近畿大会は4月12日に開催が予定されていたが、中止となった。 (さらに…)…

YAMAHA セロー250/トリッカー 520チェーンサイズコンバートシリーズ

ぱわあくらふとより、YAMAHA セロー250/トリッカー 520チェーンサイズコンバートシリーズが発売されました。ノーマル480サイズのチ…

HONDA TLR用ワイドステップにピンタイプ登場!

アベ精工より、HONDA TLR200/TL125用ピンタイプのワイドステップが発売されました。 (さらに…)…

5/5高田島庭先コンペティション

5月5日(火曜日・こどもの日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

YAMAHA セロー・トリッカー用アンダーガード&チェーンテンショナー

三谷モータースポーツより、YAMAHAセロー・トリッカー用、最強アンダーガードとチェーンテンショナーキットが発売されました。トライアルマシン…

イベント(大会)

3.29ど・ビギナートライアル第1戦と2020年開催予定

こんにちは!栃木の山内です。 今年も昨年度同様 年4回開催予定です。 皆様のご参加をお待ちしております。 (さらに&hellip…

イベント(大会)

3/15あしたかTT開催

第4回 あしたかツインショック トライアル大会のお知らせです。 (さらに…)…

イベント(大会)

5/17はちトラミーティング

10年目を迎えた「はちトラミーティング」、2020年の日程が決まりましたので、お知らせいたします。 (さらに…)…

TOM’Sエアフィルタークリーナー

京都のトライアルショップTOM'Sより、オリジナルのエアフィルタークリーナーが発売されました。 (さらに…)…

ハードエンデューロ用!HONDA CRF125F用スキッドプレート

「ぱわあくらふと」より、HONDA CRF125F用のRikizoh スキッドプレート TUFFが発売されました。ハードエンデューロ用の頑丈…

ページ上部へ戻る