2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. 2017お勉強会
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. リザルト四国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. リザルト関東
  10. リザルト中部
  11. リザルト関東
  12. MFJトライアル
  13. KLX230skidplate
  14. リザルト関東
  15. リザルト九州
  16. 2019.11.21

    地球温暖化?
  17. MFJトライアル
  18. イベント(その他)
  19. リザルト中国
  20. リザルト中国
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. MFJトライアル
  26. リザルト近畿
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. 2019.10.13

    台風一過
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. リザルト関東
  35. イベント(大会)
  36. イベント(その他)
  37. MFJトライアル
  38. 2017TDN
  39. トライアル・デ・ナシオン
  40. リザルト関東
  41. リザルト東北
  42. リザルト中国
  43. リザルト関東
  44. リザルト九州
  45. リザルト中国
  46. リザルト沖縄
  47. MFJトライアル
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. イベント(大会)
  53. リザルト中国
  54. リザルト東北
  55. イベント(大会)
  56. イベント(大会)
  57. リザルト中部
  58. リザルト四国
  59. 2019.08.02

    最近の星空
  60. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

マルセイユはラガ

インドアロゴ

 1月13日、南フランスの港町マルセイユのスポーツパビリオンにて、インドア世界選手権第2戦が開催された。
 優勝は3年連続インドア世界チャンピオンのアダム・ラガ(ガスガス)。クォリファイでは、ジェロニ・ファハルド(ガスガス)がトップにつけるというガスガスデイだった。


 前回、ワイルドカードでの出場ながら優勝したトニー・ボウは、今回も引き続きゲストとして参加した。今回はくじ運が悪く、ベシュンやブラズシアクに先んじて、全ライダーの先頭を切ってトライしなければならなかったのが尾を引いたか、4位に甘んじている。
 ベシュンはベータに、ブラズシアクはスコルパにマシンを乗り換えての、今回がはじめてのインドア参加となる。ベシュンはベータに乗り換えて以前よりもよい走りをしているようだというのは藤波貴久選手の感想。ブラズシアクは変わっていないらしい。
 藤波貴久はふたつのセクションで5点となる失敗があり、今回もまた5位のポジションに甘んじた。ひとつは問題なくいけるはずのところでの失敗だったが、もうひとつは高いケーブルコアから飛び折る際に前転するという大クラッシュで、手首を痛めて心配された。結果的には、大事にはいたらないもようだが、ファイナルにまったく残れない戦いかたではないだけに、惜しいところ。
 ランプキンは今回も6位だが、大クラッシュを演じた。クラッシュひとつが大きくなっている最近のランプキン。成績以前に、無事なトライアルが課題となってきたようだ。その後、トゥールーズのインドアに出場していたので、深刻な負傷ではないもようだが、2004年にチャンピオンの座を藤波に譲って以降、長年のマインダーだった甥のジェームスが戦列を離れ、イギリスのトップライダーでもあるベン・ヘミングウェイを起用するもうまくいかず、父親マーチンはそろそろ高齢だし、インドアトライアルはマーチンとモンテッサの開発契約のアモス・ビルバオがサポートを分担しておこなっている。しかし体制が固まっていないという事態には、かわりがない。
 今回は、クォリファイでジェロニ・ファハルドが好調だった。しかしファイナルでは、大きなミスをして勝利をのがしている。このあたり、やはりラガはインドアに慣れているし、勝ち慣れてもいる。チャンピオンシップは、やはりラガは今年も強しという印象だが、しかし1戦ごとの勝利でいえば、ボウやファハルド、もちろんチャンピオン経験のあるカベスタニーなど、ラガを脅かすライダーは多い。問題はそのすべてがスペイン人だということ。藤波はいまや、日本の期待を一身に背負っているばかりか、世界中のアンチスペインファンの期待を一身に背負い戦っていることになる。
 次大会はスペインのグラナダ。スケジュールが当初から変わって、1月22日となっている。試合開始は午後早い時間というから、22日夜半(23日未明)には結果が届くかもしれない。

順位 ライダー マシン クォリファイ ファイナル ランキング
(ポイント)
1 アダム・ラガ ガスガス 8 17 1(18)
2 ジェロニ・ファハルド ガスガス 4 20 3(14)
3 アルベルト・カベスタニー シェルコ 7 21 4(11)
4 トニー・ボウ ベータ 10 2(15)
5 藤波貴久 ホンダ 15 5(8)
6 ドギー・ランプキン モンテッサ 24 6(6)
7 ジェローム・ベシュン ベータ 29 7(2)
8 タデウス・ブラズシアク スコルパ 33 9(1)

*写真提供:ペップ・セガレス(ソロモト)/Pep Segales(SoloMoto)

関連記事

Kawasaki KLX230用・Rikizoh チタニウム製エキゾーストパイプ

「ぱわあくらふと」のパーツブランド『力造』からKawasaki KLX230用・Rikizoh チタニウム製エキゾーストパイプが発売されまし…

2017お勉強会

5/16高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

イベント(大会)

2/9・3/15里山トライアル

第52回里山トライアル大会 第53回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(その他)

4/26中部クラシックトライアルミーティング

昨年初めて開催し好評のうちに終わりましたクラシックトライアルミーティングを今年も鷲ヶ岳スキー場にて開催します。 (さらに&helli…

正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーできない可能性

MONTESAとTRRS輸入元エトスデザインより、正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーができないというお知らせで…

セロー225用ワイドステップセット

ぱわあくらふとより、YAMAHAセロー225用ワイドステップセットが、グレードアップして発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2020年1月号電子版できました!

遅くなりました。2020年1月号、電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末(パソコン、タブレット、スマートフォンなど)で…

自然山通信2020年1月号発売!

令和2年になりました。2020年1月号の発売開始です。毎年恒例【2019MFJ全日本トライアル全結果・MFJ非公認自然山通信オリジナル】掲載…

リザルト四国

201912/31

行く年トライアル

行く年トライアルin生名トライアルパーク ●2019年12月31日 ●愛媛県生名島 順位名前マシン減点クリーン エコノミーク…

イベント(大会)

201912/30

1/3有東木お正月

2020年有東木お正月トライアル大会 2020年1月3日(金) 受付:8時30分~ エントリー費:4,000円 クラ…

ページ上部へ戻る