2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(その他)
  4. リザルト中国
  5. リザルト中国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. MFJトライアル
  12. リザルト近畿
  13. 2017お勉強会
  14. リザルト中国
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. 2019.10.13

    台風一過
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト関東
  22. イベント(大会)
  23. イベント(その他)
  24. MFJトライアル
  25. 2017TDN
  26. トライアル・デ・ナシオン
  27. リザルト関東
  28. リザルト東北
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. リザルト九州
  32. リザルト沖縄
  33. MFJトライアル
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. リザルト中国
  41. リザルト東北
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト中部
  45. リザルト四国
  46. 2019.08.02

    最近の星空
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. リザルト九州
  50. リザルト沖縄
  51. 140ccボアアップセット
  52. リザルト関東
  53. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  54. MFJトライアル
  55. リザルト中国
  56. リザルト関東
  57. リザルト九州
  58. リザルト沖縄

    2019.06.23

    2019沖縄第6戦
  59. リザルト中国
  60. リザルト関東
  61. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トニー・ボウ優勝!

インドアロゴ

 早くも2006年シーズンが本格的にスタートした。
 1月7日(日本時間1月8日未明)、イギリスのシェフィールドで開催された伝統のスタジアムトライアルは、5名のノミネートライダーを退けて、ワイルドカードライダーのトニー・ボウ(ベータ・スペイン)が勝利した。インドア/アウトドアのダブルチャンピオンのアダム・ラガ(ガスガス・スペイン)に相手に同点決勝に持ち込み、わずか1点差での勝利だった。


 ボウがインドア世界選手権で勝利するのはこれがはじめて。2005年はやはりワイルドカードとして何回か参戦し、勝利まであと一歩のところまでこぎつけたことはあったが、大ベテランの前に敗退していた。
 藤波貴久(ホンダ・日本)はアルベルト・カベスタニー(シェルコ・スペイン)に4点差で5位。
 藤波はボウに次ぐスタート順が与えられたのが裏目。ボウを優勝の本命と見切れれば、ボウに多少離されても落ちついてファイナルを狙うことができたはずだが、あとにラガやカベスタニーのインドアチャンピオンたちが控える中、ボウに負けてはあとがないという焦りがでてしまったようだ。加えて第6セクションでパンク。ビートが落ちないように3点でセクションアウトするのが精いっぱいという不運もあった。
 マシンは2005年のアウトドアシーズンに使ったワークスマシンで、この点は2004年のインドアシーズンよりは飛躍的に体制強化となった。スペアマシンはランプキンと共通で藤波オリジナルのセッティングではないが、やはりワークスマシンが用意されている。現在は、モンテッサにおいてインドア用マシンの開発も進んでいるということだ。
 ドギー・ランプキン(モンテッサ・イギリス)は第3セクションでひどいクラッシュをし、さらに藤波と同じく第6セクションでパンク。スペアマシンでのセクショントライとなった(今回のランプキンは、地元イギリスでの大会のため、ランプキン専用のマシンをスペアとして持っていた)。結果、藤波に1点差の6位となっている。シェフィールドは長くドギーのために開催されるようなドギーの地元の大会だったが、2005年にはじめて敗北し、2年続けて地元のファンに勝てないドギーの姿を見せることになってしまった。
 ランプキンが敗退して、いささか興ざめの勘があった観客を盛り上げたのが、ボウだった。
 実はクォリファイでボウとラガが同点の接戦となったことを受けて、ダブルレーン(よーいどんの競争)でラガを勝利させるため、ファハルドが作戦に協力。これに、イギリスの観客がブーイングを発するという事件があった。
 このままラガが勝利したのでは観客のブーイングがおさまることもなかったが、結果はボウが同点決勝のダブルレーンでラガをくだして勝利をおさめるという劇的なものとなり、悪役ラガに対してボウはイギリスの観客を味方につけて勝利を得たということになる。地元のヒーロー、ランプキンが失速した瞬間、イギリス人ではないものの、あらたなヒーローを誕生させ、シェ,フィールドの夜は更けていった。
 ジェームス・ダビル(ガスガス・イギリス)とシャウン・モリス(ガスガス・イギリス)の“本来の”ワイルドカードライダーは純と当に7位と8位になっている(先に発表されたプレエントリーエスとでは、ワイルドカードはボウとモリスの二人になっているが、開けてみたらダビルも参加している。ノミネートライダーは5名と決まっているが、一説には“チャンピオンの可能性が出た”ボウが、このまま選手権を出場し続けるという超法規的処置も考えられているという)。
 第2戦は1月13日、フランスのマルセイユで開催される。この日は、奇しくも藤波貴久の誕生日である。

順位 ライダー ファイナル クォリファイ
1 トニー・ボウ 10 6
2 アダム・ラガ 11 7
3 ジェロニ・ファハルド 16 12
4 アルベルト・カベスタニー 12
5 藤波貴久 16
6 ドギー・ランプキン 17
7 ジェームス・ダビル 36
8 シャウン・モリス 40

関連記事

2020年のXトライアル

今年も、アウトドアのシーズンが終わって、Xトライアル(インドア)のシーズンが始まる。いつもなら年が明けてからだけど、今年は11月に2戦が組ま…

自然山通信2019年11月号電子版出来

自然山通信11月号の電子版をご用意しました。オールカラー60ページを、お手持ちのパソコンやタブレット端末やスマートフォンなどの電子端末でお楽…

自然山通信11月号発売中!

世界選手権参戦24年目にして、昨年のランキング5位から3位へジャンプ!チャレンジャー藤波貴久が表紙の11月号発売中!オールカラー60ページ、…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2019最終ランキング(独自集計)

2019年全日本選手権ポイントランキングです。MFJからの発表前の、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位で…

小川友幸が有終の美でV9、7連覇を達成

2019年全日本選手権は、11月3日に宮城県スポーツランドSUGOで最終戦が開催された。 IASは小川友幸が優勝、IAは武田呼人。IB…

イベント(その他)

11/17第一回遠州虫ぼしミーティング

面白いイベントを企画してみました。第一回遠州虫ぼしミーティング、11月17日開催決定!! (さらに…)…

2019全日本選手権最終戦リザルト

2019年11月3日 宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ 観客数:1,200人 IAS:10セクションx2ラッ…

リザルト中国

第263回ケニーズ杯

第263回ケニーズ杯 2019年11月3日:曇り (さらに…)…

リザルト中国

201910/27

第24回水源の森

第24回水源の森ツーリング・トレッキング・トライアルin比和やまびこ祭りコラボ 2019年10月26日〜27日 広島県比和町 …

ページ上部へ戻る