2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. イベント(スクール)
  2. イベント(大会)
  3. MFJトライアル
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. 2017お勉強会
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(その他)
  12. リザルト東北
  13. MFJトライアル
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. 2016高田島ツートラ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(その他)
  25. リザルト中国
  26. リザルト中国
  27. リザルト中部
  28. リザルト中国
  29. リザルト関東
  30. イベント(大会)
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. リザルト沖縄
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トニー・ボウ優勝!

インドアロゴ

 早くも2006年シーズンが本格的にスタートした。
 1月7日(日本時間1月8日未明)、イギリスのシェフィールドで開催された伝統のスタジアムトライアルは、5名のノミネートライダーを退けて、ワイルドカードライダーのトニー・ボウ(ベータ・スペイン)が勝利した。インドア/アウトドアのダブルチャンピオンのアダム・ラガ(ガスガス・スペイン)に相手に同点決勝に持ち込み、わずか1点差での勝利だった。


 ボウがインドア世界選手権で勝利するのはこれがはじめて。2005年はやはりワイルドカードとして何回か参戦し、勝利まであと一歩のところまでこぎつけたことはあったが、大ベテランの前に敗退していた。
 藤波貴久(ホンダ・日本)はアルベルト・カベスタニー(シェルコ・スペイン)に4点差で5位。
 藤波はボウに次ぐスタート順が与えられたのが裏目。ボウを優勝の本命と見切れれば、ボウに多少離されても落ちついてファイナルを狙うことができたはずだが、あとにラガやカベスタニーのインドアチャンピオンたちが控える中、ボウに負けてはあとがないという焦りがでてしまったようだ。加えて第6セクションでパンク。ビートが落ちないように3点でセクションアウトするのが精いっぱいという不運もあった。
 マシンは2005年のアウトドアシーズンに使ったワークスマシンで、この点は2004年のインドアシーズンよりは飛躍的に体制強化となった。スペアマシンはランプキンと共通で藤波オリジナルのセッティングではないが、やはりワークスマシンが用意されている。現在は、モンテッサにおいてインドア用マシンの開発も進んでいるということだ。
 ドギー・ランプキン(モンテッサ・イギリス)は第3セクションでひどいクラッシュをし、さらに藤波と同じく第6セクションでパンク。スペアマシンでのセクショントライとなった(今回のランプキンは、地元イギリスでの大会のため、ランプキン専用のマシンをスペアとして持っていた)。結果、藤波に1点差の6位となっている。シェフィールドは長くドギーのために開催されるようなドギーの地元の大会だったが、2005年にはじめて敗北し、2年続けて地元のファンに勝てないドギーの姿を見せることになってしまった。
 ランプキンが敗退して、いささか興ざめの勘があった観客を盛り上げたのが、ボウだった。
 実はクォリファイでボウとラガが同点の接戦となったことを受けて、ダブルレーン(よーいどんの競争)でラガを勝利させるため、ファハルドが作戦に協力。これに、イギリスの観客がブーイングを発するという事件があった。
 このままラガが勝利したのでは観客のブーイングがおさまることもなかったが、結果はボウが同点決勝のダブルレーンでラガをくだして勝利をおさめるという劇的なものとなり、悪役ラガに対してボウはイギリスの観客を味方につけて勝利を得たということになる。地元のヒーロー、ランプキンが失速した瞬間、イギリス人ではないものの、あらたなヒーローを誕生させ、シェ,フィールドの夜は更けていった。
 ジェームス・ダビル(ガスガス・イギリス)とシャウン・モリス(ガスガス・イギリス)の“本来の”ワイルドカードライダーは純と当に7位と8位になっている(先に発表されたプレエントリーエスとでは、ワイルドカードはボウとモリスの二人になっているが、開けてみたらダビルも参加している。ノミネートライダーは5名と決まっているが、一説には“チャンピオンの可能性が出た”ボウが、このまま選手権を出場し続けるという超法規的処置も考えられているという)。
 第2戦は1月13日、フランスのマルセイユで開催される。この日は、奇しくも藤波貴久の誕生日である。

順位 ライダー ファイナル クォリファイ
1 トニー・ボウ 10 6
2 アダム・ラガ 11 7
3 ジェロニ・ファハルド 16 12
4 アルベルト・カベスタニー 12
5 藤波貴久 16
6 ドギー・ランプキン 17
7 ジェームス・ダビル 36
8 シャウン・モリス 40

関連記事

イベント(スクール)

202011/23

12/12-13 Gatti School Special 真壁

緊急開催決定 Gatti School Special 真壁トライアルランドで開催。 12月12日土曜日・12月13日日曜日、2日間に…

2021年世界選手権カレンダーは?

2021年FIM世界選手権(暫定)スケジュールが発表になった。日本GP(ツインリンクもてぎ)は5月15〜16日に設定されている。 (…

イベント(大会)

202011/19

12/27 GATTIスクール杯【会場変更】

今年7月に、7年ぶり開催となったガッチスクール杯!! 好評につき第2回開催決定!! 皆様と楽しみたいと思いますので参加宜しくおねがいしま…

2021年、ガスガスがロードレースに進出

ガスガスがKTM傘下となって1年になろうとしているが、KTMのガスガス・ブランド戦略が本気だ。 (さらに…)…

2021年のXトライアルはこうなる?

Xトライアルの2021年暫定カレンダーが発表された。このまま大会が開催される確証はないし、今後の感染症蔓延の状況を見ながらカレンダーの変更は…

2020年11月号電子版もありますよー

老眼でお悩みの方にお勧めの、お手持ちの電子端末でお好きな大きさに拡大して読める、自然山通信電子版。遅くなりましたが、11月号をお届けします。…

自然山通信11月号発売中!

自然山通信11月号発売中! ちょっと遅くなてしまいましたが、今月も元気にちょっと増ページ。ずっしり重くなってオールカラー70ページ・314円…

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

2020全日本選手権最終ランキング(独自集計)

2020年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位です。出場し…

全日本トライアル最終戦結果

2020年11月8日 和歌山県有田郡湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:晴れときどき曇り 観客数:0人(無観客試合) IAS:10…

ページ上部へ戻る