2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. 2020.04.05

    福島市へ行く
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント告知
  14. 2020XTDN延期
  15. イベント(大会)
  16. SSDT中止
  17. イベント(大会)
  18. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  19. リザルト関東
  20. イベント(大会)
  21. イベント(スクール)
  22. イベント(スクール)
  23. イベント(スクール)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. リザルト近畿
  31. リザルト沖縄
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. リザルト関東
  35. イベント(その他)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. リザルト沖縄
  39. 2017お勉強会
  40. イベント(大会)
  41. イベント(その他)
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. リザルト中部
  45. リザルト四国
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)
  48. リザルト関東
  49. リザルト関東
  50. リザルト九州
  51. リザルト近畿
  52. リザルト中部
  53. リザルト東北
  54. リザルト関東
  55. MFJトライアル
  56. KLX230skidplate

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

今度はカベスタニー

 ボウ、ラガと勝利者が変わっているインドア世界選手権。
 第3戦はスペインのグラナダで開催された。
 この大会ではアルベルト・カベスタニーが今季初優勝。シリーズポイントでもボウと並んで2位となった。ボウは今回は3位。
 上位4人が毎回大接戦のインドア選手権。藤波貴久が5位を定位置にしてしまっているのは残念だが、シリーズ戦としてはとても興味深いものとなっている。


 ボウは、ワイルドカードとしての扱いは変わらないものの、どうやらこのまま全戦参加は確実のようだ。“ワイルドカードとしての扱い”がどういうことかというと、スタート順に大きなちがいがある。ノミネートされたライダーは、固定された順番があり(去年のランキング逆順)、その順番が1戦ごとにトグルしていく。たとえば第1戦では、昨年成績でノミネートされたライダーのうちでもっとも成績が悪かった藤波がトップスタート、第2戦ではチャンピオンのラガが一番スタートとなり、第3戦ではランキング2位のカベスタニーが一番スタートになるという具合だ。
 一方ボウは、ワイルドカードとしての扱いなので、ノミネートされた5人よりもあとのスタートとなることはない。ワイルドカードライダー(ほぼ3人で固定化された)の中でくじ引きが行われるので、もっともよくて先頭から三番目、くじ運が悪ければ先頭を切ってのスタートとなる。ワイルドカードのライダーでボウほどに走れるライダーは皆無だから、ボウは常に露払いとしてを担うことになる。逆にノミネートされたライダーにとっては、ボウの走りが参考にできるので、戦いやすいという見方もできる。今回ボウは、ダビルに次いで、二人目のスタートだった。
 ダビルは、8セクションのすべてを5点で終えたから、いよいよボウの参考になるものではない。それでもボウは、一桁減点を叩いた。いまや、ファイナルに進む3人はスペイン人以外にはなかなかむずかしい。スペイン人であっても、誰か一人が必ずクォリファイ敗退となるのだから、し烈だ。今回敗退してしまったのはファハルドだった。後輩のボウに急追されているファハルドは、今回はクォリファイ終盤にミスをおかし、ボウにダブルスコア以上の減点を叩いてしまった。
 藤波は、5点ふたつでやはりファイナルには進出できず。ランプキンには勝って5位をキープしたが、5点ひとつがファイナル進出の鍵を握る最近の戦況で、藤波は3戦連続でふたつの5点を喫している。マシンがアウトドアに重点を置いて熟成されたものであること、ライダーがインドアトレーニングを充分に積んでいないこと(トレーニングだけでなく、試合慣れの問題もある)など、状況は簡単ではないようだ。
 さて今回は、世界チャンピオン経験者のカベスタニーが勝利した。美しさでは、ラガを凌ぐものを持っているカベスタニーのライディングだが、この激戦の中、この先どういう展開を見せるだろうか。
 ランキングでは、ラガが一歩リードだが、カベスタニーとポウが同点で並び、2点差でファハルドと続いている。

順位 ライダー マシン クォリファイ ファイナル ランキング
(ポイント)
1 アルベルト・カベスタニー シェルコ 1 3 2(21)
2 アダム・ラガ ガスガス 2 7 1(26)
3 トニー・ボウ ベータ 4 12 3(21)
4 ジェロニ・ファハルド ガスガス 10 4(19)
5 藤波貴久 ホンダ 11 5(12)
6 ドギー・ランプキン モンテッサ 14 6(9)
7 ダニエル・マウリノ ガスガス 27 8(2)
8 ジェームス・ダビル ベータ 40 7(3)

関連記事

フジガス25周年記念ステッカー

藤波貴久、世界選手権挑戦25周年記念ステッカーをいただきました。 (さらに…)…

イベント(大会)

4/19中国選手権も中止に

4月19日中国選手権第4戦は中止になった。 (さらに…)…

イベント(大会)

4/19四国選手権第3戦の中止

四国選手権第3戦愛媛大会が中止になった。 MFJ四国が発表したもの。 自然山通信注)当初、中止か延期を協議中と当ページで紹介しま…

夜ノ森の桜、2020年版

桜を見に行ってきました。お祭り関係は中止になっているけど、クルマを止めるところもあって、お散歩にはちょうどいいコースとなっていました。 …

福島市へ行く

我が高田島をロックダウンしろ、というひそかな声が出ている。そんな渦中に、ちょっと福島市へ行ってきたという他愛もないご報告です。 (さ…

2020年4月号電子版できました

自然山通信4月号の電子版をご用意しました。 紙でできた自然山通信を購読されていない方、このご時世で自然山通信を手に入れるのに外に出るの…

自然山通信4月号発売!

2020年4月号の発売開始です。こんな大変な時ですがお家でたくさんのトライアルネタをお楽しみください。Vertigo訪問記、野崎史高のハード…

イベント(大会)

新潟県の公認大会の延期と中止

4月19日、新潟県トライアル 5月3日、関東選手権第6戦新潟大会 5月31日、新潟県トライアル第2戦 が延期となった。 (…

イベント(大会)

4/19マスターズ近畿は中止

マスターズトライアル近畿事務局より4月19日マスターズトライアル第2戦近畿大会中止のお知らせです。 (さらに…)…

全日本第2戦九州大会は中止に

全日本選手権第2戦九州大会は5月10日に開催が予定されていたが、中止となった。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る